【其の二】「トゥームレイダー・アンダーワールド」/XBOX360

511qwLy0GGLSL500AA300.jpg

トゥームレイダー・アンダーワールド」/XBOX360
(難易度NORMALクリア)

実は初めてクリアしたこのシリーズ。
一気にやったんで、あっという間だったな。とてもおもしろかった。

終盤で手にするトールハンマーが最高だ。
近距離武器と思いきや、遠くの敵でも一振りで吹っ飛ぶ。
アサルトライフルで散々撃って、さらにストンピングをしてやっと倒せたスケルトンも数発でバラバラに。
「アヴェンジャーズ」観てからウズウズしていた俺のソー欲がこれで満たされた。

ハンマー取ってさらに戦闘が簡単になった気がするけど、そもそもこのゲームって戦闘はおまけみたいなものなんだよね。パズルがメインという点ではゼルダ以上。単調になりすぎる事への打開策として味付け程度に戦闘が入っている。だって、ラスボスと対峙するのもシビアなアクションはなくて、やはり謎解き&アスレチックだったし。まあ、こうして作品の肝がハッキリしているのはいいね。さすが人気シリーズ。顧客の要望をわかってらっしゃる。
ただ、個人的には「ララ・クロフト・ガーディアンオブライト」位、戦闘の奥深さがあっても良かったかな。
シリーズ的には番外編なんだろうけど、かなり名作だったと思っている。あれの続編は作らないのかな。

ストーリーは、正直よくわからなかったよ。
中盤位までやったあたりで知ったが、これは前作「トゥームレイダー・レジェンド」の続編らしい。と言っても今更そっちもやろうとは思わない。それだったら今年発売予定の新作の方がやってみたいかな。

そういや、ララって海外ではPS1時代から人気のヒロインだったらしいね。
萌えキャラをデザイン出来る日本人からするとこのバタ臭いデザインで萌える外人のセンスは理解出来ない!って散々言われていたけど、俺はこの「トゥームレイダー・アンダーワールド」をやって終始ララに萌えてたよ。
各章の始めにコスチュームを選ぶ際、本気で考えたからねw
俺にとっての「トゥームレイダー」はエロゲーでもあったらしい。
スポンサーサイト

1/10 BushBash 終了

今回もVo、Gt、Ba、Dsの4人編成。
一曲目には出来たばかりの新曲「It's An Outsiderplay」を披露。
本来この曲はシーケンスドラムを使って制作を進めていたので、そこにパーカッシヴに生ドラムを重ねるという構成で完成する予定だったのですが、本番一週間切ってから土壇場で諸事情により、シーケンス無しでメインビートも生ドラムでのヴァージョンに変えないといけない事に。
最後のリハが終わり、まあこれはこれで結構良いのではないかという事で、編成が変わったとき用のアレンジとして悪くない出来にまでなりました。
今回はロック色をやや抑え、隙間と粘り気のあるリズムに尾崎君特有の硬質なギターが乗るという作りになってます。フックでルーピング機能を使った2つの音のギターが耳をひく感じかな。
ラップはいつもよりトーンを落として、さらに語感への拘りをいつもとちょっと違った方向に力を入れて作ってみました。
英語っぽく聞こえるフロウっていうのは随分前からやってはいたけど、今回はもうちょっと踏み込んでみたくなった。ぶっちゃけるとSIMI LABの影響だなw
リリックの内容はディスりもの。これは10年前にPsy-VOGUEで作った「Kill Your Glow Ramp」という曲にちょっと近い。ただ、標的となる群集が10年前だったら思いもしなかったタイプの人間になったなぁ。これも自分が歳をとって見えているものや考え方が変化したせいかもしれない。でも、こうして若いときと歳を重ねたときとで歌詞で描くものが変わるってのは、他のアーティストとかを見ていてもおもしろいので、自分もそういうのを自然に書いていきたいなと思う。もちろん、若い時からずっと変わらない視点で書いている人の音楽も好きだけど。そういう人は最初に結構完成しちゃってるんだよね。自分の才能は常に未熟だと思っているので、今は書けないものがきっといつか思わぬカタチで出来るようになると思っていたいんだよね。そういうのも楽しんでいきたいよ。

と、非常に自信のあった新曲なんだけど、演奏的にはちょっとイマイチな感じになっちゃったかな。
俺もヴァースの最初のところカミカミになってしまったし。う~ん、勿体無かった。急遽のアレンジだったとはいえ悔しいな。次回で雪辱したい!

残りの曲は以前と同じセットで。
フリースタイルはね、ちょっとしばらくはライヴではやらないかも。もうちょっとライヴの中に柔軟に入り込めるアイデアが沸かないとあまり安直にはやりたくなくなった。
でも、平日ライヴだと当日リハ無しで本番に入るので、サウンドチェックがてらウォーミングアップ的な感じで短い演奏の中でやるのは良いな。
早いとこ、どんどん新曲を作ってセットをいっぱいにしたいよ。というかもうちょっと余裕をもってやりたいね。
まあでも楽しく出来ました。
モニターの歌の返りが終始小さくて聞こえ辛かったので、何度か声が裏返った。
Castawayの歌のパートとか音程を脳内のイメージの中だけでキープしていたので、同録音源を聴くのがちょっと怖い。


次回、VARRISPEEDSライヴは3/2(土)@歌舞伎町ゴールデンエッグです
マーフィーの会の企画に呼んで頂きました。先日急遽出番がなくなってしまった年末のイベントの振り替えのようなカタチですね。すごく楽しそうなイベントなのでうちらも応えられるよう頑張らないと。

2013-1-5 SET LIST
It's An Outsiderplay(新曲)
② Bye Records
③ Kinky Thrash
④ Castaway



おまけ

意外と今までなかった従兄弟との2ショット。
EVERTYBODY'S ENEMY、HATER、そして新バンドRAGING BLASTでギターを務めている。

3075183581.jpg

【其の一】「トゥームレイダー・アンダーワールド」/XBOX360

明日はこちらです。
うちらの出番はトリで、21:20から。お仕事のあとでも来られる時間かもよ。
出来立ての新曲「It's An Outsiderplay」を1曲目にやります。
是非のお越しを~

1/10(木)「texture」@小岩 Bushbash
■live:
 VARRISPEEDS QUARTET
 PLUGDEAD
 現実
 FLACKS
 and more
■open19:00 start19:30
■adv1300yen/door1500yen(+1d order)


511qwLy0GGLSL500AA300.jpg

トゥームレイダー・アンダーワールド」/XBOX360
(現在:第三章)

なんとなく、長年積んであったこれを始めてみた。

このシリーズはPS1で発売されていた一作目だけしかプレイした事がない。
思い返すと、結構難しかったかなという気もする。そんな心持ちの中スタート。

難しいというのは謎解きに時間が掛かるってだけだな。
アクション自体は今のところ、さほど難しいものはないように思う。
時間をかけてゆっくりとやれば誰でも先へ進めるように出来ているんじゃないのか。

唯一のアクション要素である銃撃戦。
対動物戦なら、ローリングジャンプする撃ち方でピョンピョン飛び跳ねながら撃てばあまりダメージを受けずに倒せる。さらに自動エイムがかなり優秀な上、敵が遠くに居ても照準が出るので、危なくなったらとにかく距離を取れば良い(とれる時は)。
対人戦では、敵も銃を撃ってくるので前に出すぎると即蜂の巣にされてしまうが、A.I.があまり賢くないので、しっかりカバーさえしていれば大丈夫。
ロックオンして、吸着型の手榴弾を投げると簡単に一撃で倒せるのも良い。
基本的に戦闘は爽快感を重視したものになっているように思う。

一方メインである謎解きは、久々にプレイすると戸惑いまくり。
ゼルダやその他亜流3Dパズル系とは一線を画する、トゥーム独特のもので、シリーズをずっとプレイしている人にはお馴染みのものになっているのかもしれない。
が、しばらくやっているとなんとなくこの独特の感じに慣れてくる。「たぶん、ここからこっちに行けるんだろうなー」っていう。
感じとしては「ICO」や「ワンダと巨像」あたりに近いかな。基本は掴まれる場所を探すというところが。
まあ、トゥームが元祖なんだろうけど。

シビアなゲームのイメージがあったけど、今やってみると実はまったり系のゲームだね。
アスレチックを進んでちょっとした謎を解いて先へ進んでの繰り返しで。
昔、友達の女子にトゥームレイダーシリーズが好きで全部やってるって子が居て、「女の子なのにこんな難しいのやって、すごいなー」と思っていたけど、実はアクションの苦手な女の子向けなゲームなのかもしれんね。

3年前のゲームでもグラフィックは今見ても全然美麗。
このシリーズは遺跡の中で冒険しているっていうトリップ感も重要だから、グラフィックの進化の恩恵をずっと受けていられる作品だね。

この先も、まったりと楽しみましょう。

「エレキの若旦那」/Kotaro & The Bizarre Men

61PGNEi3u4LSL500AA300.jpg

エレキの若旦那」/Kotaro & The Bizarre Men

THE COLLECTORSの加藤ひさしと古市コータローの別プロジェクト。ドラムスはSCOOBIE DOのMOBY。もうひとりのギターにTHE JFKのキタシンイチ。

「昭和」をテーマに、テスコのギターサウンドをふんだんに取り入れた楽曲は、60~70年台日本のフレイヴァー満載でとても楽しい。
サーフロック調のインスト曲は個人的にはあまり惹かれないのだけれども、歌ものの出来が素晴らしい。
さすが、加藤ひさしのペンなだけあって安定感抜群。相変わらずの親しみやすいメロディだ。
そんな中でもサイドプロジェクトなだけあって、コレクターズでは聴けないような作風が聴けるのがおもしろい。

一曲目の「伊達直人」。
PODCASTでこの曲の存在は知っていたが、こんなメロディの曲だったのか。
イントロで歌メロを全部ギターで弾いてから歌が入るところが、大変わかってらっしゃるw
良いですね。コータローの歌は正直、コレクターズで聴くものよりもこちらの方が味わいがあって好きだな。そういう意見多そうな気がするのだけれどどうだろう。
ときおり沢田研二あたりを思わせる感じだなーと聴いていたら、2番のサビでガッツリとサンプリングフレーズが入る。ニヤけてしまった。巧いなー。どんな音楽でもサンプリングの仕方にはセンスが必要ですよ。

「引越しするなら」は個人的にベストチューン。
加藤ひさしがリードVo曲なので、一聴するとコレクターズっぽいのだが、サビに入るまでがキャンディーズを彷彿させるような歌メロで特にツボだったかな。
歌詞も初めて聴くとちょっとビックリするような感じ。この曲に限らず本当に楽しんでこのユニットをやっているなって空気を感じられるところが一番の特徴に思うし、そこが一番聴いていて楽しい。

「東京湾オンリーワン」は、山本正之が歌ってしまいそうな歌詞とメロディだ。コータローの歌い方もなんとなく彷彿させる。山本正之も昭和文化からの影響が濃厚な歌を歌っているから当然とはいえ、コータローの歌でそれを感じる事が出来るとは意外だった。ネタの名前を挙げていくところが特に好きかな。

「イカリング」。
一つの食べ物の事だけで一曲歌うというのは、自分が今度書く曲のアイデアでもあったため、なるほど参考になりますわってところもあり。
初期~10年位までのコレクターズにあった、加藤ひさしの持つ露骨に気難しい感じがここ7~8年で柔軟になり、サービス精神を惜しまなくなったセンスが実は一番出ているのがこの曲じゃないだろうか。
昔からコレクターズを日本でのフェイバリットロックバンドとしてずっと聴いているが、この加藤ひさしの変化も凄く好きな部分。昔は昔で良いし、今は今で良い。

「解読不能意味不メール」。
若い女の子から送られてくる、メールを見ても使っている言葉の意味がわからない中年の悲哀を描いた一曲。
ブラックユーモアが最大限に効いていてこれまたコレクターズっぽいところがあるけど、ここまでフザケないので、これもビザールメンならでは。レイ・デイヴィスの影響を思い切り発酵させて出したものがこれかなw

とまあ、特に印象に残った曲だけ取り上げてみました。
とにかく全体的に肩の力を抜いて思い切り楽しんでやったような感じが聴いていて楽しい。
それを基礎体力のあるメンバーでやっているからしっかりと地に足がついている。
Scoobie Doは以前から聴いていたけど、The JFKというバンドは初めて知りました。YouTubeでライヴ映像などをいくつか観てみたら、かなりヘヴィな音で意外だったけど、中々かっこよさそう。ライヴ予定などチェックして都合が合えば観てみたいな。

今月末のキネマクラブのチケットは取ったので初めて観るのがとても楽しみだ。

【其の二】「龍が如く 1&2 HD EDITION」/PLAYSTATION3

51I6xPDWmOL.jpg

龍が如く 1&2 HD EDITION」/PLAYSTATION3
(「龍が如く」クリア プレイ時間:25時間15分)

年末から正月にかけて一気にクリアしました。

相手がインテリ系ヤクザだろうと、全て暴力で解決する男、桐生一馬。
RPG的に露骨なお使いにもめげず健気に奔走する姿は、物語が中々おもしろいとはいえ、賛否別れる理由もわかる。
システムとか、細かい部分にも隙が多く見られるからね。

ただ、それでも自分はこのシリーズの先をもっとみたいって気になったな。
本作は簡単に言えば荒削りって事なんだろうけど、パイオニア的な要素をこれだけ持っていれば体感してみる価値は十分にあるように思う。。
ところどころのしょうもないセンスを笑って楽しめるか、怒るかで評価が変わるんだろうね。
海外のオープンワールド系に国内産のタイトルが真っ向から勝負を挑むのは厳しい状況の中、こういった手段で個性を出すのだって有りに思う。

とはいえ、2005年タイトルのリメイクなのでどうしても旧態然としたシステムとかが気になるのも事実。
修行や闘技場の前に「装備品を外せ」と言われて、いちいちメニューから操作しないといけなかったり、買い物で持ち物がいっぱいだと、「アイテムボックスを整理してから来てください」と言われたり。
我慢出来ないほど酷いってわけではないけれども、今のゲームだったらこんな無意味に不親切な仕様は許されないでしょう。

各章に必ず居るボスキャラ。
これらとの対決までにどれくらい自分のキャラを育てているかが要。
普段、街を歩いているときの、しばしばウザいザコ戦を一応全てこなしていたからか、結構強くなっていてリトライの連続というのはほとんどなかった。
が、これだけ単調な戦闘を繰り返してちょうど良いバランスなのが、実は良いのかどうかという問題もある。
出来るだけトロフィーを狙って寄り道をしながらやって25時間。この間散々やったザコ戦は決して毎回楽しいわけではなかった。が、これでメインストーリーのボス戦のバランスがちょうど良いって事は、ストーリーだけポンポン進めていった人はキャラの育ちが不十分で、最悪積んでしまう人だって居るのではって思ってしまう。
このへんのバランスがシリーズを追うごとにどのように変化していくのか、これから見てみたいね。

このゲームの売りである、独特のミニゲーム。
賭博、パチスロ、カジノ、バッティングセンター、キャバクラ、マッサージ店など。
自分の私生活と同様、そういった事にまったく興味がないので、このゲーム内でもギャンブル、女遊びを一切しなくて、お金の使い道は薬屋で体力回復剤のみ買う。持ち物は常に体力回復剤と防御力のあるアイテムのみという超マジメ桐生でした。
が、一応サブクエストの都合上、あとトロフィー上どうしてもやらないといけない流れになったので取り敢えず、ある程度は頑張りました。が、やっぱり楽しめなかったな。俺は本当にギャンブルに向いていない性格らしいよ。一応トロフィー取ったりする程度は頑張ったけど、全然楽しくなかったもの。
キャバクラは、PS2のリメイクという事で少々見た目かキツかったかな。音声もほぼないのであまりテンションも上がらず。すごい機械的にこなした感じだ。

サブクエストがいかにもどうでも良いものになってしまっているのもどうか。
自分は経験値欲しさにやってはいたけれども、正直おもしろくはなかったな。これに限らずなんで、国産タイトルの寄り道ものっておもしろくないのが多いのだろうか。

と、気になる点ばかり書いたら不服が溢れ出てしまったな。
まあ、それでもついついやってしまうという不思議な魅力のあるタイトルである事を言いたい。
特に、技を全て身に付けてからの戦闘の爽快感は中々のもの。それこそ、会社勤めの中年サラリーマンが帰宅して、ちょっとスカっと一発ゲームやろうかって形で楽しめる、良い意味でのライト感覚も持っている。で、実際日本ではちゃんとカジュアル層に浸透して売れている。
「大人向けのゲーム」と謳っているわりには、トホホな演出が多いのは製作者のセンスなのではなくて、受け止めるゲーム業界が未成熟がゆえの妥協点なのだろう。特にエロティックな部分ね。これは、これから打破していくべき壁なんだろうな。

さて、次は「2」か。
続けてやったら胸焼けしそうなので始めるのはもうちょっと先かな。

1月ライヴ予定

明けましておめでとうございます。

昨年末は直前でライヴが一本なくなってしまうという、初めての経験で中々の痛手でしたが、気を取り直してその分溜まったエネルギーをこちらで燃焼しましょう。新曲はなんとか間に合うと思います。

1/10(木)「texture」@小岩 Bushbash

■live:
 VARRISPEEDS QUARTET
 PLUGDEAD
 現実
 FLACKS
 and more

■open19:00 start19:30
■adv1300yen/door1500yen(+1d order)

うちらの出番は現在問い合わせ中。おそらく遅めの時間。
わかったら追記します。
ライヴ・スケジュール

6/1(木) 新宿 MOTION
6/10(土)鶯谷 What's Up
プロフィール

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム