【其の二】/「ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション」/PLAYSTATION 4

002.jpg

ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション」/PLAYSTATION 4

(ストーリーモード:クリア 最終難易度マスター モンク LEVEL:61)

ここでいう「最終難易度」とは。
このゲームはレベルが上がるごとに自分でプレイ中に難易度を上げる仕様になっている。
別に上げなくても良いのだけれども、もらえる経験値やレアアイテムドロップ率が変わるため、大概は上げながらプレイするようになっている。
大体、素直にクリアルートまで行くとLV60位になるようになっているようだ。で、LV60から選べる難易度「トーナメント」が大変な歯ごたえになっている。その「トーナメント」も6段階になっていて、ひたすらレベル上げとトレハンに勤しむ事が出来る。

アイテムを求めて戦闘するというのが基本的な流れなのはこのタイプの常。
本作では、装備を変えるとプレイヤーの外観が変わる事がモチベーションのひとつとして巧く生きている。
装備のレベルが高くなればなるほどかっこいい見た目になるため、成り上がったなぁ~感をしっかり堪能出来る。

このゲームは戦闘におもしろみを感じなければまったく魅力的にならないものだと思うが、そういう点でいくと自分の選んだモンクはまずまずといったところか。基本的に近接攻撃しかないので微妙に戦略性に乏しくなりがち。そのわりには強敵相手だと死のリスクも高くなるので、出来れば遠距離攻撃のキャラにしとけばよかったと後悔。一緒にCo-opプレイしていた人のキャラがウィッチドクターだったので、楽しそうでかなり羨ましかった。

という事で、今ウィザードを育てようとまた始めてみた。
ん~、正直頭からやるのってかったるいなぁ。しょうがないとは思うけど。
巷ではストーリークリアしてからが本番とも言われている本作。正直、ちょっと気が抜けてしまったのですぐにやる気ににはならないが、新たな楽しみが見いだせるのならばまたトライしたいところ。でも職業がな~

これ、身近でやりこんでいる人居たら色々話聞いてみたい。なんか微妙にわからない部分が多いゲームでもあるんですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

悩んでスルーしていたディア3はそういう仕様なのか。参考になります。自分はディア2(アペンドディスクも)はかなりやりこんだクチなんですが、クリアするキャラを引き継いで次の難易度をやる仕様だったんですよね。ビルドもかなりシビアで下手にスキルを振ると最高難易度はact1ですら詰むみたいな鬼畜っぷりでしたw装備も強いレアは天文学的確率でしかドロップしないので、特定のボスを数百回ぶん回すとかが普通wクリアしてからが本番はトレハンの基本ですな~・・ んでlv1から育てるのは種族数x3~4回も当たり前だった事を考えると3はぬるいと思ってしまうのは俺が麻痺してるんかな・・wセールでも来たら買ってみるかなー

No title

>k0zyさん
このシリーズは「1」をさわり程度やった位なのでほぼ初めてだった事もあり、結構楽しめました。
が、作業感を出さないように能動的なプレイが求められるんですかね。同ジャンルの中ではさすがに元祖なだけあって作り込みの細かさが違うなとは思いましたが。

相変わらずのk0zyさんの鬼畜仕様に悶え喜ぶ変態チックな(?)気質にはニヤニヤしてしまいますがw
「3」が性に合うかはわからないっすね~。たぶんいけるクチじゃないかと思うけど。
もしも購入したときにはご一緒しましょー!(^^)

No title

ぜひぜひ。購入はまだ悩んでますがwむしろディアブロは無心になって死んだ魚の目をしつつact開始→ドロップでるボスまでまっしぐらに突っ走って倒す→act最初から再開、というゲームだと思ってましたwビルドがシビアな分、装備とスキル構成がドンピシャだと雑魚もボスも虫けらの様だーワハハハーが出来るという気持ちよさもあるんですけどね。2は超長期間世界中で遊ばれているゲームなんで、10年たっても仕様修正パッチがあたってたし、その度に今まで最強、一択だろうと言われてたビルドがまったくのゴミになったりして。んでまた1からスキル構成を練ったりまとめサイト参考にしたりwまぁおかげで似たり寄ったりのビルドになってしまうという欠点はあったんですけどねー(´・ω・`)クラスによってはむしろそのビルドでしかまともにネームドモンスすら倒せないみたいな・・

No title

>k0zyさん
やはり無心になってやるのが正しいのですね^^;

「2」はたしかに、友人でひとり延々ハマり続けているのが居たので普通のタイトルではないなとは思ってましたが。10年以上アップデートされているのは凄い!
そうなると、「2」は信者レベルになるだろうから「3」で不満に思う人が居ても仕方ないかなと。
PS4版は、一画面内に出る敵の量がハンパなくて、マシンパワーの恩恵をしっかり感じられるところがウリのひとつなのかと。それらを蹴散らしながら進むところは無双系にも通ずるところがありましたね。
Live Schedule
10/11(金)阿佐ヶ谷 Yellow Vision
11/11(土)鶯谷 What's Up
12/27(水)代官山 UNIT
12/30(土)立川 A.A.Company
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム