2/21渋谷屋根裏終了

「もぐら山荘☆決起集会 モギューム1」、無事終了しましたー!
ご来場してくれたみなさん、出演者、主催者のバンド、撮影隊、シブヤネのスタッフの方々、どうもありがとうございました。みなさんの協力なしではこの日はここまでの成功はなかったように思えます。本当に感謝です。「一丸となる」という言葉をこれほど実感した事はなかったです。そしてそれはとても強靭で全てに誇れるパワーを持っているということも。
今回、disk-3、EMPEROR、TropeN、Psy-VOGUEという4つ合同でイベントを進めるという初の試みだったわけですが、とにかく心強かった!正直、俺なんて準備段階でそんな大した事やれてないよなー。
女子陣が作った特製フード、もぐメシ&もぐ汁は本気で絶品の一言!これがセットで¥300とは!最後のEMPERORがやる頃には完売してしまいました。

ここらで順番に自分なりのレポート
●TropeN
実は観るのは久し振り。
ここ一年くらい、相当試行錯誤を続けてきていて、ここにきてまた繊細な歌と緻密なシーケンスという原点に立ち戻ったようです。そのせいか、以前よりも格段に重さ、安定感が増した気がしました。
この日は轟音のバンドが多い中、TropeNの存在はアクセントとしてもとても良かったんじゃないでしょうか。BOOWYのカバーはダブアレンジ。これは相当素晴らしかったです。方々でも大評判でした。また聴きたいなー

●disk-3
ステージの前面にありったけのアンプを並べるヴィジュアルはシビれる。
観るたびに演奏時間が短くなっているけど、この日は5分くらいで終わったな。グラインドのライヴ並だw
本人達は意図してかわからないのだけど、disk-3の音って、轟音の中にうねるようなベースが周期的に混ざっているんだよね。これが一筋縄ではいかない彼らのサイケ感。
ちなみに撮影隊時崎氏が、かなりお気に召していたようです。

●春日井直樹と午前0時
セッティング中、ステージ中央に銅鑼をブラさげている姿を見て、「嗚呼、ついに俺も春日井さんと一緒にやる事が出来たんだ」と感慨に耽っておりました。
今回、リズム隊をガラリと変えて、ベースはウッドベース。ドラムにいたっては、大太鼓とスネアとシンバルとドラム缶だけ、そして当然それらをスタンディングでぶっ叩く!という、ただならぬ編成。
曲はいつもと変わらぬながら、最後の曲なんかはシンプルなリズムの高揚感がヴェルヴェッツみたいで、今までで一番かっこよいアレンジに思えました。
相変わらずエンターテインメント心に溢れたステージングはとても勉強になります。

●父親タイガーマスク似
今回、初めて拝見しました。
とにかくエネルギーの塊のようなスタイルで、なるほど、これがウケないわけがないと思わされたり。荒削りなようでも、演奏は相当しっかりしていて、だからこそなんでもやれてしまう余裕があるように思えます。
個人的に好きだった点として、メインVo以外にも他のメンバーほとんど全員が歌うシャウト気味の声が、全員かっこよい事!声の爆発力だけでも相当燃えますよ!
とても刺激を受けました。また、一緒にやれる機会がよろしくお願いしたいです。

●EMPEROR
EMPERORの作る世界観というのは、本当に濃厚で幻想的。それでいて激情的。
シブヤネで観るのは初めてだったけど、さすがシブヤネで普段からやっているだけあって、出音、照明の感じなど全てが完成されているようで圧倒されました。グッドマンがデジタルな音質なのに対してこちらはアナログ感の強い音というか。個人的にはシブヤネで観る方が好きかな。
音が出た瞬間、架空の情景の中にフワっとトリップさせてくれる気持ちよさ。
CDも聴いて曲も覚えたから、生で体感する迫力をさらに感じる事が出来ました。


我々Psy-VOGUEは今回、公開リハーサルという形式で始める予定でしたが、客電の具合など現場に来て初めてわかったモロモロにより、ちょっとイメージどおりにはいかないなと思って、急遽Richとのフリートークから導入する形式に変更しました。実は万が一を考えて、それ用のアイデアも練ってあったのです。そんなわけで、「中二病」というキーワードからトークを繋げて「Microphone Betrayer」のスペシャルヴァージョンを客と共に練習。うちらが言った様々なワードの後に「ビットレイヤー!!」と客に掛け合いをしてもらうというもの。

「むかつく先公!!」→「ビットレイヤー!!」
「今のメタリカ!」→「ビットレイヤー!!」
「ミュージックマガジン!」→「ビットレイヤー!!」
「ロキノン信者」→「ビットレイヤー!!」
「ナンバーガールみたいなバンド!」→「ビットレイヤー!!」
「ZAZEN BOYSみたいなバンド!」→「ビットレイヤー!!」
「古谷一行の息子!」→「ビットレイヤー!!」
「松田優作の息子たち!」→「ビットレイヤー!!」

みたいな具合に。できるだけ皆がシンパシーを抱けるようなやつを言ってみましたw
そして本番。リハで皆に練習してもらったサビを全員で中指を突きたてさせて、感動的なまでの合唱が成功。いや、マジでちょっと感動したよ。
リハの最後には、ちょうど1999年2月、Psy-VOGUEが初めてライヴをやったときに披露した、「俺たちのリハーサルはこんなにも凄いぜ!」という事をひたすら歌った曲「リハーサル(King Of Rehearsal)」を10年振りに歌う。Takuyaもいない頃に作った曲なので、当時流行っていたノリエガの「スーパーサグ」に乗せて(笑)。久々にこのトラック聴いたけど、今聴くと、もう中止にしたくなるくらい酷いトラックだなこりゃw まあ、これはネタだから。
本番はちょい短い時間だったので、わりと固めなセットで。最近のセットにしては遊び心がなかったかな。新曲2つも省いて、代わりに半年ぶりに「Nerds Got The World Ver.3.0」とかやりましたよ。「WAXTRAX~」も最近はやらんしね。
鼻水を垂れ流しながらやっていたら、終盤溢れ出た鼻水が振り子のようにブランブランして、まことちゃんのようになった。

Psy-VOGUEの次回ライヴは4月の終わりまでないです。この時間を活かして音源つくりに集中しますが、金曜日の夜とか土曜日だったら、急なブッキングでも大体対応出来ます。誘ってやってくださいな。
一応、次回Psy-VOGUEライヴは4/24(金)@秋葉原 Club GOODMAN
なんと!ドラびでおと対バンです!この日はすごい事になりますぜー!

2009/2/21 SET LIST
~リハーサル~
① フリートーク
② Microphone Betrayer
③ King Of Rehearsal
~本番~
④ Psy-ren
⑤ WAXTRAX No.1
⑥ Full Fuel Hungry
⑦ フリーパート 伯
⑧ フリーパート 惑
⑨ Microphone Betrayer
⑩ Nerds Got The World Ver.3.0

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Live Schedule
12/27(水)代官山 UNIT
12/30(土)立川 A.A.Company
1/16(火)東高円寺 二万電圧
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム