【其の一】「グランドセフトオートⅤ」/XBOX360

gta-v-xbox-360-iworldpost-cover-pics.jpg

グランドセフトオートⅤ」/XBOX360

(現在:ミッション10 ストレッチワーク)

自分のGTA歴はかなり浅く、PS1で出てた一作目を軽くやり、初代XBOXで出たダブルパックを軽くやり、PSPの「リバティーシティ」をガッツリやったってところ。
感想としては、会話や音楽、デザインなどの細かいセンスは通好みでかなりセンスが良いものの、ゲームとしてはかなり煩雑な作りという感じだった。でも、逆にファミコン時代のようなプリミティヴな魅力も持っているところもあるなと思った。

前作「Ⅳ」は初のHD機という事で、結構リアル寄りにしてイメージを一新したらしいが結局やらずじまい。
個人的にはこういうオープンワールド型クライムアクションって向いていないのかなと思っていたところ、今作のマルチモードが事前情報でとてつもなく魅力的に映ってしまった。今までにないマルチを体験出来そうで一気に期待度が上がったんだよね。
このマルチをやるためだけにでも買うぞ!
と、思って発売日に購入したが、なんと国内版はマルチがまだ開放されていないとの事。
うぉう!なんのために!
仕方なくストーリーモードを始めてみました。

と、言ってもPSP版を最後にやっていないのだから、かなりの進化をしているだろうと楽しみではありました。
例によってタイトル画面なく始まるいつもの仕様で、いきなり銀行強盗をしているところから。
始めて2分で進行不能バグに陥って不安になるものの、そのあとはそういった事はなし。序盤からあまり意味もなくウロウロしすぎたか。
銃撃戦は現代風のTPSになっていた。敵からのダメージが大きいが、こちらの銃撃はオートエイムなので結構死なない。
そして予想通り、車の挙動も見違えるほど良くなっている。巷の評判では前作の方がリアルだったという意見もあるが。自分的にはちょうどよい。

根本的な部分は変わらずブラッシュアップをされている手堅い出来ってところなのかな。
久々にやる自分には新要素がいっぱいでかなり新鮮ですがね。
例えば、街にいくつかある映画館では15分位の短編ものが観られる。これがまたGTAらしいというかロックスターらしいというか、アメリカの歴史を本編以上にシニカルに凝縮したブラックコメディ。「ドギツイなー」とゲラゲラ笑いながら観てしまいました。

街のテニスコートで出来るテニスも中々良く出来てる。
今のところ難易度ノーマルでやる限り、4種類の打ち方を変えなくても勝ててしまうのはどうかなって気もするが。

PS2の「サンアンドレアス」あたりから出ていた、山岳地帯に行けるのも嬉しいね。
自転車奪い取って、ロッククライミングばりに山の頂上めざして、見晴らしの良い景色のところに行ったらスマホ片手に自分撮り。下町のギャングが下世話な一般人になった瞬間に笑ってしまったり。自分探しの旅か!って。
マップの果ての海に行って、波が打ち付ける東映チックな岩の上に立って日の出を待っているときなんて、「俺。。悪い事もうやめるよ!」と言わんばかり。

過去最大というマップなだけに、踏破しようとするだけで結構楽しかったりする。
この箱庭内だけでも相当な旅をしている気分になれるよ。キャピタルウェイストランドの呪縛も今頃解けたよ。ヌカコーラ飲まなくても良くなったよ!

それはそうと、一度お金出して変えた髪型や服がしばらくすると元に戻ったり買った事になっていない現象はバグなのか?主人公達はデフォルトが残念な見た目なので、ゲームが始まったらいきなり服や髪型を変えてあげるのが俺プレイの習わしなのに。

走行中のラジオ番組もかなり増えたね。
前作はマーフィーズロウのVoがDJをするハードコアチャンネルがあったらしいが、今回もあった。
Circle jerksとか自分の一番好きなあたりのU.S.ハードコアを聴きながら街をぶっ飛ばす快感は筆舌しがたい。
これだけラジオ曲がたくさんあると、シチュエーションによって色々変える楽しみがある。
夜に強盗や殴り込みのときは90's西海岸ヒップホップばかりかかるチャンネルでN.W.A.を聴きながら。
深夜に高速で遠出するときは80'sポップスのチャンネルでSTEVE WINWOODとかかけながらね。
ファンキーな音専門のチャンネルではTHE DELFONICSとかあってちょっと感動したなー。音楽好きならこのシリーズはだいぶ琴線に触れる部分を持っているよね。

車中での会話のセンスも最高なのだが、字幕なので全部追えないのは残念。
全編に言える事だけど、字幕である弊害も結構あるなと。ちょっとしたチュートリアルとかもね。
ここは頑張って全部吹き替えとかにしてくれたらなお良かった。作る方は大変だとは思うけど。でも、日本で売れる数少ない洋ゲーなんだからそれくらいやってくれても良いんじゃないかな。

このゲームって、語られ方が人によって全然違うところが特におもしろい。
ゲーマーからはゲーム的部分が、映画好きや音楽好きはその劇中の中でのチョイスやオマージュセンスが、といった具合に。
実は以前は、そういうゲーマー層以外のところから、したり顔で語れれているところが気に食わないところもあった。でも、今の時代はゲーマーでありながら映画や音楽も好きだったり、その逆もあったりと、所謂ステレオタイプな人間の方が少数派だったりもするので、実はこういった楽しめる切り口の多いゲームこそ最先端なのかもしれんね。ロックスターはその志をずっと前からやっていたわけだけれども。やっと自分もそれを素直に楽しめるようになった。

あとは・・・早くマルチお願いします!!
スポンサーサイト

ドラゴンズクラウン・レストラン@Tapas Blanco

PS4を予約してきましたよ。
新しいハードを発売日に買うってのをした事のない自分でもこれは見逃せない。
「キルゾーン」の新作が出るので、とにかくこれがやりたい!PS3で出た「3」はかなり好きだったからね。マルチ対戦ものでは「BFBC2」の次に好きなゲームと言える(BF3ではない)
日本での発売がアメリカよりも二ヶ月も遅いというのは、マルチ対戦ものには致命的だったりする場合があるって事をわかってるのかね?ソニー。
あと、XBOX ONEね。360贔屓のスタンスでやっていた身としてはこちらの方を応援したい気持ちがあるが、あまりにも惹かれる要素がないので現時点では手をこまねいている気分なのは自分だけではないはず。
現時点では圧倒的にPS4になってしまうなぁ。360とPS3のとき以上に日本での人気に開きが出てしまうのが今からわかってしまう寂しい状況。買うは買うだろうけどねONEも。でも、せっかくならもっと盛り上げてほしいなぁ。新規タイトルの凄いやつ待ってますよ。


PA050026.jpg
秋葉原のタパスブランコというお店で、「ドラゴンズ・クラウン」とのコラボレート企画による特別メニューを出しているとの事で、開催時期も終わりの今行って参りました。
アキバトリムってビルも中は入った事なかったけど、アキバらしからぬ垢抜け方をしとるね。UDXですらヤボったく思えてしまうほどに。

PA050020.jpg
壁からなにから装飾して全てそれっぽくしているのかと思いきや、基本的には通常のオシャレな感じと変わらない。初めて行ったので通常を知らんけどね。
でも、入ってすぐの壁にキャラの大きなポートレートがズラリ。おおー!
オシャレな店内に似つかわしい(と敢えて言い切る)ドラクラのキャラ達がお出迎えしてくれる。

PA050021.jpg

PA050022.jpg
額に入っているとより様になるなぁ。これ、家に飾っておきたいよ。

PA050019.jpg
「特別メニューはお時間が30分ほどかかります」と言われ、ぐげ!となったが意外とすぐ出てきてくれた。
メニューは2つ。ひとつはこのレッドドラゴンのステーキ。
牛肉を鶏肉で巻いてピリ辛ソースをかけたもの。見た目からして食欲をそそるが実際は見た目以上に美味しい。
そんじょそこらのファミレスでは食べられない、しっかりした味だ。値段もそのぶんしっかりしてますが。

PA050016.jpg
もうひとつはこちら。ミノタウロスのタンシチュー
「値段もしっかりしてますが」って書いてて言うのもなんだが、タンシチューが2000円以下の値段だったら破格じゃないのか!って思ったら、たぶんこれはタンではなく頬肉なのではないかと。俺はタンシチューなるものを一度も食した事がないので、一緒に行った連れが言っていたのですが。
でも、味はこれまた絶品。トマトソースとか、よくわからんが色んな風味をふんだんに織り交ぜながらもしっかりと味のレイヤリングを舌で感じる事が出来る。
2品とも、とにかく味付けのセンスがかなりよい。このレストラン自体がセンスが良いのかもしれない。

PA100001.jpg
帰りには特別メニューを注文してくれた特典として、ランチョンマットとコースターをもらった。
現在のうちの食卓はこう。

ゲームとレストランのコラボレーションは今までいくつかあったが、企画ものでも即リピートしたくなるほど美味しいものを出しているとは凄い。物珍しさで釣るような他のコラボ企画に見習わせたい。
それよりもなによりも、「テイルズオブ~」とかじゃなく、「ドラゴンズ・クラウン」という思い切りゲーマー向けタイトルとコラボしてくれた心意気が最高。そして味も最高。
本当に気に入ったので、この料理を別の名前にして定番メニューにしてくれませんかね。

【其の二】「クロヒョウ 龍が如く 新章」/PSP

20100922200911117.jpg

クロヒョウ 龍が如く 新章」/PSP

(難易度ノーマル・クリア プレイ時間:29時間25分)

30時間位プレイしたにも関わらず、20時間過ぎたあたりから「このゲーム、クリアしても自分の中の評価は70点なのは変わらないだろうな~」と思い、その予想はしっかりと当たった。

これ以外だと一作目しかやっていないので一概には言えないのかもしれないが、「龍が如く」のシリーズってずっと荒削りなまんま続編を重ねているのかな?本作も一作目とほぼ同じ印象だったよ。
ストーリーはおもしろいけど、ゲーム部分は単調で奥深さがないっていう。でも、RPGの作業プレイが嫌いではない自分はわりとやってしまうって印象。

ストーリーも、う~ん・・まあおもしろい。実際ストーリーが気になったのでプレイを途中で投げなかった位だから。
でも、本屋の新書コーナーで平置きにされている日本人ミステリー作家のベストセラー作品っぽい、と言ったらバカにしすぎですかね。「誰々は実は誰々の息子でした」とか、「実は~」「実は~」ってのが物語終盤になるとたくさん出てくる。要はサプライズでプレイヤーの興を削がないようにしているだけって感じがね。
それというのも、ゲーム部分から来る不満が多いから、ストーリーがおもしろいってのの一本柱に寄りかかっているように思えて余計気になってしまうのですよ。

バトルの面での話をもうちょっと。
巷でも言われているとおり、つかみからの投げ攻撃がとにかく強い。
章ごとの所謂、中ボスが10人居るんだけど、これらの敵はこちらの打撃攻撃をスイスイかわすか受け止められる。そしてカウンターを食らったりと打撃攻撃はリスクが高く、ゲームが進めば進むほどによりその感じを強めるため、攻撃はほぼつかみからの投げばかりになってしまう。
ラスボス戦なんて、バトルスタイルをゲーム序盤で習得した古武術(つかみからの投げに特化している)に変えて戦ったからね。「ディープダンジョン 勇士の紋章」のラスボスでルーンの石版を久々に使わないと倒せないあれか!って思ったね。
まあ、とにかくせっかくの戦闘が単純なパターン化してしまう浅さに萎えるんですよ。
どうやら続編ではバトルパートの大幅な見直しをされているらしいので、ちょっと期待したいですが。
でも、当分はいいかな。
って、言いながら半年後にはまたこのシリーズをやってるんだよなw
腐れ縁的シリーズになりそうだ。

短編映像「Photo And Me」

短編映像「Photo And Me」
友人が制作した映像作品に主演として参加させていただきました。
一緒に出ているのは、Darklawね。

photo and me from PIXIDEA on Vimeo.



これを題材にした曲も現在製作中。こちらも乞うご期待。
Live Schedule
10/11(金)阿佐ヶ谷 Yellow Vision
11/11(土)鶯谷 What's Up
12/30(土)立川 A.A.Company
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム