映画「おおかみこどもの雨と雪」

8b47684f8a4e66e9e7f1b960b97468c0.jpg

劇場にて、映画「おおかみこどもの雨と雪」を鑑賞。

個人的に、「時をかける少女」はまあまあだった。あまり期待せず観た「サマーウォーズ」はとてもおもしろかった。
そんな細田守監督の最新作。巷の評判が激しい、色々と。
そのせいか気になり先日、時間もあったのでちょっと観に言って参りました。

結論から先に言うと、今まで観た日本のアニメ映画でこれより良かったものってあったっけな?って思う位に良かった。
ここがいい!と細かい話をしたらキリがない。
ほんのちょっとしたキャラの感情だったり、土地の空気感なんかをさりげなく描いていて、その積み上げによって次第に劇中のキャラ達に本当に息吹が宿っているように感じてしまうし、その場所に自分が今居るかのように思ってしまう。この世界が生きている、今時間が流れているという事がこんなにも心地よいのか。
終わって欲しくない。ずっとこの時間の中に居たいと思う位に引き込まれた。

引き込まれると言うと、物語が凄くおもしろいのかと思われそうだが、話だけ取ったら別段派手でもない、子育て物語と言ったところ。取り立ててとんでもない大事件が起こるわけでもなく。
でも、前述した、細かい表現の積み重ねによってわずかなものにも凄くドラマ性を与えている。しかも言葉少なに表現されているところがまた良い。
なので劇中、思わず涙が出そうになってしまう所が何箇所かあったが、一体なにに感動しているのか自分でも具体的に説明出来ない現象が起こった。
なにか大きな事ばかりが起こったり、刺激的なシーンやセリフばかりでドラマ性が作られるわけではないという、映画の素晴らしさのひとつをこの作品にも見ました。

表面的に見たら非常に地味。派手派手だった「サマーウォーズ」とは対極の作品のようでも、この監督ならではの感触というものがありますね。それがなんなのか巧く説明出来ないけれど、強いて言うならこの健全な空気感なのかな。同じ健全な空気感でもジブリのそれとは違う、細田監督独特のものがある。
批判する人はここが苦手なのかもしれない。

でも自分的には久しぶりに、劇場で観る必然性を強く感じた日本アニメ映画という事で本当に心に残った愛すべき作品となりました。
「時をかける少女」、もう一回観てみようかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Live Schedule
10/11(金)阿佐ヶ谷 Yellow Vision
11/11(土)鶯谷 What's Up
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム