「トランスフォーマー」

img00161828173.jpg

映画「トランスフォーマー」をブルーレイで観賞。

これが公開された当初、乗り遅れて観られず終い。家でソフトで観るんだったらどうしてもハイデフ環境で観たいなと思い、最初はHD-DVD版をドライブごと購入してしまおうかと思っていた。それがしばらく経つとブルーレイでの発売が発表されたのでさらに待つことに。
そうして買ったはいいが、積んでいたら今度は続編が発売され、さすがにそろそろ開封しようやって事で、この間の正月にようやく観てみました。

まずは再三巷で言われている映像の凄まじさ。これは正にハイデフ環境でこそ真価を発揮する出来映え。とにかくスピーディーな映像が多い。特に戦闘シーンでトランスフォーマーが吹っ飛ばされたり転がったりといった展開は圧巻。
トランスフォーマー達のボディの質感も相当こだわったのか、重量感、というか鉄感が凄い言った方が合っている気がする。ウェザリング具合もよし。
ほぼ全編CGなんで、方法論自体に好き嫌いがわかれそうだが、ここまでやってくれると清々しい。

とにかく映像が素晴らしく、そこが肝の映画である事は間違いないが、始まって最初の30分、派手なシーンはまったくないにも関わらず、個人的にはかなりツボに入ったというか心許してしまう展開だった。
学校でも目立たない、ちょっと変わり者のチビである主人公。授業中の自由研究(?)の発表をしても先生からも変人扱いされる始末。
それでも、アメリカンナードの文法どうり、ジョックスの彼女に恋してしまう。
イカした車を持っていなきゃ、彼女に相手にされないよ!という事で、中古車の店に行くが予算がないので、その中でもボロボロの車を買う(実はそれがトランスフォーマー)。
そして、ジョックスと彼女が痴話喧嘩をしている隙を見計らって、そのボロ車で彼女の元へ行き勇気を出して誘うという。
こういうモテない男の子がジョックスを凌駕するっていう童貞的センスってアメリカならではで、大体監督の学生時代のトラウマに基づいている場合が多い。
古くは「13日の金曜日」で、外でセックスし始めたカップルから最初に殺されていったり、「スパイダーマン」の一作目で特殊な力を手に入れた瞬間いじめっ子に復讐しに行ったりとか。
まあ、マイケル・ベイ監督は学生時代もモテていそうだけど(笑)

とても楽しめたし、いい映画だったけど、自分が子供の頃この映画と出会っていたら、もっと心の一本として残っていただろうな、なんて思いもあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Live Schedule
10/11(金)阿佐ヶ谷 Yellow Vision
11/11(土)鶯谷 What's Up
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム