David Byrne & Brian Eno/「Everything That Happens Will Happen Today」

            61Oap4Rq.jpg


Everything That Happens Will Happen Today」/David Byrne & Brian Eno
最近買って聴いたものの中でも特に気に入っている一枚。
トーキングヘッズは、「Stop Making Sense」の映画は大好きなんだが、スタジオアルバムは曲単位で好きなものはあれど、アルバムトータルになるとピンとくるものがなく、デヴィッドバーンはソロ作の方が良いと思っていた。

イーノに関しては実は大して聴いた作品はなく、とりあえず、ロキシーミュージックの1~3rdは持っているけど、全然好きではないというくらい。なんで3枚も持っているんだろ(笑)
考えてみたら、参加やプロデュース作はかなり持っていたんだな。デヴィッドボウイとか。
でも、個人名義のものはほとんど聴いていない。

そんな中、巷での評判もすこぶる良い今作。
デヴィッドバーンの声というと、ちょっとうわずったような、なにを歌ってもストレンジポップ風になってしまうというイメージがあったが、ここで聴けるバーンの声は雄大で優しさを感じるようなもの。
特に最初の数曲はのどかでゆったりと染み渡る曲調が今までにない心地よさ。
曲が進むと、お得意のアヴァンギャルさや黒人音楽的リズムを舐めたように取り入れる変態性ものぞかせる。それでも昔のようなあからさまなものではなく、やはりバーンが歌いだすと、全てを包み込むような感覚になる。バーンの歌の熟成っぷりのおかげで、ドッシリ地に足がついたような音楽になっている。

作中、色々なカラーを見せている楽曲達を統一させているのがイーノのアレンジと音響処理。音の広がりを嫌味のない絶妙なバランスでまとめているのはさすが。
そもそも、この作品の発端は、イーノの作り貯めたインスト集をバーンが聴いて、イマジネーションを膨らませて歌を乗っけたものらしい。バーンの歌は個性が強いから、音主体から築いていくとこんなおもしろいバランスになるのだな。もちろん全ての曲をそうして作ったわけではないと思うけど。

ここ数年は、ベテランアーティストの熟成した現在の作品を聴くのがとても興味深く、ときには自分が今後音楽を続けていくのにいい指針をもらったような気持ちになるものに出会う事があったが、このアルバムもそんな一枚です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ライヴ・スケジュール
7/25(火)東高円寺 二万電圧
7/31(月)新宿 MOTION
8/11(金)立川 AA Company
プロフィール

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム