Mac Book Pro 13インチ: 2.9 GHz

208130apple.jpg

Mac Book Pro 13インチ: 2.9 GHz

一年位前から考えていて、ついに先日買いました。

最初は、動画編集をMACでやろうと思ったのがきっかけ。
「キルでいこう!!」シリーズに続くゲーム系の曲を量産するため、動画編集は今後自分たちでやっていく事でよりフットワークが軽くなるだろうと。
今年に入ってPsy-VOGUE自体がなくなってしまったが、そのあとに組んだVARRISPEEDSがバンド編成という事もあって、音源を作るためには、スタジオにPCを持ち込めるようにしないといけない状況になったので、いずれにせよMACは予定どおり買う事に。

実はこれ、自分にとっての初MACです。
なので、過去の機種からの比較とかもちろん出来ません。そういう記事を期待して見た人あしからず。

1998年に初めてPCを買ってから、WINDOWSだけしかやってこなかった自分には、想像はしていたけどだいぶ操作やその他に戸惑っている。
WINDOWSで当たり前のようにやっていた操作が全然違かったりしてね。文字を打つにも「ぁ」って小さいカナをWINDOWSなら「LI」だけど、MACだと「XI」だったりとか。もうヨチヨチ歩きのような状態ですよ。
「使いづれえなーなんだよこれ」って思いながらやっていたけど、数日もすると結構慣れてくるものでね。
まだサクサク扱えているとは言いがたいが、これ、慣れてくればPCをいじる事自体の楽しさはMACの方があるんじゃないかと思えてくる。なんとなく、そんな評判を友人達から今まで聞いてはいたけれども。

VARRISPEEDSのイベントトリロジーも終わった事で一段落した事もあり、ゆっくりと曲作りをしようという心境になったら、バンドの曲以外にも改めてゲーム系の曲を個人的に作るのもいいかと思った。
なので、MACでの動画作りというものにまず取り組んでみた。

映像関係の仕事をしている友人にFINAL CUT PROを薦められたが、ここはひとつバンドルのiMovieで試してみる。
今までちょっと使っていたXPのWINDOWSムービーメーカーとは機能が桁違いだな。すごく使いやすいし、作業していて楽しい。
が、自分の目的である、ゲーム動画を編集となると色々と問題が出てきた。
まず、キャプチャーをWINDOWSでやっているので、無加工の状態だとAVIファイル。これをMACで読むためMP4にするわけだが、なぜかiMovieにインポートしようとすると異常に時間がかかる。わずか2分の動画を一個インポートするのに5時間とかだよ。QUICK TIMEを使って、MOV.という形式にしても同様。他色々試したけど変わらず。
長い時間かけて読み込んだファイルは快適に編集出来るが、書き出しの段階でまた問題が。
出来た動画は最終的にはYOU TUBEとニコニコ動画にアップする。その際にサーバサイドエンコードで画質を落とされる事を回避する処理を行わなくてはならない。この環境は今年の春ごろに色々勉強してWINDOWSの方で整えた。でも、WINDOWSに戻すにはもう一度AVIファイルに戻さなくてはならない。で、iMovieでAVIにして書き出すと画質が全然良くないんですよ。こんなのとてもアップ出来ないってほどに。
ここ数日、MACでAVIファイルを扱う方法を色々調べたけど、自分が考えているクオリティの画質を保つのはほぼ不可能なんじゃないかと思えてきた。
なので、ここはWINDOWSの動画編集ソフトを調べてみる事に。
有料のものでも一万円弱。MACより安上がりかなと思いお試し版をいくつか使って書き出す。
が、ダメです。最近はYOU TUBEやニコ動にソフトから直接アップロード出来るものもあるけど、扱うのがHD画質だとこの程度じゃだいぶ劣化させられちゃっているんだよね。
で、色々と試行錯誤したあげく、今までサーバサイドエンコードを回避するために使っていたaviutlというフリーソフトにプラグインを入れて編集機能を付けるというのが最良だと今さっきわかった。加工して書き出したファイルをアップしても当然画質は良いし。もっと早くこれにしておけばよかった。MACに期待したばっかりに。。。
でもね、出来ればiMovieを使って作りたいんですよ。前述したように編集していて楽しいのは断然iMovieの方。
Winのソフトもいくつか試してみたけど、なんか味気ないか、もしくは小難しい印象をなくすためか、過保護っぽい画面で「バカにしているのか!」って思うような感じだったり。画面に大きく「アップロード中です」って出たりとかね。文字を大きくすると頭悪いソフトに見えるのはなんでなんだろうな。
Macにも一応、キャプチャー機器はサードパーティーから出ていて、それでも出来そうな気はする。iMovieやFinal Cutにも対応しているから作業は楽なんだろうけど、最終的にWinのaviutlほど優秀にエンコード出来るだろうかという不安がある。キャプチャー機器は25000円もするから失敗したくないし。まあ、お金に余裕のあるときにでも買ってみようかな。Macで作業はしてみたいし。

そんなで、結局今のところMacは使わずに動画製作の環境は整いました。
次は音楽製作。これはMacでないと出来ない。Bootcampを使って、今まで使い慣れたCubaseを入れてしまう事も考えたが、やはりここは心機一転でAbleton Liveを導入しましょう。同じバンドのエウキット君も使っているし、他にも友人で使っている人も多いからね。
MPCをメインとした曲作りは変えないと思うけど、PCでビートを組むのもそろそろやってもいいかな。

iPadを買ったときと同様に、買った瞬間は感動とか衝撃があまりないんだよね。
知識が増えたり、次第に使いこなせるようになってくると知らないうちに自分にとって必需品になっていくというか。
Mac Book Proも一年後位には手放せない存在になっているんだろうな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Live Schedule
10/11(金)阿佐ヶ谷 Yellow Vision
11/11(土)鶯谷 What's Up
12/27(水)代官山 UNIT
12/30(土)立川 A.A.Company
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム