3/9(土) THRASH DOMINATION 2013

THRASHDOMINATION2013.jpg

「THRASH DOMINATION 2013」の初日に行って参りました。
出演順に感想など書いていきましょう。

DEATH ANGEL
暗転からライトが着くと同時にマークの高音ロングシャウトで幕を開ける。もうこれだけで2億点。
この日の1曲目は「Killing Season」の1曲目「Lord Of Hate」。
「Killing Season」は復活後のアルバムでは一番バランスが好みの感じで気に入っている。
そして、「ActⅢ」一曲目「Seemingly Endless Time」、新作の一曲目と連続キラーチューン。
「Seemingly~」は25年前の初来日のときに観て以来なので震えたね。しかも今のマークのVoで聴くとこれがまたいいんですわ。マークは本当に良い声をしていると思う。
ヒアリング出来るようにゆっくりと話すMCのあと、近年の作品の中にも「Voraciosu Soul」、「3rd Floor」などを織り交ぜる嬉しい選曲。「3rd Floor」のライヴにおける突進力には驚いたね。
意外なところだと「Road Mutant」とか。これもライヴで観た方がよりよい。・・というより今のDEATH ANGELがやるから良い。
そして終盤にまさかの「Thrashers」!!
これ、ライヴでやるのか!?今手元に盤がなくて確認出来ないんだけど、原曲のVoってマーク以外の人がメインで歌っているように思うのだけれども、これを今のマークが歌うととてつもなくかっこよい。初期衝動全開の曲構成と相俟ってこの日一番のパワーを感じた曲でした。
最後は「Kill As One」で終了。腰まであるドレッド長髪のマークがとにかくかっこよすぎた!俺が10代だったら絶対に憧れるわ。何回もドラムセットのところからジャンプしてた。その体勢も最高!

DESTRUCTION
今回のアクトの中で唯一初めて観る。2000年復活以降に大ファンになってしまい、ずっと観たかった。この日一番の期待していた。
初めて観るシュミーヤ。やはりデカい!
が、始まるやいなや「音が悪いな~」と思わず言ってしまった。
音がダンゴ状態で、Voはうっすらとしか聴こえない。低音の同じ帯域ばかり集中して上げてしまっているため、全体的にグモグモしてしまい、全ての音がハッキリ聴こえない。ドラムの拍の裏と表がわからない位だよ。かなり酷い。それがドイツっぽいと言えなくもないが、これじゃあ楽しめないよ。
一応自分はCDを聴きこんで行っているので全曲わかったが、ギターリフが始まっても判別するのにちょっとかかる位だった。「Mad Butcher」はキックの四ツ打で「お、来るな」って思ったのにギターが乗ると「あれ?」って思ってしまったし。この酷さは昔METALLICAを代々木体育館で観たとき並だ。「Battery」がサビまでいってやっと判別出来るっていう。
中盤に「Life Without Sense」、新作から「Canivore」というあまり嬉しくない選曲。
このへんのミドルチューンをやめて「Cracked Brain」とかやってほしかった。
終盤にやった「Bestial Invasion」が一番良かったかな。曲構成がシンプルで、ギターリフがわりとハイフレットでのものなのでこの轟音の中でも比較的わかりやすい。この日一番のモッシュピットが出来ていたのもここだった。
「Curse The Gods」で終了。う~ん、期待が大きかっただけに結構残念。

TESTAMENT
あれ?ジーン・ホグランって思っていたほど巨漢じゃない?観ていた角度でそう思っただけかな。
チャック・ビリーの声はやっぱり良い。凄い声量だ。新作の一曲目、前作の一曲目と立て続けでアガる。
近年のTESTAMENTの作品は大好きなので期待どおり。
久々に観たメンバーの外見はあまり変わらないように思うね。グレッグ、アレックス、エリックは若々しい。アレックスは改めて観てもギター巧いなー。
チャックはどんどん巨漢になっていくけど、それがよし。
音のバランスが、DESTRUCTIONよりは聴きやすいけど、ちょっとギターが遠い感じ。Voもリバーブとかいらない。
初期曲だと、「The New Order」、「Practice What You Preach」、「Burnt Offerings」、「In To The Pit」、「Trial By Fire」など期待通りの選曲。
ただ、あまり意外性がなかった事もあってか、身体の疲れがピークでちょっとボーっと観てしまったところもあるんだよな。良いライヴだったと思うけど。
で、最後の曲が新譜のやつだったかな?シャッフルリズムのヘヴィ・チューンで終わってアンコールがなし。
アンコールで「Over The Wall」をやると信じていただけに「えーっ!」って思わず声を上げてしまった。
次の日もあるとは言え、これじゃ物足りないよ。

という感じで終了。全体的には楽しめたけど、やはりトップのDEATH ANGELが一番よかったかな。音も一番分離がよくて聴きやすかった。
次のスラドミがあったら、アクト次第ではあるけど今回音の問題を強く感じたのでちょっと考えてしまうな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読んで感動

どうもお疲れさまです!

高校1年で同じクラスだった頃から既に完成されていた、
的確でとてもわかり易い文に、胸が熱くなりました(泣)

俺は見に行けてないし、勉強不足で恥ずかしい限りですが、
たぶん全て同意ですわ。。。

なんとDEATH ANGELが「Thrashers」を演ってくれたとは!
たしかに、原曲で歌っていたのは当時ベーシストの
Dennis Pepa(ギタリストGus Pepaの兄?)ですね~
1stアルバムの1曲目なのに、
ヴォーカリストがリードヴォーカルじゃないという(苦笑)

そして、DESTRUCTIONのところで、

> この酷さは昔METALLICAを代々木体育館で観たとき並だ。
「Battery」がサビまでいってやっと判別出来るっていう。

↑俺もそれを思い出しながら読んでいた直後に出てきたこの文に、爆笑&涙!
一緒に連れて行ってくれたおかげで重要な経験ができたし、
お互い記憶が褪せませんな・・・。

あと、TESTAMENTでの話中に出てくるMORTAL SINにも笑えた(笑)

長文コメント失礼しました~ではまた!m(__)m

P.S.
別記事のことになるけど、
“「Dark Roots of Earth」/TESTAMENT”のレビュー記事で、
「Native Blood」のPVにある炎の映像は、
「Trial By Fire」(『THE NEW ORDER』収録)のPVを思い出しますな~。

No title

いやいや、こちらこそありがとう(^^)

そういや昔も聴いたレコードの感想をレポート用紙にレビューにして書いてたなー俺w。
インターネットに書く事も出来ない時代でも、なにか書いていたかったんだな。

スラドミはトータル的にはしっかり楽しめたんだけど、気になるところもあってね。

全体通しても個人的ハイライトは「Thrashers」だったよ。
あのイントロ聴いただけで痺れた!
そうか、あれはデニス・ペパのVoだったね。でも、今のマークが歌った方が断然かっこいいよ。
この曲のライヴ音源出して欲しいわー

代々木体育館のMETALLICAは忘れられない思い出ですよ。
「Battery」が始まっても、お互い顔見合わせて「ん?」「これバッテリー?」みたいな感じが今となっては良い思い出。

当時メタリカっぽいって言われていたのは単にVoの歌い方だけなんだけどね。
Mortal Sinとか、あとSLAMMER(スラマー)ってのもあった。スラマーのCDってどんなに検索しても出てこないよw
そういや、高校の思い出として、英語の授業中に英和辞典でメタル用語みたいなのに赤線みんなで引いてたの憶えてるw 「Mortal」とか「Holocaust」とか。

「Trial By Fire」と言えばもちろん!
古典の先生の口調で真似してたのもねw

もっと長くなってしまった(汗謝)

レスどうもです!!m(__)m

もらったレコード&CDレビューや、自作オムニバス(カセットテープ)のレビューは、
ずっと家に保存していたんだけど、引っ越しの前後あたりに紛失したっぽく、後悔。
でも、もらったカセットテープは全て保存してあるよー!
たまに聴くと当時を思い出す。

オムニバス作成中の場にいた時、テープの残量を目視して残り秒数を予測、
それにぴったりハマる曲を即座にセレクトしてダビングし、
残量をほぼゼロ(ミュージックテープ並)にする神業を見たが、
あれは伝説です・・・。

代々木でのMETALLICA、アリーナの後方だったからスネア音が後ろの壁で反響し、
グラインドコアな新曲に聴こえたが、サビでやっと俺達が気づいたという(爆)

そしてSLAMMER(笑)
10年くらい前はネットで見つけたけど、さすがにもうないか。。。

我ら高校での英語授業中エピソードもよく覚えているし、
(あのY先生、今は校長らしい?)
修学旅行中のホテル部屋にて、
古典のT先生を真似て(「おら~~」という間の抜けた声ね)
いろんな曲を爆唱していたら、
当時担任のN先生が部屋に入ってきて呆気に取られているのに、
しばらく気付かなかった俺達(苦笑)

お互い、他のエピソードも昨日のことのように覚えているだろうし、
会って話したら一日じゃ終わらないこと確実(汗笑)

P.S.
そうそう、Gene Hoglanと言えば、
最近また痩せたみたいで、Chuck Billyより小柄に見えますな。

やはり『ULTIMATE REVENGE Ⅱ』のビデオで見せてくれた、
DARK ANGELのインパクトを超えるものは未だになく(泣)
あれはバイブルのようなビデオで俺も買ったのに、
当時の仲間に貸したまま返って来ず・・・
今はネットで見れたけど、なかなか入手はできない。

LOUDNESSの現ドラマーも俺達と同じ歳だし、
同じ話題で盛り上がるよ~(笑)

トライアル・バイ・オラ~♪

俺の家でも数年前、自分やS君の書いたディスクレビューが大量に出てきたw
「このバンドは世間的にはB級だが、音はついにA級クラスになった!」とかヒドイのが多かったけど笑えた。
でも、そんな昔あげたテープを今でも取っていてくれてるのはありがたいなー。
テープの残量目視で、秒数をピッタリ測るのやってた!あれは確かにかなり自信ある技能だったと思いますw しかもアナログの曲(CDと違って分数がわからないやつ)とかを入れてたりして。
何分用のかで、テープの厚みが違うからそれも考慮して見るんだよね。
46分、60分あたりは超得意だったと思うよw

考えてみればMETALLICAの代々木体育館って、お互いスラッシュの現場初体験だったんだよね。
そう考えるとスタートが一緒だよね。

Y先生って、今校長なのか!すごいなー
そういや俺、ヒップホップの現場で会ったDJがSDH卒業生で、Y先生が担任だったって言ってて凄い盛り上がったりもしたw
修学旅行にそんなエピソードあったっけw
ヤバい、それは忘れてたわ。まあ、いつも大声で音楽の話しかしてなかったからなー、うちらはw

なるほど、やっぱりジーン・ホグランは痩せたんだ。
数年前にホグランはゼトロと一緒にバンド組んでたりもしてたよね。あのアルバムはDARK ANGEL色、というかホグラン色が強くて好きだったなー
俺もDARK ANGEL時代のホグラン(当時うちらのあだ名はホグランちゃんだった)のインパクトは尋常じゃなかったよ。手元だけで高速に動かす(勝手に動いている?)スティックから繰り出されるドラミングは人間離れしていた。あのビデオはたしかに永久保存盤だね☆

話マジ尽きないわーw

レスのタイトルに爆笑

FLOTSAM AND JETSAMによるElton Johnのアレもモロだったし(爆)

もう一つの神業、レコードの溝を見ればだいたいわかるというのもあった(笑)
S氏も元気かな~?

METALLICAの後は、TESTAMENT、OVERKILL、SLAYERとかも一緒に見たね!

Y先生が校長になっていたのは、出身高校のサイトで知った(笑)

ホグちゃん(恐笑)の左手と両足は特に凄かった。。。
あの姿を超えるインパクトを持つドラマーはなかなかいない。

P.S.
Facebookでもありがとう!!

オーナイ!オーナイ!オーナイ!オラ〜

福島とは結構いっぱい観にいったよ。
それこそTESTAMENTなんて、この間観たのは高校の頃のあのとき以来だしね。
スラッシュは自分でやる事はないと思うけど、リスナーとしては大好きなままなのでこれからも楽しんでくよ〜

ホグちゃんはやはりあのハットの上で自動的に上下するスティック持つ左手でしょうw。
この間観たTESTAMENTでは普通に叩いてたw でもさすが、巧かったよ。

俺らの行っていたあのSDHも今や共学かー
実は共学になった一年目に一回だけ吹奏楽部の演奏会行ったんだよね。永井先生も矢島先生も全然変わってなかった(^^)

ふむふむ(笑)

ところで、例の元ネタ曲は、題名の単語が“Alright”なので、
“オーライ”の繰り返しでいいんだよ~(笑/細かい)

今更だが、初日は「Over The Wall」やらなかったのか・・・
その分、他にスペシャルな選曲があれば納得できるんだろうけど。

No title

そうか、「オーライ」だった。
長い事聴いてないから鈍っているなぁ^^;

2日目は「Over The Wall」やったんだね。
あの日はやっぱり、やらずに終わった事が不満で,、客電ついてもみんな帰らなかったよ。
アナウンスが「本日の公演は終わりました」って何度言っても帰らないから、しまいには「また明日お待ちしてまーす!」って叫んだりして爆笑したw
Live Schedule
10/11(金)阿佐ヶ谷 Yellow Vision
11/11(土)鶯谷 What's Up
12/27(水)代官山 UNIT
12/30(土)立川 A.A.Company
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム