まとめレビュー 「GRAVITY DAZE」「ラストストーリー」「アークライズ・ファンタジア」

一個のエントリーで一本ずつ取り上げるほど書く事はないが、一応やった記録としてこういう形のものも今後定着させてみようかと。
ただ、これらは途中でやめているソフトです。
途中でやめているのはそれなりの理由があるので、どれもネガティヴな文が少なからず入ってしまいます。

51obmRx4YBLSL500.jpg

GRAVITY DAZE」/PSP VITA
これはVITA本体の個人的キラーソフトである「ペルソナ4ゴールデン」が発売延期して6月という事になったので、一度もVITAソフトを起動していない本体がもったいなく思い、購入したもの。とは言っても現在出ているVITAソフトの中では一番おもしろそうに思えたので結構期待はしていました。
オープンワールドを自由に飛び回る。でもその飛び方が特殊で、重力を自分だけ変換させて落ちる方向を変えるという。
オープンワールドゲームにおける移動方法は重要で、その過程も全体のおもしろさに直結する。そういう意味ではこの作品はかなり突出しているし、ゲームとしての必然性もあるように思えてとてもよかった。
が、それ以外が結構凡庸だったりして。
敵の倒し方が重力キック中心だったり、サブクエストがタイムアタック的なものばかりだったり。
メインクエストも、自分的にはあまりピンとこなかったかな。世界観は個性的なんだろうけど、あまり好みではなかった。序盤の主人公の「私、記憶喪失だけど、街の人のお手伝いをしちゃおう!」って動機も「?」としか思えなかったし。
ゲームにおける刺激を極力まで排した結果、優等生だけどおもしろみにかける作品になってしまったような。
まあ、色んな意味でとてもソニーらしいゲームにも思いました。
続編が出たら期待したいかな。


51PiAkY9VhLSL500AA300.jpg
ラストストーリー」/Wii
安かったのでなんとなく購入。
坂口さんが作ったリアルタイム戦闘のRPGという部分にはとても興味があった。
シンプルな戦闘システムは悪くないように思えるが、キャラが、特に主人公がまったく魅力的に思えなくてハマれず。
「これからのRPGはコマンド選択式ではない」という、海外主導的発言には遺憾はないが、それでも国産RPG特有のシステムにおける贅肉感が払えていない印象。
自分は、国産RPGが嫌なわけではなく、そういったもので新作でおもしろいものをやってみたいという気持ちはあります。でも、これは中途半端かな~


61e684OBhvLSL500AA300.jpg
アークライズ・ファンタジア」/Wii
「ラストストーリー」が未消化だったので、口直しになる国産RPGを、って事で積んであったこれを。
キャラも魅力的だし、ストーリーもおもしろい。戦闘システムもシンプルながら奥深く、育成システムもしっかりしている。
なので、ほぼ非の打ち所がないように思えるが、ただ一点だけ不満が。
それは、中ボス戦が毎回キツすぎな事。
ファイナルファンタジー以降は度々見られる、雑魚戦と中ボスでの強さの落差。
これはギリギリの線で許されるか、理不尽かが決まるものだと思っています。
「アークライズ~」は残念ながら後者かな。
中ボス戦では必ず、敵は1ターンに2回以上攻撃し、それが1キャラに集中するとどんなに強くても死亡確定。リザレクトボトルという復活アイテムを戦闘中に終始使う展開に。
ボスの強さが、なんというか安直なんだよな。RPGなんだから、強くなったら勝てそう、今度戦略を練り直せば勝てそう、って思わせてくれない。リトライさせられる度にやるせない気持ちにしかならない。
こうなると、「デモンズソウル」とか「世界樹の迷宮」って相当よく出来ていたゲームだったんだなー。あれは何度やられてもまた最初から始めたい気になったもの。

「アークライズ~」は、この一点をのぞけば本当に楽しい作品なのに、作者の変なこだわりが出てしまったのか、残念な印象に終わってしまった。
これを開発したイメージエポックは、このあと「JRPG」という言葉を掲げて「最後の約束の物語」とか、中々おもしろそうな作品を出しているのだが、この「アークライズ~」のせいで事前の印象がよくなくなってしまった。実際、戦闘の理不尽さも巷ではよく言われてしまっているし。
ん~、個人的には「テイルズ・オブ・ヴェスペリア」以来のおもしろさと思えた部分もあっただけに残念。


まとめレビューというわりには思ったよりも長い文章になってしまったw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライヴ・スケジュール

6/1(木) 新宿 MOTION
6/10(土)鶯谷 What's Up
プロフィール

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム