「エイジ・オブ・ウルトロンVol.1、Vol.2」/ブライアン・マイケル・ベンディス (著), ブライアン・ヒッチ (イラスト), 秋友 克也 (翻訳)

61Xdpxi-wSL200_.jpg

エイジ・オブ・ウルトロンVol.1、Vol.2」/ブライアン・マイケル・ベンディス (著), ブライアン・ヒッチ (イラスト), 秋友 克也 (翻訳)

映画に先駆けいつものように原作から触れて期待を高める。
とは言っても本作と映画はもちろん別のストーリー。違うとわかっていてもチェックしとくだけで映画を多層的に楽しめる。

さて、ウルトロンと言えば少し前にやっていた(個人的には)駄作アニメ「ディスクウォーズ・アベンジャーズ」でも出てきた、ジャイアントマンが開発した人工A.I.搭載のアンドロイド。
これが、原作だとエグすぎるほどの脅威になっちゃってるんですねぇ。
ソーのハンマーは効かないわ、キャップの首はハネるわ、もう人類の絶望ぶりが凄い。
で、しかもウルトロンのオリジナルは未来の世界から指令を出しているという事で、未来にタイムトリップするアイアンマン達と、ひとり過去に飛んでウルトロンの製作者ハンクを殺しに向かうウルヴァリンというカタチで話が進んでいく。
これ、最初に全部読み終わったときは、あまりのストーリーのぶっ飛び具合に「はあ?」としか思わなかった。意味がわからないというわけではなくて、あまりにも乱暴すぎる展開というか。時間軸とか時空とか、よくわからないけど便利に物語に組み込めるものを当たり前のようにバンバン使っちゃって。
2回目読んだときに、これはこれで結構おもしろいかなと思えるようになった。
というのも、本作の評判はあまり芳しくなく、正直ほとんど期待せずに読んだ事もある。
ハンクを殺してしまった事により、未来の改変が起こるが、科学が発達せず魔法の勢力が強くなっていて、アベンジャーズならぬディフェンダーズの筆頭がドクター・ストレンジだったりとか、笑っちゃう場面も多々あって。

映画を観る上で必須とはとても言えないが、クロスオーバーものの煮詰まり具合も含めて楽しめるのでちょっとした好事家だったらチェックしても損はないでしょう。
少なくとも自分は好き。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Live Schedule
10/11(金)阿佐ヶ谷 Yellow Vision
11/11(土)鶯谷 What's Up
12/30(土)立川 A.A.Company
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム