4/28 Club GOODMAN 終了

なにげに今年初のグッドマン。
今回は、昨年11月に初披露した「キルでいこう!!」の続編「ベトナムでもキルでいこう!!」を例によって映像付きで披露。
スクリーンのあるグッドマンでないとこれは出来ないからね。
映像付きで前作の「キルでいこう!!」をやったときは、動画に合わせて、通常どおり自分達でサンプラー使って演奏する感じだったんだけど、これは一度演奏のタイミングがズレると、どんどん動画から遅れていってしまうという難しい点がありました。歌詞の字幕が出ているだけに、音とズレると完全にバレてしまう。
そんな反省から今回は動画に最初からカラオケ状態のトラックを入れてそれを再生したものにラップだけ自分達で乗っけるという方法に。
まあ、本来王道なヒップホップの手法はこれなんだけどね。なんかそれは嫌で、今まで出来るだけしてこなかったわけなんだけども。
でも、久々にハンドマイクで歌うとメチャクチャ楽しい。
ハンドマイクでフリースタイルするのはちょくちょくあったけど、ちゃんと書いたリリックを歌うなんて一体何年ぶりか。たぶん2003年位が最後だったんじゃないかな。
やっぱりね、ヘッドセットよりハンドマイクの方がテンションが上がるよ。今はこんな編成でやっているけども、いつかはハンドマイクに戻したいなって気持ちになりました。

この日披露した動画は実はまだ未完成で、字幕に修正箇所がありました。
とりあえず、ライヴでやるにはそんなに問題ないだろという事でこの日はそのまま使ったけど、ネット上にアップするにはもうちょっとお待ちを。
ホントはすぐにでもみんなに観て欲しいんだけどね。
曲の解説などもそのときに。

友人達もたくさん駆けつけて楽しんでくれたみたいだったし、この日は最後までおもしろかったなー
0時過ぎまで酒と談笑が絶えない、いい日だった。
帰ってからもテンション下がらず、そのままの勢いでで2時過ぎまで遠方の仲間とBFBC2。これも楽しかったけどラウンドが終わった途端、疲労が一気にきて、360の電源切った瞬間気を失うように寝てしまいました。

ベトキルの歌詞の一部に「キルが繋いだこのトラベル」っていう一節があるけど、そんな思いを切に感じた一日でしたよ。

次回Psy-VOGUEライヴは5/30@小岩 Bushbashです。
盟友、disk-3、TropeNと久々に一緒です。2年以上ぶりじゃないかな。この日も間違いなくおもしろい日になりますよ。

2011/4/28 SET LIST
① The Funkiest Example Vol.3
② Drill Syndrome~童貞がとまらない~
③ The Funkiest Example Vol.4
④ School Jail 8 To 3
Born To Be Kill Vietnam~ベトナムでもキルでいこう!!~(For BFBC2V)(新曲)
スポンサーサイト

【其の一】「エスカトス」/XBOX360

明日はライヴ。
出番は4番目で、20:30から。
新曲「ベトナムでもキルでいこう!!」初披露しますよ~
もちろん、これからアップする動画と共に歌います。BFBC2好きは特に必見です!

4/28(木) <狂音異端MUSIC>@秋葉原 Club GOODMAN
O/18:00 S/18:30
前/\1,500 当/\1,800
出演:Psy-VOGUE / テシモタシー / ジムシー / 門前払い / あのコのプレゼンツ


51ipIvkFbXL.jpg

エスカトス」/XBOX360

まさか、あの「ジャッジメント・シルバーソード」の続編を360でやれる日が来るとは。
発売予定表を見たときから、絶対買う!と心に決めていた。そして、プレイしてみてその内容の素晴らしさに感動しています。
グラフィックこそドリキャス並の簡素なものではあるが、中身は骨太のSTG。もう、こういうおもしろさに時代性は関係ない。クオリティ高くやればどんな時代でも輝くものだ。

メニュー画面だとデフォでORIGINALモードが最初に選ぶ仕様になっているが、ここはADVANCEDモードをやった方がこのゲームの真髄を楽しめる。難易度はNORMALで。

システムも地味ながらとても完成されている。
スコアを稼がせるアイデアが非常に秀逸。
敵が落とすアイテムを拾って、ショットのパワーアップが7段階で強化されていく。
パワーアップの他にも敵編隊を残さず倒す事で得点倍率がドンドン上がるが、ちょっとしたミスでガクンと落ちる事も。
倍率が上がった状態でシールド防御すると敵弾なども得点の結晶となるので、シールドの使いどころを考える楽しみがある。
また、一段階パワーダウンのアイテムがあるというものがあるのもおもしろい。
これは画面上の敵弾を消す代わりに自機が一段階パワーダウンする、でも消した敵弾は得点の結晶に変わるので、敵の出す追尾レーザー(レイストーム的なやつ)を消したりすると大量の得点が入ったりする。これも取るタイミングを見計らうのが難しいシーンも多いが上手くいったときの嬉しさはひとしお。
が、アイテムは滞空時間が長く画面内をユラユラしているので、むしろ意図せず取ってしまう事の方が多い。よって、大体がパワーダウンアイテムは避けてプレイする事が多い。

大概のSTGはプレイ時間を重ねる事によってコンティニュー回数が増えていくものが多いが、「エスカトス」は総合スコアでオプションレベルというものが上がっていく。レベルが上がる度に色々な項目がアンロックされる。残機数やコンティニュー回数、スタートするステージなど。
スコア稼ぎをしたくなるモチベーションとしては十分な仕様で、これは他のSTGも見習った方がよい。
ただ、オプションレベルは最高50で、現在20・・。先は長そうだ。


BGMは、FM音源感バリバリのもの、と言えばわかる人には一瞬で想像つくかな。
ここ数年だと「雷電Ⅳ」とかと近い作風。プレイしているだけで嬉しくなってしまう。ゲーマーだったらワクワクするあれですよ。サントラ付属はナイス。

最近、360はこれと「バレットソウル」、あと続編ではあるけど「オトメディウス・エクセレント」といった家庭用オリジナルSTGが続々リリースされている。
アーケードの移植も良いが、家庭用オリジナルSTGというのは特に応援したくなる。
360は2DSTG好きにとっても最高のハードだ。

映画「キック・アス」

1400199336.jpg

映画「キック・アス」をブルーレイで鑑賞。

ん~、期待が大きすぎたかな。
「今まで観た全ての映画で一位!」なんていう評判も耳にしていただけに、よほど特別感のあるものなのかと思っていたけど、そこまでではなかったです。たしかにおもしろい作品ではあるけど。

途中、FPS視点になって戦ったりとか、個人的にツボだった細かいシーンはあるけど、ここぞ!という肝心なシーンにて心情を語るところが雑な気がした。
例えば、ヒットガールの方が主人公キックアスよりも圧倒的に戦闘能力が高くて実質主人公的な位置づけはヒットガールになっているのは誰もが思うところ。それなら、キックアスがヘタレながらも奮起するクライマックスシーンはもっと盛り上げるべきだったのでは、と思う。
前半でチンピラと戦い、ボコボコにされながらもカメラに向かってパンチライン的セリフを言っていたシーンにはグっときたが、一番の見せ場である最後の戦闘に行くシーンでさらにこれを超えるセリフなりを見たかった。
それがあれば、存在感はヒットガールに負けるが、ヘタレオタクヒーローの心意気が伝わるキックアスという事でタイトルにするにふさわしいものになったんじゃないのかな。

ヒットガールが戦う動機づけも、カンフー映画よろしくもっと大袈裟な感じにしてくれた方が自分的にはよかった。
「ああ。もっとくれよ、その感じ・・」という歯がゆい気持ちになった。

全体的にストーリーはおもしろいものだが、意外にも細かい心情描写が雑だったのが残念。悪くはないんだけど、もっと振り切って欲しかったというのが正直なところ。

一見、童貞映画のようだけど実はそうでもない。
「ランボー最後の戦場」の方が全然童貞映画でした。

4月のライヴ予定

4/28(木) <狂音異端MUSIC>@秋葉原 Club GOODMAN
O/18:00 S/18:30
前/\1,500 当/\1,800
出演:Psy-VOGUE / テシモタシー / ジムシー / 門前払い / あのコのプレゼンツ

この日は、去年の11月に発表した「キルでいこう!!」の続編、
「Born To Be Kill Vietnam~ベトナムでもキルでいこう!!~(For BFBC2V)」を初披露します。
これは「Batttlefield Bad Company 2」のベトナムを舞台にした追加ダウンロードコンテンツだけを題材に曲にしたもの。
もちろん前作と同様、グッドマンの巨大スクリーンを使って新作動画と共に歌います!
動画は現在製作中だけど、曲の方は申し分ないほど良いものになっているので期待していておくれ。
うちらの出番は4番目で20:30から。
B-BOYも、BFBC2好きも、みんな集まれよー
ライヴ・スケジュール

6/1(木) 新宿 MOTION
6/10(土)鶯谷 What's Up
プロフィール

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム