音大

知っている友人も多いと思うけど、自分は今年の春から音楽学校に通って音楽理論の勉強をしております。
音大と言っても某アーティストの私塾で、少人数で普通の練習スタジオを使ってやるものなのですが。

音楽を始めて20年以上にも関わらず、パンクやヒップホップといった非音楽的音楽、無教養でも形になるタイプのジャンルしかやってこなかったため、音楽性をステップアップしたくとも楽理の壁にぶちあたるというストレスは結構前からあったのです。なにせ、コードもスケールもろくに知らない、ホントに感覚だけでやってたからね。もちろん、自分がやっていた音楽はそれでも成立してしまうところが美学でもあったわけだけれども。でも、このままでいいのか、っていうね。

3年前からバンドを始めて、シーケンスミュージックとの違いを身を持って知った(今でも驚く事の連続)。
そうなると、同時に自分の生楽器における音楽知識の脆弱さも露見したりして。
これじゃまずいから、なんとか独学でも音楽理論を身につけなきゃと思っていたところ、良いタイミングで尊敬出来る先生(アーティストとして大変有名な方)、から学べる機会があったので即申し出てみる事に。

基礎理論に約3年、応用に約2年、計5年という長い道のり。まだ始まって3ヶ月なのでホントに基礎の基礎を丁寧にやっている段階ながら、今凄く充実していて楽しいです。
ノートとって鍵盤弾いて、家帰ったらその日やった事を完全に腑に落ちるまで復習して、ノートを自分にわかりやすく整理して、スケールをスムーズに弾けるよう暇さえあれば鍵盤に触れている。
微妙にわからないときは、授業終わったあとも先生にずっと質問しまくったり。メールで質問したり。

俺、考えてみたらこんなにまじめに勉強しているのって人生で初めてだわw
とにかく、音楽理論を完璧に身につけたいという願望が強いからこそなんだろうね。人間、いやいややった事はまったく身に付かない、もしくは身についてもすぐに忘れるが、楽しくやったもの、自分で選んだ勉強はこんなにも夢中になれるのね。
バンドや、自分の音楽に反映させたいという明確な目的があるのも大きいかも。
いずれにせよ、近い未来の自分が楽しみですよ。
それらの知識を持って作った音楽を早く皆に聴いてほしいし、先生にも自信を持って渡せるよう、良い意味での緊張感を持って今後も音楽を続けられそうだ。
スポンサーサイト

「トライアルズ・フュージョン」/PLAYSTATION 4

LSL1500_.jpg

トライアルズ・フュージョン」/PLAYSTATION 4

古くはXBOX360でリリースされた1作目「TRIALS HD」から始まり、極限までシンプルにした操作性でありながら、挙動の緻密さで毎回結果が変わる精密かつ精巧なゲーム性に感動した。

家庭用としては三作目にあたる今作は約一年前にリリースされた。
発売日に買っていたにも関わらず、流すようにプレイし、「うん、今回も安定だね」位の感想のまま放置してしまっていた。
これはなぜなのか?
それは自分の性格上、発売日を楽しみに待って買ったのに、そのときそういうタイプのゲームをやりたい気分じゃなかったとプレイしてから気づくというなんとも勝手な理由だったりする。「サンセットオーバードライヴ」とかもそうだったなー。そろそろあれ出来るかも。

もうひとつの理由にシリーズものの続編の場合、意外性がなかったりする事が多い。任天堂の近年の作品が顕著だったりするが、これもそう。おもしろいんだよ。おもしろいんだけどあんまり盛り上がらないんですよ。

この二つの理由が同時にくるともう全然ダメ。やる気なし。
で、さらに追い打ちをかける仕様として、のちのDLCを見越して発売初期はヴォリュームに乏しい事。
これは、最近だと「スプラトゥーン」、「マリオカート8」なんかがそうだった。

と・こ・ろ・が・ですよ。
一年位経ってDLCが全部揃って、ボリュームが充実(もしくは想定していたボリュームになった)すると、途端に印象が変わったりする。
これ、少し前だと「マリオカート8」がそうだった。今やると、コースがいっぱいで、それだけで楽しい。
「トライアルズ・フュージョン」の初期ボリュームが少ないと思うかどうかは人それぞれとして、少なくとも現在かなり凄いステージ数になっている。しかも、プラント型で、ネット上で他人が作成したコースをダウンロードして遊べるのもゲームバランスレベルも一年前よりも格段に高くなっていて、どれをプレイしても楽しい。

で、さらに一年も待つと、上記したような「今プレイしたい気分じゃなかった」ってのも解消されるんですよ。なにせ一年経ってますから。プレイしたい気分になるときが必ずある。

結局なにが言いたいかと言うと、こういうシーズンパス付きとかのゲームは、もちろんものにもよるけれども、無駄に高価じゃなくシリーズとして品質に安心感があるものは長い目で見れば大概買ってしまって大丈夫という事だね。
と、こういう書き方すると思っていたよりもつまらない結論のようにも思うなw
とにかく、ようやく「トライアルズ・フュージョン」をホントに気に入れて嬉しいのですよ。数ヶ月前の「マリオカート8」と同じような感覚。
間違いなくシリーズで一番おもしろいと思うし、かなり長く遊べる。

ちなみに、自分はEASY、MEDIUM難易度のコースをミスなく走るというのが一番好きで、HARD以上の根気勝負のやつは正直ちょっと辟易気味。気分転換にやったりはするけどね。俺はわりと本作の爽快感を求めてしまう。

2015/7/17 ライヴ動画

カメラで拾っている音と、P.A.側で録っている音をミックスさせたら今までで一番良い音になった!
これが正解だったか~
グッドマンでしか出来ない手ですが。
なので、珍しくライヴを全編アップ。3つに分けたので順番にどうぞ。

「Waming Up ~Intro」
いつもの、サウンドチェックからシームレスに突入する即興セッション。実は一番わかりやすいファンキーさを持っているのはこれだったりする。


「It's An Outsiderplay~Improvisation~Semi To The Full」
この日一番気に入っている流れがここかな。


「Improvisation~Circle Is High」
やっている最中は、ちとやかましすぎかなと思ったけど、全体の中にこんな流れがあっても良い。ただ、「Semi To~」から続ける即興はこうなりやすいので、もうやめるかも。飽きてきたし。「Circle~」の前のベースソロへの流れはいい感じに出来た。

【其の一】「バットマン・アーカムナイト」/PLAYSTATION 4

71zsQW7dc_L_SL1000_.jpg

バットマン・アーカムナイト」/PLAYSTATION 4

シリーズ一作目「バットマン・アーカムアサイラム」は、自分をアメコミの世界に引きずりこんだ忘れられない一本。アクションゲームとしても、時代のベーシックに影響を与えるほどの革新性を持っていたので、ゲーム史に残る傑作と言っても過言ではない。
そんな傑作を開発し続けたRocksteady Studioの最新作は次世代機専用。驚異的なグラフィックでゴッサムシティーが描かれている。
雨の降りしきる荒廃した街をバットモービルで駆け抜けるだけでも次世代機の凄さを体感出来るでしょう。
そう、発売前に海外レビューで賛否わかれていたバットモービルの導入。これ、自分的にはかなりプラスです。走行モードから、ボタンひとつで戦闘用に変形して、4本足みたいに全方向に走れるようになるんだけど、これがPS1の超名作ソフト「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」のフチコマを操作しているときを彷彿させる感覚だったんですよ!
当時、何周もやるこむほど好きだったゲームだったので、これだけでも無条件降伏に近い。もちろんフチコマみたいに壁に張り付く事は出来ないけれども。

他にも、過去作で不満に思っていた、グライドを繰り返して街を移動するシーンも、グライドブーストというシステムが新たに加わり、一度建物の上に立って改めてグライドしなくても足を地につけず連続で飛行する事が可能になった。これ、凄く待ち望んでいたものなので嬉しい。

システム面もさる事ながら、やはりオープンワールドゲームは、常に最新のハードの最新作ほどおもしろいというのがあって。
これは何度もこのブログで書いている事なんだけども、オープンワールドっていうのはひたすら足し算で進化していくんですよ。それにはハードパワーが不可欠になってくる。グラフィックが良いだけでもおもしろくなる。
その理論どおり、シリーズでは間違いなく一番おもしろいと!・・たぶん・・言える。実は全部やってないんだよね。2作目とか積んでたりする。
やっぱり、オープンワールドはサービス精神ですよ、全て。足し算過剰でも誰も文句は言わない。なので、バットモービルはよし!
まあ、個人の好き嫌いはあるので、否定派が居るのもしょうがないけどね。

という事で、序盤のスケアクロウのグロかっこよさだけでも親指立ちまくりの本作。
今この瞬間に触れなかったらゲーム人生ひとつ損してますぜ!

7/17 Club GOODMAN 終了

久々に4人揃ってのグッドマン。いつも誰かしら欠けている状態で出る事が多かったので嬉しい。
せっかくだからと、今回は即興パートを増やして、来るべきアルバムへの素材としてライヴレコーディングしようと試みました。
結果、ハコ側のミスでちゃんと録れていなかったのだけれども、緊張感を持って臨めたのか、ライヴ自体は中々良い出来だったかなと自負しております。

曲間をなくして、全編シームレスにしたのが思っていた以上にクールな感じになったような。
「Semi To the Full」の始まり方も予定と違ったけど、結果より良くなった。今度からこれにしよう。

今回のは動画撮りは音もかなり綺麗になっていたので近々アップします。

次回VARRISPEEDSライヴは、7/30@渋谷 7th FLOORです。
ミナトさん企画久々。今回やらなかった曲も色々入れて華やかにやる予定です。

2015/7/19 SET LIST
① Warming Up~Intro
② It's An Outsiderplay
③ Improvisation
④ Semi To The Full
⑤ Improvisation
⑥ Circle Is High

「エイジ・オブ・ウルトロンVol.1、Vol.2」/ブライアン・マイケル・ベンディス (著), ブライアン・ヒッチ (イラスト), 秋友 克也 (翻訳)

61Xdpxi-wSL200_.jpg

エイジ・オブ・ウルトロンVol.1、Vol.2」/ブライアン・マイケル・ベンディス (著), ブライアン・ヒッチ (イラスト), 秋友 克也 (翻訳)

映画に先駆けいつものように原作から触れて期待を高める。
とは言っても本作と映画はもちろん別のストーリー。違うとわかっていてもチェックしとくだけで映画を多層的に楽しめる。

さて、ウルトロンと言えば少し前にやっていた(個人的には)駄作アニメ「ディスクウォーズ・アベンジャーズ」でも出てきた、ジャイアントマンが開発した人工A.I.搭載のアンドロイド。
これが、原作だとエグすぎるほどの脅威になっちゃってるんですねぇ。
ソーのハンマーは効かないわ、キャップの首はハネるわ、もう人類の絶望ぶりが凄い。
で、しかもウルトロンのオリジナルは未来の世界から指令を出しているという事で、未来にタイムトリップするアイアンマン達と、ひとり過去に飛んでウルトロンの製作者ハンクを殺しに向かうウルヴァリンというカタチで話が進んでいく。
これ、最初に全部読み終わったときは、あまりのストーリーのぶっ飛び具合に「はあ?」としか思わなかった。意味がわからないというわけではなくて、あまりにも乱暴すぎる展開というか。時間軸とか時空とか、よくわからないけど便利に物語に組み込めるものを当たり前のようにバンバン使っちゃって。
2回目読んだときに、これはこれで結構おもしろいかなと思えるようになった。
というのも、本作の評判はあまり芳しくなく、正直ほとんど期待せずに読んだ事もある。
ハンクを殺してしまった事により、未来の改変が起こるが、科学が発達せず魔法の勢力が強くなっていて、アベンジャーズならぬディフェンダーズの筆頭がドクター・ストレンジだったりとか、笑っちゃう場面も多々あって。

映画を観る上で必須とはとても言えないが、クロスオーバーものの煮詰まり具合も含めて楽しめるのでちょっとした好事家だったらチェックしても損はないでしょう。
少なくとも自分は好き。

【其の二】「ALIEN ISOLATION -エイリアン アイソレーション」/XBOX ONE

289228_xbx_b.png

ALIEN ISOLATION -エイリアン アイソレーション」/XBOX ONE

(難易度:NORMAL クリア)

もたもたとプレイしていたら、「バットマン・アーカムナイト」の発売が迫ってしまったので、スパートかけてクリア。

これは大変おもしろかった!間違いなく、今年ベスト級。
とは言うものの、今年は新作をあんまりプレイしていなかったりして。
まあでも、掛け値なしにステルスゲーの新たな傑作と言えるでしょう。

物語前半こそ、エイリアンに見つかったら即終了だったのが、後半で入手出来る火炎放射器で向かってくるエイリアンを初めて撃退出来るようになる。もちろん倒す事は出来ないけれども、見つかったら即終了ではなくなる。
よって、前半ほどの極度の緊張感ではなくなったと言えなくもないが、エイリアンが複数になったり、地形が複雑になったりと違ったカタチで難易度は維持しているように思う。

ワーキングジョー(狂ったアンドロイド)も電子地雷でシビレさせるのが有効だとわかったあたりから、全身を保護スーツで覆ったワーキングジョーばかり出るようになる。こいつらは、電子地雷、火炎瓶、スタンバトン、それら全てが無効化され、唯一むき出しの顔面に弾を撃ち込まなくてはならない。他のゲームのヘッドショットと違い、本作のワーキングジョーは固いので顔面に何発も打ち込まないと死なない。ショットガンなら至近距離で2発だけれども。基本的にサバイバルゲーなので物資を大量に持ち歩く事が不可なので、銃器の弾がないときに出会うとかなり厄介。全力で走れば撒けるが、大きな足音でエイリアンが来てしまうので無理。
そう、エイリアンの音の敏感さもホントにヤバい。わずかな音立てるだけで「キエーー!!」つって、ダクトから目の前に現れる。その敏感さを利用して、武装兵が居るエリアでこっそりと音がなるものをそいつらの近くに投げると、エイリアンがやってきて一掃してくれたりするのは基本頭脳プレイながらも楽しい。
あと、フェイスハガーね。これもヤバい。地面這ってくるのを撃って倒せれば問題ないけど、撃ち漏らすと顔面にひっついて一発ゲームオーバー。ダクトで這いながら進んでいるとき暗闇からフェイスハガーの声がしてくるとマジでびびるよ。これも火炎放射器が一番重有効なので、冷静に対処すれば酷いリトライはない。
映画と同様にフェイスハガーはエイリアンの卵から生まれる。卵が大量にあるエリアに行ったときは、まだ開いていない卵は近づく前に中距離から火炎放射器。これは、攻略記事など見なくても映画観てる人なら絶対わかるはず。
それにしても、火炎放射器ってマジで便利ね。先日、友人と、「結局SF映画で最強武器は火炎放射器でしょ」なんて事話していたタイミングでのこのゲーム。

エンディングはちょっとビックリするほどあっさりと、しかも「あれっ?これってバッドエンドですか?」って感じの終わり方だったので、分岐でもあったのかと思わず攻略記事観てしまったが本当にこんな終わり方らしい。まあ、この作品らしいっちゃあらしいですけど。

一度も退屈しない、素晴らしい作品だった。
物語展開が、「どこそこに行ってなになにをしてきてください」「行ってみたら部品がひとつ足りませんでした、あそこに行って戻ってきてください」みたいな、あからさまなお使いとも言えるのがときに、「もうちょっと騙してくれても良いのに」とは思ったかな。
巷で、「難易度が高い」と言われているが、丁寧にプレイすればそんなには難しくないと思う。「ラスト・オブ・アス」あたりがクリア出来る人なら余裕でしょう。

エイリアンファンは絶対にプレイすべきだし、エイリアンの映画をまったく知らなくても楽しめる。
意外と少ない、FPSアドベンチャーとして貴重な一本と言えるでしょう。

ラップで参加しています。「Old Paint Box」/Masia 発売中

a0173182875_15151515.jpg

「Old Paint Box」/Masia
bandcampにて発売中(※2015/7/7現在、Paypalは使用出来ません。クレジットカードのみで購入可能です)

長年の友人であるトラックメーカー、Masiaが10曲入りインストゥルメンタルのアルバムを配信リリース。
その中の1曲「Web Swingaz」にラップで参加しています。

かつては、某有名ジャズヒップホップアーティストのレーベルからもリリースしていた(これ言っちゃってよかったのかな?)経験を持つMasiaだが、最近名義を変え一新して初のアルバムを出しました。

自分の書いた「Web Swingaz」は、近年の国民総ネット依存症。特に、スマホでソシャゲやらSNSやらを歩きながらや飯食いながら夢中でやってる、俺から見ると大変気持ち悪い人達を標的にした社会風刺ものとなっています。
フロウはVARRISPEEDSでやっていないようなテクニカルなものに。発声もハイトーンを抑えた初めての感じでやってみました。

アルバム全体通してとても心地よくメロディとリズムの多層性にイマジネーションを刺激されるものとなっていますので、是非買って聴いて頂きたい!

最後にリリック掲載。

Web Swingaz
フリントストーンからの進化、逆走した 人類がストップする今
これは、ネットとリアルの二分割幽霊奇譚
自分のゴーストの影、濃くなるツイッター
死亡フラグの設定を大幅にアップデートされても無意識に集める
ダースベイダーばりのダークフォースが、歩きスマホでお得に多く溜まる
日中、会社でのワークはストイックな頼れる上司を演じるボディ・スナッチャーズ
もしもゼイリブのグラスがあれば、目に映る世界を見て吐くだけだ
「OBEY」と裏に書かれた背面見せて座る 電車の対面のシートにズラリ並ぶ
THEY達がしきりに画面をタッチし続ける 癒やしキャラのパズルをプレイ
真綿で首締める課金制が、神経レベルから堕とす信号の発信源
円滑にしゃべりたいか?つつがなく でも、会話中にググるなカス!
地球を内側から蝕むバグズ育成中 今日もいつものアプリにステイチューン
斜め下向いて歩くなら地面しか見ず、
なにか拾えるパーセンテージ上げたいだろ? Web Swingaz

7/5 Cypher 終了

DTchainsaw+Masia。
初のライヴは当日の約半月前に決定。元々はソロで呼ばれていたものを、一人でやっても予想がつくしせっかくだからと、ちょうど一緒に曲を作っていたMasiaに声をかけ急遽一緒にやる事になりました。

シーケンス&ラップという、オーソドックスなヒップホップスタイルでライヴをやるのは本当に久しぶりで、自分でサンプラー操作しながらラップしていたPsy-VOGUEの頃よりも前、Takuyaが居た頃まで遡らないといけない位長い事やっていなかった。10年以上ぶりか。

初めてながら、付き合いのながいMasiaとのコンビネーションはかなり良かったんじゃないかな。
1曲目の即興なんて、終わるところ決めてなかったのになんだかうまくまとまったしw

先週の金曜日にBandcampで発売されたMasiaのアルバム「Old Paint Box」に収録されている自分が参加した曲「Web Swingaz」。こちらも初披露。この曲についてはまた別の投稿で詳しく書くとして、とりあえず歌詞を間違えずに歌えるか直前までドキドキでした。

VARRISPEEDSのリミックスも2つ。
ひとつは「Semi To The Full」。元々のダブルビートをMasiaなりのレゾンンス強めのシンセサウンドにでよりドゥーミーに。
ヴァースとの間の4小節の間奏はMasiaのトラックコントロールでカオティックになっておもしろかった。
一週間前に打ち合わせたときはMasiaが不安そうだったけど、実際やったらかなり良い感触にお互い満足しました。
もうひとつは「Castaway」。原曲ではドラムンベースのようなオケですが、雰囲気を変えてシティポップ調のシャレオツに変身。
夕暮れが似合うような、ゆったりした感じでリリックとの融合性も高く、これまた中々気にいってます。

最後に今年の2月に発表したソロ曲「タイタンとの戦い」。
これは、以前「キルでいこう!!」をやったときと同様に店内のスクリーンに映像を映して歌う。まあ、見た目カラオケボックス状態と言えるが、一応全部自分で作ったものなのでw
これ、まさかライヴでやる機会があるとは思わなかったので、ひとりでは歌えない仕様になっているんだよね。なんとか自分の声を重ねたり、お客さんに歌わせたりして凌いだ。
そう、お客さんが歌ってくれたんだよ!あのフックを。ありがたいですね~、あたたかいですね~。コール・アンド・レスポンスなんて、最近やれるノリのライヴやってなかったから新鮮で楽しかった。ある種、Psy-VOGUEのノリに近い事を最後にやったような感じかな。

おかげさまで大変盛り上がって頂き、普段棒立ちで観られるのがデフォルトのライヴばかりの中、こんなのも楽しいなと。同時にヒップホップフォーマットにより近いスタイルでのライヴだったので、既存スタイルは強いなと複雑な気持ちも若干混ざりつつ。
でも、Masiaとのコンビは良かったので、今後もDTchainsaw+Masiaでのオファー、ワクワクしながらお待ちしてます♪

次回のライヴはVARRISPEEDS。7/17(金)@秋葉原 Club GOODMAN。
こちらも急遽決まりましたが、純編成の4人でやります。よろしく

2015/7/5 SET LIST
① Improvisation
② Web Swingaz
③ Semi To The Full (Remix)
④ Castaway (Remix)
⑤ タイタンとの戦い

7月のライヴ予定

今月は、VARRISPEEDSで2本。Masiaとのデュオユニットで1本となります。

7/5(日)@秋葉原 Cypher
18:00~23:00
Charge:?
出演:DTchainsaw + Masia

7/17(金)@「NATIVE TRIPPERS」@秋葉原 Club GOODMAN
前\1,800当\2,000
出演:VARRISPEEDS/多火油機団 / パッションパッションパッション / 他

7/30(木)[M☆N☆T 20150730][@渋谷 7th FLOOR
・OPEN18:30 / START19:00
・前売2000円/ 当日2300円(Dr別)
<出演>
VARRISPEEDS
・カナリヤの咆哮
・赤尾充弥
・TROTRAD
・ひとりだにえるず

5日はトラックメーカーMasiaとのデュオユニット初ライヴです。
元々はソロでやる予定だったんだけど、予想つきすぎていまいち気持ちが盛り上がらなかったので、ちょうどコラボ曲もリリースされるタイミングという事もあってMasiaをトラックマニピュレーターとして誘ってみました。
セットリストを先に公開してしまいましょう。
① Improvisation
② Web Swingaz
③ Semi To The Full (Remix)
④ Castaway (Remix)
⑤ タイタンとの戦い
ライヴと同じタイミングでリリース予定のMaciaのアルバム「Old Paint Box」から1曲。あとはVARRISPEEDSの曲のリミックスヴァージョン。そして!ライヴでやる事になるとは思ってもいなかった「タイタンとの戦い」も初披露します。もちろん映像付きです!こんな機会は滅多にないですよ。
出番は20:30です。

17日は急遽決まりましたが、4人でやります。
出番はたぶん遅め。

30日は7th Floor。
この日はVARRISPEEDSで。今やっている「Castaway」の見違えるようなアレンジが完成させて臨みたいと思います。
出番は20:40頃

※両日とも、いつものようにビデオ撮影してくれる方は先に申し出て頂ければエントランス無料です。
カメラはこちらで用意します。特に5日。知り合いが誰も来ない可能性あるので誰か撮ってー!
ライヴ・スケジュール

6/1(木) 新宿 MOTION
6/10(土)鶯谷 What's Up
プロフィール

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム