ROLLINS BAND/「Come In And Burn」

ciab.jpg

Come In And Burn」/ROLLINS BAND
ロリンズバンドを改めて今一度ちゃんと聴いてみようと思ったきっかけがこれ。
数ヶ月前に中古で安く売っていたので、なんとなく購入して聴いたら、思いのほかよかったので。
で、改めて「End Of~」から順番に聴いていっての感想。

前作は、前々作を踏襲して、よりヴァリエーションを持たせた作りだったが、今作ではまた若干の変化が見られる。
基本的には揺るぎない個性の元に作られているので安定感はあるが、以前がBLACK FLAGの一部分を拡大解釈していたのに対して、今作は当時のオルタナロックの影響をちょっと受けたようなところも随所に感じた。
と言っても主にインストゥルメンタルパートに言える話なので、ロリンズ自体は特に変わったところはない。さらに抑えた歌い方をしている位かな。
ギターのセンスが、ややわかりやすくなったこと、ベースが以前ほどグリグリとウネるように弾かなくなったことでそんな印象になったんじゃないかな。
それでも、フレーズの一個一個のセンスは相変わらずよく、そんじょそこらの若造に出来る代物ではないので、日和ったような感覚はまったくない。
そういや、前作からのベースの人はRonald Shannon Jacksonと一緒にやっていたツワモノらしい。ロリンズバンドの一筋縄ではいかないようなセンスはこういったおもしろいバックグラウンドにあるのかな。

まだ聴き込みが足りないのか、前2作に比べると単体で印象に残る曲がない。そういうのも含めて、このバンドのディスコグラフィーの中でどういう存在なのかも後のアルバムを聴けばわかってくるような気もする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Live Schedule
10/11(金)阿佐ヶ谷 Yellow Vision
11/11(土)鶯谷 What's Up
12/27(水)代官山 UNIT
12/30(土)立川 A.A.Company
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム