「ゴッドオブウォー・アセンション」/Playstation3

bcjs37008acket.jpg

ゴッドオブウォー・アセンション」/Playstation3

(難易度ノーマルでクリア)

このシリーズはPS2での一作目とPSPでの一作目だけしかプレイした事がない。
PS2で出たシリーズ一作目は当時衝撃的なおもしろさだった。かつての日本製アクションゲームを順当に進化させたものを海外から出されてしまったような。
のちは「ゴッドオブウォー以後」と言えるような作品が多く出た事から考えてもこのタイトルが世界中のゲーム業界全体に放った影響はかなり大きかったと思える。

そして久々にプレイしたGOW。
まずPS3作品という事でグラフィックの綺麗さに驚くね。「Ⅲ」をやってないから特に。

始めてみると、かつてプレイしたGOWの感覚は変わらず。相変わらずの爽快感。
これでもかこれでもかと濃い演出の上に濃い演出を重ねる。ジェットコースタームービーのごとく息つく暇も与えないほどハイテンションな展開の連続。とにかくプレイヤーをハイにさせる事に全精力を注ぎ込んだかのような進行具合は、正に肉食人種が作ったもののよう。これを待ってました。
シリーズを毎回プレイしている人にとってはさすがにマンネリ感が拭えないと言った意見もあるようだが、久々に触れた自分はこれを全力で楽しんでいます。

「GOW2」から出てきた要素と言われている、パズル的ステージ。
今回は時間を操って、一度壊れたものを再生させたり出来る能力を持つ。
これが中盤位になると中々歯ごたえのあるパズルをさせられる。物が壊れていく(もしくは再生していく)途中で時を止める事によって足場を作って、登ってからまた進行させて違う形を作ったり。
これらが戦闘の合間にあるのはメリハリとしてとても良いと思う。

最終的には満足度が高かったとは言え、疑問の残る要素も。

今回新たに加えられた要素のレイジアタック。
簡単に言えば、敵からダメージを受けずにコンボを繋げると溜まっていくゲージで、これを開放させるとさらなる大暴れを・・思っていたほどはしてくれないが見た目のテンションだけが上がる。
このシステムが必要だったのかどうかは正直わからん。いらなかったと言えばいらなかったかも。

武器が、アレス、ポセイドン、ハデス、といった感じに自分で切り替えて戦えるのは中々おもしろい。
が、一番の要である魔法がアップグレードを最後までしないと使えないというのは残念。
物語の終盤あたりになってようやく全ての属性武器で魔法が使えるようになるのはもどかしい。せっかく爽快感のある効果を持っているのに。

今回初めて実装されたオンラインモード。
レベル5程度までしかやっていないが、おもしろいような微妙なような。セオリーをまだわかっていないだけなのか。それともこの感じは苦手なのか。
協力にせよ、対戦にせよ、もうひとつルールの練り込みや参加人数が変わると一気におもしろくなってくれそうな気はしたかな。次回に期待。でも、これもたまにやると思う。過疎りそうで意外と過疎ってない。

ストーリーは正直なんだかわからなかったな。
まあ、これでいいんじゃないかなと。基本的にこのゲームはクレイトスの残虐ファイトに「フゥー!」っていちいち高ぶるというのが一番の部分だからね。
スポンサーサイト

BOSE スピーカーシステムAM5III

21RWXNTKX9LSL500AA300.jpg

BOSE スピーカーシステムAM5III

高校の頃に買ったコンポをいまだに使い続けているのだが、スピーカーのコーンが劣化してボロボロと崩れ落ちてしまったのが数年前。
それ以来、音楽を部屋で聴くのは専らPCのiTunesとKRKのモニタースピーカーという環境だった。
が、BTOのデスクトップPCゆえ音楽を聴くには駆動音がうるさすぎるというのが嫌だった。モニタースピーカーは音の解像度が高く綺麗な音だが、これで自分の好きな音楽をずっと聴いていると「音楽鑑賞って本来こんなんだったっけ?」という疑問が。

それを解消する一手段として半年前、MarantzのNA7004というネットワークオーディオプレイヤーを買った。
これはPCの駆動音どころか、CDプレイヤーよりも音がしないという素晴らしい製品だったが、コンポに繋ぐスピーカーを買うお金がなかったので、しばらくはモニタースピーカーで我慢する事に。これだとNA7004も本来の味をまったく出せない。

先日やっと5万円前後のスピーカーを買える余裕が出来たので、ショップで色々試聴したりして検討。
JBLも中々良いし、DENONも思っていたよりもいい感じだった。
以前はご贔屓にしていたBOSEは正直言うとちょっと飽きてきていて、なにか違うメーカーのものを買うつもりだったのだが、新居がちょうど天井吊りに出来る場所があったので、自分の部屋で一度天井吊りを体感してみたいという気持ちの一心が勝ち、BOSEの長年の定番AM5IIIを購入してみた。

角度を変えられるサテライトスピーカー。BOSEのブースでは店員さんが熱っぽく語っていた。
こんなの意味あるのかな?って思いもあったが、自分の部屋で試してみたら効果絶大。例えば向きを斜め左右に広げるだけで壁を反射して音に包まれる広がりを感じる事ができた。天井吊りというのも大きくプラス。
大きなウーファーは効果を存分に出すために壁添にセット。

音質は今までのBOSE特有の音質とはちょっと違う、というかグレードが高くなっている印象。
BOSEの音というと、温かみのある低音とやや抜けの悪い高音、全体的に音が丸く塊のように鳴るというイメージがあった。
AM5IIIは思っていた以上に音の分離が良い。やや弱く感じるところはEQで補正。
「思っていた以上に」というのが前提ではあるが上品な音で、古いジャズとかをかけてもかなり品良く再生してくれる。ウーファーもボコボコ鳴るわけではなくごく自然。この自然な感じが素晴らしい。

あまりの良さに軽く感動してしまった。5万円程度でこの音を出せるなら大満足だ。
場所をとらないのも素晴らしい。

NA7004も本来の力を発揮しています。
音楽の聴こえ方が全然違ってきた。前述した疑問も解消されて今は音楽鑑賞が数段楽しくなってきた。あらゆる音楽をこのシステムでかけたい気持ちでいっぱいだ。

ちなみに前回のNA7004の記事で書ききれなかった使いこなし方とか、そのうちまた書きたいな。
色々また発見したので。

「べしゃり暮らし」/森田まさのり

ここ一ヶ月ほどは身辺のバタバタで中々時間が作れない事が多かったが、ようやく落ち着き始めたよ。
ライヴの予定もまた入りだしたので新生活と共に張り切っていきましょう。

昨日は高校のときのクラスメイトが在籍するバンド、AGRESSIVE DOGSのライヴを観に行って参りました。
U.S.ハードコアの重鎮、マーフィーズ・ロウと一緒に現在全国ツアー中。
しかもこの日はEVERYBODY'S ENEMYも一緒だよ。
残念ながらエネミーのライヴは間に合わなかったが、AGRESSIVE DOGSでは久々に同級生のプレイを見る事が出来た。相変わらずタイトでキレも良いギタープレイに笑みが絶えなかったね。当時スラッシュメタル大好きだった自分と意気投合して色んなコピーとかやっていた。その頃から凄い年月が経っているはずなのに、お互い違うシーンでもずっと続けているだけで、懐かしさのようなものは良い意味で感じないんだよ。
マーフィーズ・ロウも高校の頃から聴いていたバンド。たしか3rd位までは追って聴いていたはず。
ちょうど自分が19歳で初めて本格的なバンドに入ったときも音の参考にしたりしてたな。
ライヴは実は初めて観たけど、凄いかっこよかったよ。今更ながらマーフィーズロウをまた大好きになった。
そこそこ長い事音楽を続けているとこんな自分の過去のリンクがおもしろい形で訪れる事があるんだね。こういうときこそありがたく思う。


61kfP7596YLSL500AA300.jpg

べしゃり暮らし」/森田まさのり

これまた友人の薦めで読んでみた作品。

読むまで作者が誰なのかも知らなかったが、これ「ろくでなしブルース」の人なのね。「ろくでなしブルース」は全然ハマれなかったが、果たして今作はどうなのか。

連載が始まったのがゼロ年代中盤という、M-1が最も盛り上がっていた頃(だと個人的には思っている)なのがベストタイミング。
ゼロ年代に起こった今までにない現象として、芸人という存在が身近に感じるようになったという事ではないかと思う。実際は本当のプロフェッショナルになるのは容易なわけはないだろうが、若者で芸人を志す人が増えたのは間違いなくM-1を始めとするお笑い番組の影響。
この物語でも「学園の爆笑王」という閉ざされた世界だけでの人気者な主人公が、その外に出てちっぽけな自分や、あらゆる事を痛感したり青臭い姿勢が逆にベテラン芸人に火をつけたりと、しっかりと少年漫画という体裁にしっかり馴染んでいる。

正直言うと、少年漫画にありがちなこのての「無鉄砲馬鹿だけど、秘めたる才能がある」っていう設定のキャラに飽き飽きしていたので、学園内での動きだけだった序盤はまったくノリきれず。
「6巻までは見てほしいな」という友人の意見がなかったら途中挫折していたかもしれない。

たしかに6巻になると物語が大きな展開を見せる。
主人公は相変わらずダラダラとしているのだが、周りを彩る個性的な脇役達が非常にアツい事になる。
主人公を軸に脇役達が魅力的に映るというのは古き良きジャンプイズム。「Naruto」なんかも正にそう。
この作品もそういう感覚で楽しむものなんだと思ってから見え方も変わってきた。

周りのキャラっていうのはみんな芸人達なんだが、作者がしっかりと取材をしているのか、お笑いのシーンへの理解が深いのか、甘すぎない物語にしているところは現代的で良い。このてのは批判の対象にもされやすい素材であるため、これだけしっかりクオリティを保っているのは中々凄いのでは。
しかも、巻数を追うごとにどんどんおもしろくなっていく。
主人公の成長具合が牛歩なのでまだまだ先は長そうに思えるがゆっくりと楽しみましょう。
ライヴ・スケジュール

6/1(木) 新宿 MOTION
6/10(土)鶯谷 What's Up
プロフィール

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム