「特殊報道部」/PS VITA

71bE1MX5rDLAA1000.jpg

特殊報道部」/PS VITA

(トゥルーエンドクリア)

発売当初から良質ADVの匂いがしていて、購入するタイミングを常に見計らっていたら、PS Plusのフリープレイのラインナップに加わってくれるという嬉しい事態が。夏頃から割りとのんびりプレイして先日クリアしました。

ゲーム部分は、各話の途中のマテリアルチェックという名の画面ポイント指定位。物語の分岐は各話で2通り。凄くわかりやすい形で挿入されるので、複雑なマルチエンドがあまり好きでない自分としてはちょうどよい。
ひとつの話を2回ずつやって、分岐を全て見てからでないと最終話で突然のバッドエンドになってしまったのは最初かなり印象悪かったかな。そのバッドエンドも、主人公が「さあ、やるぞ!」と思った瞬間キチ○イ扱いされて幽閉という、ベタベタすぎる展開。ここに至るまでが結構おもしろかっただけにこの終わり方は一気に興ざめしてしまったのは間違いない。
が、ストーリー上、実は全ての分岐をこなす事が最終話の物語の根幹になる部分なので必然だったのだとのちにわかる。これはADVの分岐システムをストーリーに組み込んだものとして、「この世の果てで恋を唄う少女~YUNO」あたりにも通ずるように思った。
今作での手法は、反則ギリギリの二度と使えないトリックというか、「それやっちゃったらなんでもありじゃん!」とつっこみを入れたくなるほどに大胆な展開を最終話で見せるが、それゆえに一度でも体感する価値はある作品に思う。

本作の魅力的なものとして重要なのが、物語を彩るキャラ達だ。
テレビ局内での所謂窓際部署的な特殊報道部、略称トクホウの面々は全員クセの強いキャラで、それが各話の佳境になると人情味溢れる一面を見せたりして非常に思い入れが湧きやすい。
このストーリー内容以上にこのキャラの魅力を出せている時点でこのゲームは良作として位置づけられる位のものにはなっているよう思う。

最終話の大胆なロジックはともかく、基本的には各話で扱う超常現象なので、まだまだ続編もいけそうな気配。
期待したいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライヴ・スケジュール
7/25(火)東高円寺 二万電圧
7/31(月)新宿 MOTION
8/11(金)立川 AA Company
プロフィール

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム