「エスター」

B0030Z3FQ8.jpg


ブルーレイで「エスター」を鑑賞。

古くは「オーメン」のダミアンから受け継がれる、幸せな家庭を内側から壊してゆくジワジワとした恐怖を描いた作品。
その残虐性と執拗さはダミアン以上にも感じた。

ただ、ダミアンが全ての行動を冷酷にこなしているのに対して、エスターはとても人間的な感情の揺らぎが激しい。

今時、あまりにも非現実的すぎる展開だと冷めてしまうし、人間の元々持つ恐怖を描くものも「ミザリー」など過去に様々な形で描かれているので、安直なものはすぐありきたりに映ってしまう。この手の題材を扱うのは実はとても難しい。
その中で「エスター」は非常に上手いバランスで組み立てられていて、一個一個のパーツは斬新でないものの、組み立て方や映し方が伝統的手法をしっかりと踏襲しているため今の時代でも心に響く作品に仕上がっている。

絶滅寸前のジャンルに思える題材でここまでクオリティの高いものを今出してきたという事がこの映画の最も偉大な点だと思う。
スポンサーサイト

振り返ったり、今後など

去年の今頃にPsy-VOGUE10周年イベントをやって、それを境に今まで慌ただしかったものがちょっと落ち着いた感じになってきてました。
今年に入ってからはライヴ予定も以前ほどたくさんは入れなくなって、無理なく活動出きる範囲でのものにしてきた感じです。
以前たくさん入れていた一番の理由はフリースタイルの腕が落ちるからってのが正直なところなんだけど、これも普段全然練習しなくてもさほど心配なくなってきたんだよね。むしろ一年前より今の方が上達しているというか、ライヴにおける2人での組立方は進化しているように思ってます。

新曲の方も順調に増えていって、来月、再来月と連続で新しい曲を発表出来ると思いますよ。
来月披露出来るのは「D&D Torture」。
歌詞はわりと内省的ながら、曲調はNative Tongueあたりを彷彿させるゆったりとしたもの。個人的には夏を意識して作ったトラックなので、9月に発表するのはギリギリなのかなw
10月に披露出来る新曲は「Born To Be Kill!!~キルでいこう!!~For BFBC2
これはこのブログを見ている人には「ついにやったか・・」と思われそうな、「Battlefield Bad Company 2」について歌った曲。
あまりにも偉大すぎるというか、この歳になって生涯最高と呼べるゲームに出会えた奇跡を祝して愛情全開で作るしかないだろ!とRichと盛り上がりましてw
ホント、このゲームは社会の縮図であり、一期一会の出会いであり・・。
最初こそ、地獄の難易度に思えたけど、頑張ってやっていれば誰でも必ず上手くなるという、少しずつ学習して上達していくのがこんなにも楽しいゲームはかつてなかったです。
そんなわけで元々ヘビーゲーマーだったPsy-VOGUE2人が初めて歌うゲームの歌。これは「BFBC2」をやった事がある人だったら、ラップ、トラック共に悶絶必至の出来映えになるので期待して待っていて頂きたい。
一応、この曲に合わせた動画も制作予定。

そんな感じで今年残りもおもしろい事やっていきますわー

「LIMBO」/XBOX360

c20100721_limbo_01_cs1w1_180x.jpg

LIMBO」/XBOX360
(クリア)

全編モノクロで靄のかかった世界。
セリフ、テキストは一切なく観念的に綴られるストーリー。
このアート感溢れる作風に惹かれて購入してみました。

基本は横スクロールの2Dパズルアクション。最初のうちは多少気をつけていればさほどでもない仕掛けや罠も終盤になってくるとだいぶ牙を剥いてくる。なんとなく「ICO」に近いものも感じたが、あれより凶悪な箇所もあり。
後半に出てくる、トロッコからジャンプして電気の床を駆け抜けるところはホントにしんどかったな~。

全体的に、初見だったら、まず一度は殺される仕様。
そのときの主人公の少年の死に様がまた凄惨で、ダークさに拍車をかけている。
部位破壊なんかは毎回だが、それが影絵のようなとてもシンプルな絵柄で展開される。そんな狂気性も魅力のひとつ。
酷いのは敵の罠とかだけではなく、この主人公の少年も中々のもので、同じ少年の死体を足場に水たまりを渡ったり、その死体を引きずって持ってきて、モンスターに襲わせて注意を引いたりと、極悪非道。
ただ、それらが常に淡々と行われていて、まるでこの世界では当然の事のように思えてくる。この世界観の構築はかなり秀逸。

設定では、居なくなった妹を少年がひとり捜しに行くストーリー。
でも、エンディングを見て、さらにタイトル画面に戻ったあとに、そう単純な話ではなかったんじゃないかと色々と思いを馳せてしまう。
実際、ネット上でも色々論議されている。イマジネーションを掻き立てられる作品ゆえでしょう。

ゲーム自体は前述した一箇所を除けば大体、綺麗にまとまっているし、この世界観に惹かれた人だったら購入してみても損はないと思います。

【其の七】「バトルフィールド・バッドカンパニー2」/XBOX360

4938833009920_500.jpg

バトルフィールド・バッドカンパニー2」/XBOX360
(プレイ時間:95時間15分 LV25)

全装備解除という目標も果たしたので、さすがにもう初心者は卒業だろうという事で次なる目標は、上級者御用達のピンの獲得。
エースピン、上級戦闘技能ピン、M-COMアタッカーピン。
これのうちM-COMアタッカーピンは先週、2枚も取れた。
そして昨晩、上級戦闘技能ピンも1枚取れました。

8連続キルする事で獲得出来る上級戦闘技能ピンは、色々な取り方があると思うけど、昨日は工兵で全部接近戦での戦いでキルしました。実際は10連続で、途中弾丸がなくなってしまい、ナイフと修理キットのみを使って最後3キルしたときはそのサバイバル感に心躍りまくり。
連続キルはこの感覚がたまらないです。
まだまだ、このピンは取り続けていきたいところ。

M-COMアタッカーピンは、自分の場合は全部時限爆弾仕掛けて壊したけど、今主流なのはC4で破壊するやり方なんだよね。もうほとんどこれ。
まあ、戦いが膠着したときはこういう手もいいと思うんだけど、ちょっとみんな最初からやりすぎな気もする。
あんまりこのやり方が流行りすぎるとゲームとしての緊迫感とかがなくなっちゃっておもしろくないんじゃないかな。
というか、C4強すぎる気もするんだよなあ。
M-COMが建物の下の階にある場合、2階で爆発させてもその爆風でダメージ与えられるという。
C4を巧く使うテクニックにはあこがれるけど、C4ブームが激しいので、自分はちょっとひねくれて、M-COMにダメージ喰らわすときは、地雷を蒔いてそこに手榴弾を投げ込むやり方にしていますw

あと最近、今までなんか上手く使えていなかった突撃兵のグレネードランチャーを建物に穴をあけるために使っています。
入り口から入ると丸見えな危険なところも反対から穴を開けて進入。ロケランよりも至近距離で撃てるのでバレにくい。NELSON BAYやATACAMA DESERTで威力を発揮します。

今週は木曜日の夜は椎茸会の焼き肉パーティーがあって、その際、エースピン、上級戦闘技能ピン、M-COMアタッカーピンの取得した数をそれぞれ書いた紙を各々身につけるようになっているらしいので、木曜日まで数日死にものぐるいでやってやるさ!
エースピン、取れるかなぁ・・・
Live Schedule
11/11(土)鶯谷 What's Up
12/27(水)代官山 UNIT
12/30(土)立川 A.A.Company
1/16(火)東高円寺 二万電圧
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム