【其の四】「ニーア オートマタ」/PLAYSTATION 4

91zUVaRqJ9LSX342_.jpg

「ニーア・オートマタ」/PLAYSTATION 4

(プレイ時間:28時間 / ABCDEGPエンド:クリア)

(以下の文章はネタバレ含みます)

一応、最後までやりましたが・・・。
3周目は物語が終焉に向かっていくので今までで一番盛り上がってはいる。
が、Eエンドまで終えた今、率直な感想としては・・

2017年にやったものでぶっちぎりのワースト1です、残念ながら。

先に良かったところだけあげると、2Bのニーハイブーツのレザー感、手袋のスエード感だけはよかった。
はい!全編とおして良かったところ、以上!

ゲーム性
ゲーム性が酷いのは過去記事でも触れていたとおり。
ただ、巷で評判の悪いハッキングシーンのゲームは後半緊張感があっておもしろかった。
これは自分のシューティング好きとマッチしたところもある。

ゲームならではの表現でストーリーを語る志は良いが、プレイヤーにひたすらストレスを与え続けるのはどうかと思う。
終盤、9SとA2が交互に切り替わって別々の場所で戦うシーンがある。この切り替わりがあまりにも早すぎて片方の敵だけが中々死なないというのはキツかった。
戦闘は基本、作業プレイでしかない。難易度上げてもレベルデザインが雑すぎるのでやる価値があるとは思えない。

ストーリー
これこそ酷い。
ここでのベースとなっているSFは手塚治虫と、藤子・F・不二雄と、攻殻機動隊と、エヴァンゲリオン、それらの表層だけを剥がした薄っぺらいもの。
あのね、SFって現実離れしているファンタジーを見せるんじゃないんだよ。
未来感のあるパーツは現実の比喩としてのメッセージがあるから深みが増すんですよ。
スタートレックの60年代にやっていた初期テレビシリーズの「宇宙大作戦」なんて、全部そうだよ。
果てしない宇宙の中に点在する異文化が衝突や交流をしたときに新たな発見や驚きがあって、それで自分達が成長するからSFにはロマンがある。
この作品はSFなのに世界がメチャクチャ狭いんですよ。
テーマ性もない。この作者は「2001年宇宙の旅」とか観た事ない人だよ。

この物語を好みな感じにするのであれば、人間の思考に近く進化していったポッド達がアンドロイドと機械生命体に代わる新たな世界の覇者になっていく感じにするのとか。まあ、若干「火の鳥」的ではあるがw
ポッドの扱いが、最後主人公達への救済のためだけというエモーションに終始しているのもやはり小さくまとめているなと思うんだよね。

ちなみに物語クライマックスで語られた真相は、前作「ニーア・ゲシュタルト(レプリカント)」のあとの話が今作だった事。
ポポルとデボルが出ていたとはいえ、完全につながっているとは思わなかった。

音楽
ん~、この作品だけで初めて触れた人はこの音楽を良いと思うかもしれないけど、シリーズやっている人間からすると、前作の評判によりマーケティングで作られたもの以上は感じなかったな。そのせいか1曲1曲が前作よりも印象的でない。
エンディングテーマなんて、アレンジでごまかされているけど、AKBとかの集団アイドルが歌いかねないものにしか聴こえなかった。

演出/アイデア
最後にハードディスクからセーブデータ消去も前作に続いてまたある。
でも、物語と密接に関係していた前作と違い、今回は必然性を感じない。前作でインパクトがあったから今回もまたやりましたといったところ。

一見して奇抜なアイデアはたくさんあるが、どれも「どう?こんな事考えてる俺っておもしろいでしょ?」という作者のひとりよがりにしか思えない。特に今作はありきたりなものが多すぎた。カルト宗教とか臆面もなく・・。
前作や、DOD3は、それが気にならなかったのはおそらく作者が自分の作りたいものを純粋に作っていたからかもしれない。
今作はやはりマーケティング臭が強すぎるのが個人的に強烈な拒否感になっているのかもしれない。

総評
恥ずかしいようなアイデアや作風に敢えてのっかる楽しさというのがなかったのが残念。ヨコオタロウ作品はそこがよかったのに。
主人公の2Bがウケたのか、セールスは良かったようだが、「DOD1」、「ニーア・ゲシュタルト」、「DOD3」とやってきた自分としてはもっとも出来の悪かったヨコオ作品に思ってしまった。
荒削りだけど、ゲーム(レトロゲームも)に対するひたむきさと、誰も見た事のないものを作ってやる!という衝動性が詰まっていた過去作とは似て非なる、マーケティング優先で進行した中身のない作品になってしまった。
磨けば変わったかもしれないだけに本当に残念。

でも、やって損したとは思ってません。
自分の周りでこれをプレイした人はたくさん居るので話題には事欠かさない事もあるので。
そこも含めてゲームって事ならよかったのかな。
スポンサーサイト

【其の三】「ニーア・オートマタ」/PLAYSTATION 4

91zUVaRqJ9LSX342_.jpg

「ニーア・オートマタ」/PLAYSTATION 4

(プレイ時間:25時間 / 現在3周目)

(以下の文章はネタバレ含みます)

2周目は1周目のアザーサイドって感じで、別キャラでプレイ。
これは1周目以上にダラダラしたな。実際は1周目よりもスピーディーに終わったんだけど、ゲーム的にはさらに大味になって。
合間にムービーが挟まって、ちょっとずつ話の裏側がわかる。が、かなり小出し。
「う~ん」と思いつつ終わって3周目。
え?3周目っていうか、これ続きじゃん!
1周目のエンディングからの続く物語。腱鞘炎になるんじゃないかってくらい序盤からハードな戦闘の連発。
この、人類対機械生命体の戦争って、あの兄弟倒して終わったんじゃないの?
て、思ったら衝撃の真相が。
人類はとっくに絶滅していて、しかもエイリアンも全滅している。
人間の意思を次ぐアンドロイドとエイリアンの作り出した機械生命体だけが延々代理戦争を続けている。
このSF感はとても好きですね!あともうちょっとツボをついてくれると手塚治虫レベルまでなりそうな。

2Bと9Sのエモーショナルなストーリーにあまり興味が持てない代わりに、この世界の真相は魅力的。そこに引っ張られてプレイ続けているようなもの。
2Bはニーハイブーツの光沢へのこだわりにはかなり感心したがw

3周目は怒涛の展開の連続で、例のA2も出てくる。
髪を切る理由がまったくわからないが、少年漫画的な解釈で良いのかな?それも嫌いではないのでよし。

ゲームは変わらず大味。
敵の硬さばかり上がっていて、単調な持久戦がメインに。
なので、ここにきて思い切って難易度下げました。ノーマル難易度に付き合う必要性を感じなくなったので。
ストーリーさえ追えればいいかな。

オープンワールドと言っても実は「龍が如く」位しか広さはない。
1周目の物語の中盤までファストトラベル出来なくとも全力疾走で駆け抜ければ、わりとどこでもすぐに着く。
あと、ファストトラベルのローディング時間は超優秀ですね。この快適さは素晴らしい。

音楽は巷では評判良いけれども・・う~ん
個人的には前作「ニーア・ゲシュタルト」の方がやはり良かったなぁ。
テイスト同じでありながらも、今作のはやはり過剰で、前作で評判良かった歌入りBGMも全編にわたってやってみましたよっていう打算が見え見えすぎるのが、ね。脂質が多めになったぶん、世界観の繊細さが薄れてしまった。音楽って大事だね。

【其の二】「ニーア・オートマタ」/PLAYSTATION 4

91zUVaRqJ9LSX342_.jpg

「ニーア・オートマタ」/PLAYSTATION 4

(プレイ時間:14時間 / 1周目クリア)

今作も4周位して真のエンドとなるらしい。
とりあえず、最初のエンドをむかえてみての感想。

ここまでやってハッキリわかったけど、この製作者はやっぱりゲーム作りが下手ですね。
終盤の敵の攻撃とかヤケクソ気味で酷かった。そのわりには回復アイテムを大中小それぞれ99個まで持てるため、オート回復のチップをつけていれば一度も死ぬ事なく持久戦でボスを倒せる。これは難易度が高いのか低いのか?
それを自分で調整出来る幅を持っていると言えば聞こえはいいが、今作に関しては未完成品をプレイヤーに丸投げしているように思えてしまう。
やっぱりビッグテイスト感は強いなぁ。そのわりには大仰な音楽が暴力的なまでに垂れ流される。
全力でダマシにかかっているような。

過去作をやったのが結構前なので記憶が薄いとはいえ、ゲーム部分だけに関していえば今作は一番出来が悪く思うな。
横でいつもプレイを観てたうちの奥さんが言うには、今までも大して変わらないとw

ゲーム的におもしろくなる要素はたくさんあるけど、荒削り。
これはこの人のゲームに昔から一貫しているもので、未だにそうなのは結局この人はこういう感じが好きなだけなんだな。
でも、個人的観点だとこれはPS2時代のアクションからまったく進化していない時代遅れのものに思ってしまうんですよ。

とはいえ、なんか気になって一気にプレイしてしまう部分もある。
なんなんだ、これは?w

深い世界観だとはまったく思わないけど、これらのセンスを半笑いでプレイしたり、今のテレビのバラエティみたいに、受け取る側がハスがまえになる事で優越感を持って味わうのがこの作品のコンセプトなのだとしたら俄然現代的という事にもなる。

現在は2周目の序盤。
主人公が変わって、新たな視点で物語が進行。
今のところはあまりストレスはないかな。結局やめられずやってるw

【其の二】「スプラトゥーン2」/NINTENDO SWITCH

20170205084138.png

「スプラトゥーン2」/NINTENDO SWITCH

(プレイ時間:11時間)

ハマれるかなー、どうかなー?
と常に思いながらやっていたナワバリバトルがついに超おもしろくなった!
ここまでやってセオリーがやっとわかったんですね。
マルチ対戦系のゲームでここまでの段階にいけるためのものとして、自分の手にあった武器を見つけると途端におもしろくなるというのがある。
今回も、スプラマニューバーという照準が2つあって、撃ちながらスライド移動出来るブキがある。これがマジで良いんですよ。
サーモンランばっかりやっていたら、まだ使った事ないブキが色々出てきた。そのうちのひとつ。
ジャイロも使ったエイムがまだ慣れないなーと思っているときに、この照準が2つあるブキはかなり助かった。おかげで今は敵もバキバキ倒せるし、マップも覚えてきて成績もよくなったきた。
普段なにもしていないときでもスプラトゥーン2の事を考えているところをみると今回のハマり方は本物のようだ。

いや~よかったですよ。
ゲーム友達にはもはやネタと化していた、俺の中のスプラトゥーン(前作)の評価の微妙な感じもついに払拭!w
でも、実は前作もこのくらいのおもしろさはあって、自分はそこまでわからなかっただけなのかも?とは思う。スプラマニューバーがあったのかどうかはわからないが。

あと、スペシャルウェポンのマルチミサイルも中々いいね。これ、主に敵への牽制として使える場面が多いのでゲージ溜まったら出来るだけ多くロックオンしてぶっぱなしとく。当たらなくても、敵は慌ててその場から逃げるので隙が出来る。そのときに倒しにもいけるし、やらなくても牽制するだけで効果がある。
こういう牽制系のスペシャルウェポンがわりとおもしろい。
アメフラシとかもダイレクトでない微妙に陰湿な(褒め言葉)感じがいいね。敵がいや~な感じになるところとか。


間違いなく前作よりも好きになった。というかやっと自分はスプラトゥーンが好きになったのか!
新米イカですが、よろしくお願いします!

【其の二】「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」/NINTENDO SWITCH

81iU0U8VZMLSY445_.jpg

「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」/NINTENDO SWITCH

(プレイ時間:75時間 メインチャレンジ:クリア)

壮絶におもしろかった!
生涯ベスト・ワンにしても良い位好きな作品。
オープンワールドで出来る可能性を任天堂流に極限まで追求した、この贅沢なハイエンド感。
素晴らしいですね。ゲームの未来に対してまたひとつポジティヴな気持ちになれましたよ。

ストーリー自体はシンプルながら、ゲーム中に自分なりの物語を紡いでいけるので、様々な体験と思い出があるね。
印象深かったところをいくつか書いていきましょう。

雷のカースガノン戦
4体のカースガノンのうち、なぜこいつだけ異常に強いのか。
このゲーム中一番苦戦したと思う。
体力を半分まで削ってからの敵の攻撃が全て雷をまとったものになるので、うかつに攻撃すると自分がダメージを喰らってしまう。
ひたすら走って逃げ回って、わずかに雷のプロテクトがはずれたときに盾を持ってガードして敵に斬りかかるという持久戦に持ち込んだ。これ、体力の少ない序盤に間違って戦いを挑んだら一発死に確定なので、人によっては心折れるかも。

厄災ガノン戦
ラスボス戦。
体力をだいぶ削ると、通常の攻撃が全て無効になるので、どうしたら良いかわからなくなった。
ダルケルの守りの反射で喰らわせられるが、あれは3回だしって事で、どうしたものかと手をこまねいていたら、ガーディアンと同じレーザーポインターからの攻撃もあった事で「ん?」と思い。
アッカレ研究所に戻って、対古代兵器用の盾を作って挑んだら案の定これでレーザーを反射出来た。これとダルケルの守りを大事に3回分持って挑めば実は難しくない。
答えさえわかってしまえばラスボス戦ですらそこまで難しくないのはゼルダらしい。らしくなかったのは、雷のカースガノン戦くらいか。あれはプラチナゲームスのゲームやっているみたいだったよ。

雨の日の登山
このツルツルするのいらないわーw
せめてクライム系の装備つけているときはスベらない位の事してほしかったよ。
このゲームで唯一のストレスだったかも。

サイハテ島の祠チャレンジ
身ぐるみ剥がされて、無防備な状態に戻されて敵がウロつく島の中を探索させられる。
ちょっとしたザコでも脅威となるので油断出来ない。しかも、ただでさえ強敵なヒノックスも倒さなければいけないとか・・。
「うぉっ!マジか!」と思ったけど、これもアイデア次第でなんとか勝てるのよ。こちらには爆弾やマグロックがあるからね。巧く使って。
敵から武器を奪ったりして段々と充実させていくローグ的な感じがおもしろかった!

エンドロール後(ネタバレあり)
このゲームの素晴らしいところは数あれど、演出も大きい。
音楽の使い方の品の良さは国内ゲームとしては稀有と呼べるほどに。
ウツシエの記憶のチャレンジを全部踏破するとエンディングが変わる。これのラストシーン。
ゼルダ姫が、「私は能力をなくしてしまったようです、でも大丈夫・・」と行ってカメラが遠ざかっていく。
小さく映るリンクとゼルダの姿がボヤけて手前の野に咲く「姫しずか」という花にピントが合う。
この「姫しずか」という花はこの世界では少しレアな花らしいが、能力をなくして一人の女性となった事をこの花のアップだけで表すなんて!どこまでも品位の高いセンスを見せてくれるのか。
欲を言えば、ゼルダ姫がなにかちょっとした能力めいたものを使おうとするけど出来なくなっていて、それでもリンクを見て幸せそうな顔をしてからの姫しずかアップだったらもっと良かった!セリフなしで。
まあ、こういった要望も作品に惚れ込んでしまったがゆえのものですが。


実はゼルダをクリアするのは相当久しぶりだったりする。
正直、こんなにおもしろかったかと感心しています。
当時スルーしていた「スカイウォードソード」とか今からでもやってみようか?
出来ればスウィッチ版を出してくれるとありがたい。今回のゼルダも携帯モードでやれていたのが大きかったからね。
Live Schedule
10/11(金)阿佐ヶ谷 Yellow Vision
11/11(土)鶯谷 What's Up
12/30(土)立川 A.A.Company
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム