「スティール・ボール・ラン」第3巻まで

jojosteel3.jpg

「スティール・ボール・ラン」第3巻まで

ジョジョブーム未だ止まらず。
先日、第六部「ストーン・オーシャン」を読み終えた。これはかなり良かったですよ~。

スタンド能力のスケールはさらに大きくなり、ときに超人レベルの戦いに。もしくは、重箱の隅をつつくような細かい能力だったりとマニアック化が著しい。でも、これは自分にとってはどんどん好みの方向になっていってくれている。

一ヶ月前からジョジョを読みなおそうと思って、毎日読み続けているわけだが、一気に読むととにかく「話が終わらねぇなー」って思いを終始抱いている。もちろん、出版社にとってもドル箱作家なわけだから、作品を延命したいってのも当然あるのだろうけど。
そのおかげか、ジョジョをずっと読んでいると海外ドラマを観ている感覚に近くなってくる。
それというのも、「ストーン・オーシャン」になってから、スタンドというより超能力合戦の様がまるでドラマ「HEROES」を強く思わせるというのがある。当然、「HEROES」よりもこちらの方が古いのだが。
終盤に出てくるスタンド「ウェザー・リポート」なんてムチャクチャだよ。
でも、もっとムチャクチャなのがそれを上回る能力を持つ最後の敵で、これはもはや神の領域。で、こんなムチャクチャな能力を持ったキャラを登場させた事により、物語は最終的にムチャクチャな終わり方をする。これは賛否わかれるところだろうけど、作者自信が疲弊していそうなところも含めて自分的にはオールOK。全然好きです。
あれは一歩間違えるとお涙頂戴の昨今の美少女ゲーのようにもなりそうだけど、世界でただひとり真実が分かっている人間を美少女にしなかったところが荒木飛呂彦の凄いところ。

そしてこの第六部、正確には五部の終わり位から作者の生き方に対する思想がセリフに反映されているところが出てきた。五部の後半でのアバッキオが最期のときに、かつての同僚に「なんでこんな面倒臭い事をいつまでもやっているんだい?」というアバッキオに対し同僚が言う「近道をしようとした瞬間からやる気がなくなるからだよ」とか。
六部での「本当の悪人とは人に迷惑をかけていてもそれに気付かない。ほっといてくれとか言いながら、そのくせ他人に期待しているようなやつだ。」とか、個人的に同意する事も多かったし、こういった部分が露骨に出てきたところも作品に思いを刻み込んでいるようで思い入れが沸きやすかった。

六部で一番良かったのは、主人公の徐倫の人間的成長を他のシリーズよりも濃く描いていたところかな。
正直、今までの主人公の中では一番弱かったが、その分いつもボロボロになりながら(色んな意味で)戦う姿は最も魅力的に思った。
ちなみに第六部で一番好きなスタンドは、エルメェスのキッス。まず、能力がシールを貼って物を2つにするという地味なところが良い。そして、剥がすと一つに戻るがその際ダメージを受けるという設定が最高。術者に代償が跳ね返ってくるという能力フェチにはたまらない。

というわけでシリーズの個人的順位は、6>4>5>2>1>3、という感じか。
これだと、第一部の評価が低く見えるけど、そんな事はなく大好きですジョナサン。

さて、読み始めてます第七部「スティール・ボール・ラン」。
ジョジョの冠も取れた事で、ちょっと異色な作品になってます。まだまだこれからといったところなのでなんとも言えないけど、期待は出来そう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Live Schedule
10/11(金)阿佐ヶ谷 Yellow Vision
11/11(土)鶯谷 What's Up
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム