「Channel Zero キャンドル・コーヴ」 全6話

20160920095025.jpg

「Channel Zero キャンドル・コーヴ」 全6話 huluで鑑賞。

Netflixに押され気味のhuluもオリジナルドラマでかなり惹かれるやつが登場。

1980年代に放送されていた「キャンドル・コーヴ」という気味の悪い子供番組。当時この番組を見た子供が失踪するという事件が発生していた…。時を経て、久しぶりに故郷に戻ったマイクは、ある事件をきっかけに古い記憶が呼び起される。少年時代に経験した恐ろしい体験と向き合い、未だ捕まっていない犯人を探っていく。

おおー!これは中々ツボの予感!スティーヴン・キングの「イット」とかにも通じるものを感じるぞ。
・・と、思って観てたら予想していた感じとは違った。
先に観ていた「ストレンジャー・シングス」のようなホラーテイストと少年同士の可愛い友情みたいなのとは真反対のもの。
ゴリゴリのサイコホラーでした。
とにかく生理的に、いや~な感じが続くんですよ。子供が重要な要素は変わらずともかなり倫理的にスレスレのところがあって、子供が大人を惨殺する。ナイフでサクサクサクサクみんなで寄ってたかって刺したり。そういうホラー映画も昔はあったが。
そもそも、(↑)の画像のちょっと不気味なキャラ、これ実は子供から抜いた歯が全身に着いているというもの。ゾっとするでしょ。

「ストレンジャーシングス」がカラっとしたホラーなのに対して、こちらは湿度高めのもの。あまり情報がないのでわからないが、ヨーロッパの作品のような質感。
期待とは違ったものの、これはこれでかなりおもしろい。観てる最中どう考えてもハッピーエンドになるとは思えなかったが、その期待にも応えてくれる。非常に冷たく悲しいラスト、それでいてイマジネーションを喚起させるところは良いと思う。
これでシーズン2が作れるのだろうか?そんな終わり方。

掘り出しもの的に良かったが、惜しむらくは主人公の顔や人格があまりにも辛気臭すぎるところ。
なんか、感情移入出来ないんだよな。この主人公のせいでドラマ自体がマイナー感強めている。そこだけが残念。

これだけ色んなタイプの海外ドラマが出ている中、まだ誰もやっていない80年代の冷たくシリアスなホラー映画の質感を継承しているオリジナリティは良い。「チェンジリング」(イーストウッドのじゃなくてね)とか、ああいうの。
スポンサーサイト

「ストレンジャー・シングス」 シーズン2 全9話

crop.jpg

「ストレンジャー・シングス」 シーズン2 全9話 Netflixで鑑賞。


80年代を舞台にし、少年達のファニーなやりとりとホラー感を加味したスピルバーグマナーが最高にツボだった前作から、待望のシーズン2
正に、シーズン1のエンディングから続く。鏡の前で異世界の生物の幼虫を吐き出したウィルはそのあとどうなったのか?

今回は裏の世界へ行ったりきたりが多い。物語の核となるシリアスな部分は変わらずここで、街や仲間を救うため皆で力を合わせ奮闘する。
今回特に良かったのは、ナンシーのボーイフレンドのスティーヴ。
シーズン1までは、マイクやウィルの兄貴のジョナサンをいじめる嫌なやつだったが、今回はマイク達と力を合わせて一緒に戦う。これ、大好きな展開です。不良(しかも上級生)がナードと手を組む瞬間。やはり製作者はわかってらっしゃる。
これは、かつての名作学園ドラマ「フリークス学園」で、不良の上級生がナード達のやっているダンジョンズ・アンド・ドラゴンズに交ざって遊ぶシーンのようなカタルシスがある。

そして、エンディングのダンスパーティーのシーン。これがまた最高!どんだけこのてのツボを理解しているのか!
今じゃ定番とはいえ、俺は20年位前から言っている「シンディー・ローパーのTime After Timeが流れる映画にハズレなし」。これが最後に爆発。泣きそうになる。
これまた「フリークス学園」の第一話のダンスパーティーシーンを思いだした。あれはSTYXの「Come Sail Away」だったが。あー、なんか「フリークス学園」観たくなってきたなw

微笑ましいだけではなくて、ちゃんと怖いシーンは怖い。もちろんこれもスピルバーグマナー。
今回初めて登場するジョイス(ウィノナ・ライダー)の彼氏ボブ。小太りのいい人キャラで、わりと序盤から死にフラグが出ていたわけだが、これがまた凄惨すぎる死に方をする。
残酷さと可愛さの表裏一体、これは自分が考える良いジュブナイル映画の鉄則だと思ってる。去年公開された「イット-それが見えたら終わり-」もしっかり踏襲していて最高だった。

シーズン1を観たときのような驚きはさすがにないけど、続編としては申し分ない出来。さすが。
この調子でずっと続けてほしい。

2月のライヴ予定

2/27(tue)
“nice selection”@東高円寺 二万電圧
Open.18:00 Start.18:30
Adv.1,500yen Door.2,000yen (+1d 500yen)
LIVE:UNRUCH / VARRISPEEDS / Rubi Lopossa / andmore!!


先月、残念ながらキャンセルしてしまった二万電圧。また誘ってもらいました。
雪辱に燃えながら良いライヴやります!きてね

ディズニー/心理学/ECD/ゼルダ考察

先日は25年ぶりにディズニーランドに行く。25年ぶりだから最後に行ったのは20歳のときか。
たしか、専門学校の友達10人位で行ったのを憶えてる。みんなでワイワイやるのはどちらかと言うと苦手だったけど、好きな女の子が交ざってたから行ったんだよな。まあ、その子にはそのあとフラれてしまったけど、ディズニーランド自体はかなり楽しかったので、ポジティヴな印象は強い。
25年経って行ってみると、「意外と狭いんだな」という印象。自分の中では凄く広大な土地にあった気がしてた。もう、それこそオープンワールドかよって位。歩けばなにか楽しげなものに当たるような。
3歳の倅を引き連れてなので、コースター系とかは全部ナシ。多少のスリルはOKなので、モンスターズ・インクのライドとかは乗った。当たり前だけど、こんなのは昔なかった。俺が行っていた頃はマイケル・ジャクソンの「キャプンテンEO」があった。あれって、いつまでやってたんだろ?
なにげに、船とか機関車に乗るのが実はおもしろくて、他のアトラクションの位置関係が一望出来たり、凄く巧くレイアウトされた園内であった事が客観的にわかる。ゲームだったら「テーマパーク」的な。そんな楽しみ方も出来る。
大人がワイワイ喜ぶようなアトラクションナシでも十分楽しいのがわかったディズニーランド。中々奥が深かったです。
ちなみに、最低気温が氷点下の日だった事もあり、結構空いていて、10個以上のアトラクションに入れた。待ち時間最大で20分。寒くてもこっちの方がいいわ。
夕飯はディズニーリゾート内にあるミラコスタというホテルのビュッフェ。これ、今まで行ったビュッフェ史上ぶっちぎりで美味しさ一位です。恋人との特別な日とか、どこでご飯食べようか考えている人にマジでオススメ。



「みんなでワイワイ」で思い出した。
自分が定期的に見ているブログ。たまにコメントもしているところで、「あなたは内向的?外交的?」というのがあった。
そういった心理学の本の中で出されている30個の質問のうち、数が多ければ内向的、少なければ外交的というもの。
このテスト、自分はやる前から結構予想がついた。
やってみた結果。10個の項目が当てはまったので、限りなく外交的という診断結果に。
そのあと、自分が25歳以前のときを思い出してもう一度やった結果、23個の項目が当てはまった。ド内向型ですよw
つまり、先天的には超内向型で、後天的に少しずつ外交型になっていってたらしい。やっぱりそうなのね。
これって自分は全然特別じゃなくて、音楽やっている人間の大半はこの結果になると思う。
先天的な内向性から音楽を志すけど、音楽の世界、シーンなどに入って活動していくとそこにも社会があってその中でうまくやっていけないと音楽を続ける事も困難になる。結果、特殊な世界での処世術を身につける事で性格が少しずつ変化していくんですよ。
そもそも自分なんて、10代の頃は恥ずかしくて異性とどうやって話して良いかわからなかったし、19歳で音楽のシーンに入ったときも、周りのバンドマンどころか自分のバンドの人達ですらどう接していいのかわからなかった。
まあ、自分なんか良い方で、なんとか良い関係を保ちながら常に新しいコネクションが作られ続けている。でも、元々デリケートな精神で臨んでいるわけだから、心が疲弊してやめちゃう人達もいっぱい居るんだよ。相当見たね、そんな人。
だから、キャリアを積んでいる人ほど、それらを超えて明るく接しているのがわかるだけに、俺は結構信用してしまう。大体わかります、そういう人は。俺も見る人が見ればすぐバレると思いますw 
自分の好きなものを続けるために、生き残るために自然とタフに、外交的になっていったって感じだね。意外と根っこの部分は変わってないと思うよ。でも、無理もしてない。そういうバランスを取るのが巧くなった。つまり、生きるのが少しずつ楽になった。



ECDさん死去のニュースは中々ショックだった。享年57歳。
こういう、死の間際まで精力的にやっていた人ってやっぱり音楽で色々やり残したなって思って死んでいくわけでしょ。
57歳で音楽やるのってどんな気持ちなんだろ?って若い頃は考えてた。正直想像もつかないというか、たぶんガツガツした気持ちや探究心なんてなくなっているだろうと思っていた。
でも、ここ数年でわかった事は、自分は身体が動くうちは音楽への情熱は一切変わらないだろうという事。ずっと最新の音楽が好きだし、新しいものを生み出す事を考えているはず。
美しい事のようだけど、実は恐ろしい事で、「いつ歌えなくなるかもしれない」、「死ぬかもしれない、そうなる前に・・」という恐怖心を心のどっかで抱えながら続けていくわけだから。
思えば、20歳頃からもそんな事を考えていた気もする。活動が停滞すると本当に落ち込むんだよな。20歳頃から周りで死んでいく友達を見ていたのもあるのかも。



話変わって、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の世界を考察したもので決定版的な動画を見つけた。
これはかなり目からウロコで、今作が好きな人は必見の動画と言えます。

ゼルダについて話始めるのは10分過ぎくらいから。
でも、冒頭の10分はNetflixの注目ドラマ「ブラック・ミラー」について語っているので、そちらもかなり興味深いです。



本日のグッドミュージック
最近は良いものたくさん聴いているんだけど、頭ひとつ飛び抜けてインパクトのあったものをひとつ。
NYのアフロバンド、アンティバランスのメンバーと言わずもがなメンフィスのジャズファンクの始祖ハービーマンの息子(!)がやっているバンドHere Lies Manの1stアルバム。2017年作品。
これがメチャクチャ凄い!
ブラックサバス的な重いファズギターとアフロビートの融合。メタルリフなのに、リズムは凄いファンクネス。
夢のバンドか!w

新年早々のキャンセル

先日、16日は二万電圧でVARRISPEEDSライヴの予定でしたが、ドラムス平沢が急病のため残念ながらキャンセル。
代わりにslagが出てくれました。なので、自分は現場にも行けませんでした。
一応、来てくれる予定だった友人2人には自分が出ない事を事前に連絡したけど、もしも他にVARRISPEEDS目当てに来てくれた方がいらっしゃったら申し訳ないです。
自分としても新年一発目で気合入っていたところ、出鼻をくじかれた感じで残念でした。
ですが!今回の雪辱として代わりに2/27に二万電圧でやります。こちら是非来ていただきたい!
Synthezoeyの予定も入っていないし、現在の予定これ一個というのが寂しいところ。春頃にはGlitchmenやろうという事になっているけど、どうなるやらで。

急に暇になってしまったので、最近はゲームがはかどってますw
来週はついにモンハンやるかー!実はちゃんとやるのが初です。腰を据えてやりたいので、このタイミングは絶好だったのかも。

作詞/作曲活動もなにげに空いている時期になってしまって。
VARRISPEEDSの新曲のバンド用デモをひとつ作ったら、以前から温めていたソロ曲を進めてみるか。主に、自分のバンド(ユニット)で自然にボツになったリリックに自分でトラックをあてがうもので。
それとは別に、ひとり一緒にやってみたいと先月あたりから思っていた人が居るので、相手がノリ気になってくれればコラボ出来るとかなり凄い作品になるんじゃないかとイメージしています。



本日のグッドミュージック

Juniorの「Do You Really (Want My Love)」 1984年作品。
最近、ビバリーヒルズコップ・シリーズを観ていて、やはり音楽が最高だなと思って外出中はよくこれらのサントラを聴いてます。
Juniorはダンクラとしては、「Mama Used To Say」が有名だけど、こちらの曲も最高。Junior自体、捨て曲がない事も最近わかりました。



HIYADAMの「FACK#」 2017年作品。
日本のヒップホップでこれは久々にきた!
元高ラ優勝者という肩書も不必要な位の凄まじいいセンス。
日本でこういうトラップ系のビート使っている人にあまりハマらない自分でもこれは別格に思う。
良い意味で日本的センスにとどまっていないところが良い。もちろんラップもとてつもない高スキル。
2017年、日本のヒップホップではダントツで自分的ベストです。

Live Schedule
2/27(火)東高円寺 二万電圧
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

現在、某音大の理論中等科在学
同学校のビートメイキング課で講師補佐(ラップ担当)

SONY MUSIC ARTISTS内レーベルTABOO所属

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム