3/2 ゴールデンエッグ 終了

VARRISPEEDSも結成してちょうど一年。今回、初めてイベントに呼んで頂きました。
都内で精力的に活動するマーフィーの会Presents「ズボラミッション」。
主催のうしろ前さかさ族は、今回初めて3人編成で観られました。
これが素晴らしくかっこよかった!あらゆる音楽に対する貪欲さと、ひとりひとりの飛び抜けたセンスが合致して、観ていて終始ワクワクしてました。若い才能恐るべし。
久しぶりに一緒になったSleeping Beautyも最高だった。刺激されまくったよ。

さてうちらのライヴ。
ゴールデンエッグのステージに立つのは初めて。でも、思っていたよりも音は良かったように思う。
リハのときに歌いやすかったから特にP.A.さんに指示する事もなかったんだけど、本番はお客さん入って吸音効果で音が激変してちょっと戸惑った。Voが聞こえづらくなってしまった。
が、のっけからお客さんの温かい反応のおかげでこの一年間のライブで最高のグルーヴを紡ぎ出す事が出来たように思います。自分のフリースタイルやMCもしっかりとスウィングしているのを実感出来たし、終わったあとの充足感は今までで最高だった。

今回、新要素として「Introducing」と題したオープニング用の曲を披露。ラップはフリースタイル。
始まってしばらくはラップが入らず、生演奏ならではの動きのある音を聴いてもらえる作りになってます。
続けて「It's An Outsiderplay」。テンションが上がっていたのか結構速めなテンポになってしまったけど、これはこれで良いかなと。完璧な状態での演奏を早くやってみたい気もするけど。
チューニング中の自分のMCから、シームレスに「Varrinterlude」へ。これも初披露。
5拍子ループのベースラインにオフビートのエフェクティヴなギターが乗る。これはラップが喋り口調でも、フロウでもいけるようなフットワークの軽い要素をライヴに入れたかったから今回やってみました。
フットワークが軽いっていいながらも5拍子ですがね。
そしていつもの「Kinky Thrash」と「Bye Records」で終了。体感的にはあっという間でした。

演奏のミスはところどころあったけれども、ライヴとしては良いものになったんじゃないかと思ってます。

さてこっからはさらに個人的な話。
自分が以前までやっていたPsy-VOGUEは12年もやっていたのだけれども、キャリアの大半は試行錯誤が絶えなかった。まあその苦労が楽しかったと今では思えるようなところもあれど、ライヴをやっても中々満足いかないというか、腑に落ちない気分になって終わる事が多かった。そんなトライ&エラーをずっと繰り返してきて、キャリアの最後の2年位でようやく自分でもそこそこ満足いく内容のものが出来るようになって、やる度に自信を付けられるようになった。「今の俺たちはどこでやっても客をロックさせられる」って位に。
そんな中、Psy-VOGUEは残念ながら突然終わってしまったのだけれども、その直後に始めたVARRISPEEDSは、MCが自分一人になったり、生バンドを指示して作るという初めての経験だったりと、慣れない事が多くてライヴもいっぱいいっぱいなところがあった。まあ、今も余裕があるとは言いがたいが。
これが今回の「ズボラミッション」に出させてもらった事で、Psy-VOGUEの絶頂期のライヴと同等の感覚に戻る事が出来た。
こう言うとまるでPsy-VOGUEみたいなのが到達点なのかと誤解を受けそうだが、そうではなくてラップとして、ステージに立つMCとして、マイクコントローラーとしての、自分の中で一度は頓挫してしまった最も良いグルーヴを持っていた位置に戻れたような気がするのですよ。
これは、自分たちの力だけではなく、この場を与えてくれた主催者のおかげ。心から感謝をしたいです。
また今後はこういった温かい現場だけでなく、ストイックな環境もあるだろうし、そういったものもないといけないと思うので、このまま絶好調というわけにはいかないでしょう。でも、俺はこのイベントに出られて、大袈裟かもしれないけどちょっと救われたよ。正直色々不安だったりもしたからねー、この一年間。

そんな感じですが、次のライヴはまだ決まってないです。まあ、お誘いは頂いているのですぐまた告知出来るとおもいますよ。

2013/3/2 SET LIST
Introducing(初披露)
② It's An Outsiderplay
Varrinterlude(初披露)
④ Kinky Thrash
⑤ Bye Records

Takao"DTchainsaw"Ikeda / Rap
Keita Ozaki / Guitar
Naoyasu Takahashi / Bass,Chorus
Yuji Hirasawa / Drums,Chorus
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Live Schedule
10/11(金)阿佐ヶ谷 Yellow Vision
11/11(土)鶯谷 What's Up
12/27(水)代官山 UNIT
12/30(土)立川 A.A.Company
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム