【其の一】「バットマン・アーカムアサイラム」/PLAYSTATION 3

ゲーム関係の繋がりのオフ会というものに先日初めて行って参りました。
濃い話は尽きる事なく、帰りの電車で乗り換える瞬間まで楽しい時間は続きましたよ。
みなさん気さくな方達ばかりでありがたかった。これからも仲良くして頂きたい。
そして今後もゲーム内での楽しい絡みもよろしくお願いしますm(_ _)m


batman.jpg

バットマン・アーカムアサイラム」/PLAYSTATION 3

「キルゾーン・シャドウフォール」も一段落し、「インファマス・セカンド・サン」発売までの間に積みゲーでも消化しようと色々ゲーム棚を漁っていた。
やはり未プレイで巷の評判の良かったものをいきたいと思い、360版の「ベヨネッタ」を始めたが、個人的には古臭さを感じてしまい(寝かしていた自分が悪いのだが・・)いまひとつ乗り切れず中断。なにか口直しに別の3Dアクションものをやろうかと手にとったのがこれ。
3Dアクションとは言っても、アクロバティックなアクションを濃縮させた時間で展開させる「ベヨネッタ」とは違い、こちらは探索要素が半分の割合になるものなので、全体的な流れはゆったりとしている。
単に今の自分の気分がこっちよりってだけだったので、スピーディーなのが嫌いなわけではないのかも。
まあ、ともかく。
既に少し前に三作目も出たばかりのシリーズですが、今頃一作目をやっとるわけです。
そして、5年近く寝かした(自分的には購入2年後ですが)アーカムアサイラムは、今やっても現在のゲームに遜色劣らない大変おもしろい内容に思います。

クリストファー・ノーラン以降のバットマンをモチーフにしただけあって、敵との格闘シーンなんかはひとつひとつの動きに重みがある。それでいてそのアクションをシンプルなボタン操作でアタック、受け流しとスタイリッシュに決められる無駄のないゲーム性は優秀な海外ソフトハウスらしい仕事。敵のデザインもエグめなかっこよさでテンションあがります。

バットマンは、敵からの銃器による攻撃に弱いという設定で、素手の相手には真っ向から殴りにいくのに、銃器を持った敵には常にステルスで対応しなくてはいけないという、なんというか・・現実的な志向。負ける戦いに真っ向から立ち向かう愚行は冒さないという。
サクサクと敵を倒していく爽快感のあるものだと思っていただけに意外に思ったが、敵との格闘戦闘、ステルス、探索、という要素を絶妙のバランスで散りばめている作りなので、胃もたれが起こらない。テンションの高さのインフレで突っ走るタイプのアクションへのカウンターを高いクオリティで実現しているのは素晴らしい。

バットマンの大きな特徴と言えば、数々のガジェット。本作ではこれらがストーリーの進行と共にアンロックされていく。
ゲームとしては堅実な作りだろうけど、最初に出来る事がほとんどないバットマンは見た目のリアルさもあってかなんかマヌケに思ってしまうのは自分だけだろうか。親切なゲームシステムがキャラゲーとしては違和感となってしまった稀有な例。基本的にバットマンが好きな人しかやらないだろうから、序盤でもっと突き放してもいいんじゃないかと思ってしまうんですがね。

探索要素は、進行ルートを見つけるものはもちろん、サブミッション的にフィールド上にある隠されたポイントを見つけるものもある。これは、最近だと「トゥームレイダー」最新作にもあったように、収集要素を自己満足だけで終始させないようにちゃんと経験値もくれる。キャラの成長要素に直接結びつけるという点ではわりとこの手法のパイオニアだったりもしたのかな?地味ながら後の様々なタイトルにも影響を与えた要素だったりする。

古い歴史を持つバットマン。自分はティム・バートンの映画版も観ていたが、それこそ「バットマン・ビギンズ」位からの方が思い入れがあるので、本作のターゲットとしてはドンピシャだったりする。
が、本作中の収集物でキャラ図鑑が埋まっていくのを見ると、コミックのバットマンの歴史を学べるデータベースのようにもなっているので、入門者は逆にこちらからバットマンの世界にさらに興味を深める事が出来る。つくづく良きできているわ。

今のところ、隙らしい隙がない本作。さすが全作高評価のシリーズ。
オープンワールドとなる次回作も気になるところですが、まずはこのアーカム刑務所での濃密な時間を楽しむ事にしましょう。
スポンサーサイト

【其の二】「キルゾーン・シャドーフォール」/PLAYSTATION 4

51SapJDuVNLSL500AA300.jpg

キルゾーン・シャドーフォール」/PLAYSTATION 4

(キャンペーン難易度ノーマル:クリア)
PS4からのブロードキャスト配信、全6回でクリアしました。
歯ごたえがあって、楽しいところも何箇所かあったけどクリアしてみるとやっぱりいまいちかな、このキャンペーンは。
銃撃をメインとしたFPSのキャンペーンって、おもしろいものを作るのが実は大変なんじゃないかとこれをやって、ふと考えさせられました。
ただ、漠然と撃って進んでいくだけでは旧世代的すぎるし、CODのように派手な演出を挿入するも今や「COD的」の一言でまめられてしまうほどユーザーが慣れてしまった。独自のアイデアを入れないと個性づけするのが難しい、それでいて定番のキー配置やシステムをまるごと変えてしまう事は出来ないという難儀なジャンルだったりする。
そういう事で言うと本作は、飛行ドローンに支持を出す事で戦略性をもたせてはいるが、やはり全体的には凡百なFPSに終始してしまっていたのが残念。実況プレイによって、観ている方とのコメントでの会話なんかで楽しくやれたが、ひとり淡々とプレイするにはちょっとシンドい出来だ。変なところでストレスを溜めさせられるっていう点では昔の洋ゲーっぽいとも思えた。
それでもバグがあまりにも多すぎるというのはよろしくない。
現在ネット上で報告されているもの以外でも自分はいくつも出会った。特に終盤で敵の飛行ドローンがいくら撃っても壊れないのには本当に参った。ソフトや本体再起動でも治らなかった箇所もあり、そこはうまく立ち回ってなんとか逃げのびたりしたが、飛行ドローンを倒さないと絶対先に進めない場所もあり、何回もソフトを再起動させたり、チェックポイントをだいぶ前まで戻って試したりと、ゲームの出来云々以前の問題がひどいストレスとなった。本来ならばクーリングオフされてもなにも文句言えないレベルなんだろうけどね。酷い話ですよ。
そんな、バグに苦しんでいるときなんかも実況プレイのおかげで盛り上がりの一端になったので結果オーライと言えなくもないが。
ホントにね、ロンチだからってこんな未完成品を売ってはダメですよ。

でも、今回初めてやった実況プレイ。かなり楽しいですね。ゲームをやる人口の多さを改めて実感しましたよ。
一度に観覧している人は20人前後とはいえ、一回の放送で延べ600人近くいった回があったときは驚いた。音楽やっていて、平日のライヴでこんだけの人数を集められるのはプロでもそうそういないでしょう。
毎回観てくださる方も出来たりしたので、今後も色々なソフトにチャレンジしていきます。
それとこの放送をすると、ひとり喋りが結構鍛えられるという事も気づいたので、自分のライヴの練習にもなったりして。


続いてマルチ。
あれからだいぶプレイしました。本作のメインは完全にこっちですからね。
とにかく難しいと思った最初の10時間位だったが、マップも覚え、セオリーも理解し始めてきたら俄然おもしろくなってきた。いまや「3」の方が良かったという気持ちはなくなった。最新作こそ最高です。
最近、DLCで新しい兵科の「反乱兵」というのが増えた。DLCで兵科を増やすという未だかつてない試みはおもしろいと思う。ただこの兵科はとりわけトリッキーな能力を持つものなので、わりと熟練者向きと言えそう。自分は引き続き支援兵をメインとした戦いでいってます。
そう、このマルチは兵科のバランスに関しては全然よくない。復活ビーコンと自動機関砲などを扱える支援兵があまりにも強すぎる。チームの大半が支援兵でも全然勝てるのではないかと思うほどに。実際、他の兵科は趣味的な部分が否めない。
本作のウリであるモード、「WAR ZONE」よりも「TEAM DEATHMATCH」に特化させた兵科にしてしまっているのかな?自分はWAR ZONEしかやらないので他の兵科を使う気にまったくなれません。やはり戦局に合わせて出動させる兵科を変えたいのでこの大雑把は仕様はちょっと残念なところ。
それでも、敵を倒したときの爽快感はクセになる楽しさでついついやってしまう。
次回作ではさらなる進化を期待させつつ自分はそろそろBF4の戦場にいこうと思います。

4/14 Club GOODMAN 終了

今回はVo,Ba,Dsという初のトリオ編成でのライヴという事でいつもとは違った試みをしてみました。
既存曲のギターレスアレンジを2曲。その真ん中に20分近い即興パートを入れて、曲間をなくして演奏。

事前のリハもなくやったので、始まるまでは「どうなるんだろ?」と思っていた。特に即興部分。でも、実際終わってみると、わりと予想どおりだったかな。楽しかったけど。

やはり、聴きどころは即興でしょう。
ロウビートでいきましょうというワンアイデアだけで始めてみたら、ベースが終始オーバードライヴかかったプレイだったため、基本的に極悪路線になりましたw まあ、最近は自分的にサディスティックな音を出したい気分なのでちょうどよかった。ただ、ディストーションサウンドってのはグルーヴをフラットにしてしまうので、一貫性があると言えば聞こえはよいが、もっと色んなリズムの上でやりたかったという思いも。
グルーヴがフラットな分、ニューウェイヴっぽい感じが強かったかな。SWANSとかNYアンダーグラウンドサウンドになった、結果的に。
自分はラップの他にiPadのアプリ、iKaossilatorを使ってみました。わりと良い効果になっていたんじゃないかと自負しております。

3人でやるとこんな感じか。
次回こういう事やったときに気をつけたいところが色々出てきたな。最近のVARRISPEEDSは持ち曲をタイトに演奏するライヴが多かったが、即興能力鍛えていきたいと思っていたところ。チャンスがあれば進んでまたやりたい。

次回VARRISPEESライヴは、5/13(火)@四ッ谷 Lotusです。
初めてのハコですね。どうなるでしょう。

2014/4/14 SET LIST
① It's An Outsiderplay
② Implovisation
③ Circle Is High

Soundcloudがいつの間にか、ウィジェット埋め込みコードがなくなっているので、こちらのリンクで今回のインプロを聴く事が出来ます。

ダースレイダー最新ミックステープ

明日はVARRISPEEDSライヴです。

4/14(月)秋葉原 Club GOODMAN
open/start: 18:30/19:00
carge: adv 1600yen / door 1800yen (+1drink)
出演:華村灰太郎 / Wingwood and Jean / 鼻ホームランの森 /VARRISPEEDS

明日はギターレスのトリオ編成。初めてです。
いつもの感じとは違い、即興要素が大半という構成なのでスリリングになる事うけ合いでしょう。
こんな感覚でライヴに臨むのもかなり久々なので、ドキドキを楽しんでおります。
出番はトリで21:00からですよ。よろしくです。


そしてそして!
私DTが初めてフィーチャーされました。ダースレイダーのミックステープです。
ラップ始めてなにげに17年位経っているのに俺をフィーチャリングしてくれた人って居ないんだよね。以前の相方のRichはいくつか参加していたけど。
そんなわけで、ダースレイダーと一緒にキン肉マンの「キン肉マン・ゴーファイト!」のカラオケに合わせてラップしています。内容はもちろんキン肉マンの事。2人でゲラゲラ笑いながら作っただけあって、一際くだらなくて気に入ってます。わりとこんな感じでやったのって、Psy-VOGUE以来だったりして。友達の家で盛り上がりながら曲を作るのもヒップホップの大切な要素だからね。
そして、このミックスに一緒に収録されているアーティストが、ダースレイダーはもちろんの事、田我流、K.I.T.(ICE BAHN)、HIBIKILLA、そしてマイカデリックの新譜(!)と充実しまくり。この面子に自分のラップが入っている事も誇らしいです。
ダースありがとう!みんな、しょうもないネタ(褒め言葉)を本気のスキルで歌いあげていて最高です。最後のオマタマサコは特にヤバいなーw、元やるまんリスナーとしては。

DARTH'S 37 BIRTHDAY MIX/ DARTHREIDER by Rei Wada on Mixcloud


「Go Fight!!」DARTHREIDER Feat. DTchainsaw
lyrics

(DARTHREIDER)
読んでるだけで脳が腐るか そこから綺麗な花が咲く
青い鳥が飛んでゆく それを突き刺すビックタスク
モップでバラクーダ、ロビンマスク フェイスマスクの上からマスク
ゲゲーッ!これは狂ってる! キャラは読者が作ってる
ゲゲーッ!オーバーボディってなに? 辻褄、存在しない世界
ベンキマン From インカ キスで感じるビビンバ
ヒゲを剃ってるウォーズマン 最後はスカルボースが闘うぜ、まるでラーメンマン
俺たち炎のチャレンジャー
(DTchainsaw)
彩芽も神と崇める、「強力」と書いて強力! 当時、キン肉マンと絡まずして記憶残す 
だからまずはペンチマン くらえ!ペンチクロー!
電池駆動のモーターマン位はイチコロ
次鋒レオパルドン行きます!・・で、1ページで逝ったきりになる 嗚呼…
こんな愛すべきビッグボディチームだが残念ながらスーパーヒーローじゃないのさ
キン肉マン(ビッグボディ)GO FIGHT!!

4/6 BushBash 終了

個人的には前回位から、自分の中でステージングというものにしっくりき始めている。
理由は簡単で、前回からサングラスをかけてみたんですよ。
普段サングラスする事はまったくないし、ライヴでも初めて。が、これがやってみると凄く集中出来てよい。
特にライヴ序盤でまだ気持ちが入りきっていないときなんかは目線のやり場に困る。そんなときもサングラスがカバーしてくれているおかげで落ち着いて出来るし、大胆な動きも出来る。
こんなにも効果があるとは思わなかったので驚いてます。Psy-VOGUEが2人編成になってから、ハンドマイク一本持って歌う事が少なくなってしまったため、意外とどうしたら良いかわからない事があったんですよ。こんな着地ポイントがあるとはね。

そんなわけで、気分もよく中々良いライヴ出来たんじゃないかと思ってます。
ただ、出音は・・、まあハッキリ言うと不満ですね。BushBashで良い音になるときとそうでないときの原因が本当にハッキリわかったので、次回からはちゃんと事前に言えるようになろう。

次回VARRISPEEDSライヴは4/14(月)@秋葉原 Club GOODMANです。
急遽決まったライヴという事で、ギターが欠席のトリオ編成で行います。初です。
セットの大半がインプロになるので、色々とスリリングなシーンが飛び出すでしょうw

2014/4/6 SET LIST
① Bye Records
② In York We Trust
③ It's An Outsiderplay
④ Circle Is High

4月のライヴ予定

今月はこちら。14日は急遽決まってので、追記したものです。

4/6(日)「notie」@小岩 Bush Bash
open/start: 17:30/18:00
charge: adv 1300yen/door 1500yen(+1drink order)
act:
VARRISPEEDS
SL-CISCO
1000pounds
ACT ION MAKER
やるせなきお
the waruinamida

4/14(月)秋葉原 Club GOODMAN
前/\1,600
当/\1,800
華村灰太郎 / Wingwood and Jean / 鼻ホームランの森 /VARRISPEEDS

6日。うちらはトリで、21:20からです。
ますますグルーヴィーかつエモーショナルさに磨きがかかる!(と、自ら自負する)我々のライヴに是非足を運んでくださいな。
14日。この日は初のトリオ編成。Vo,Ba,DSで行います。
セットの大半をインプロが占めます。ラップはフリースタイル。かなりスリリングな内容になると思うので、好事家は是非。
出番は20:30過ぎになる予定です。
ライヴ・スケジュール
7/25(火)東高円寺 二万電圧
7/31(月)新宿 MOTION
8/11(金)立川 AA Company
プロフィール

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム