【其の一】「Halo5」/XBOX ONE

2015年の秋の本命は、DICE開発のスターウォーズかと思っていたんだけど、発売が近づくにつれ、冷静に考えてみたら俺スターウォーズってそんなに熱心なファンじゃなかった事を思い出した。
世間が12月公開の映画最新作を迎えるべく盛り上がりを見せているにつれ、自分はどんどん冷めていってしまい。
なので、思い切ってスターウォーズのゲームは見送り、もしくは映画観て自分の盛り上がり次第での購入って感じで一旦はやめる事に。
で、急に同じ時期に発売された「コールオブデューティブラックオプス3」が異常におもしろそうに見えてしまったのでこちらを購入。まだやってないですけどね。CODのマルチやったのって、ブラックオプスの一作目以来。4年振りとかか。ゾンビモードもあるし、結構楽しめそうな予感がするのですよ。

7153JpiYi9LSL1364_.jpg

Halo 5」/XBOX ONE
(キャンペーン:Ch7 プレイ時間:4時間25分/オンラインレベル13/アリーナ プレイ時間:1時間15分/ウォーゾーン プレイ時間:6時間46分)

さて、それよりまずはこれ。今一番やっているゲーム。

今年屈指の期待作。
いや~、Haloは毎回買っていたのに、真剣にプレイしていなくて、「ODST」で初めて最後までプレイしてこのシリーズにハマりました。そして、遅れ馳せながら初代XBOXの一作目をクリア。その後の「4」では初めてオンラインマルチに参戦。これは大いにハマった!ちょうどお金のない時期だったから、これ1本で結構長い事遊べたなー。
と、まあ、自分は割りとHALO歴ライトなんですよ。逆に言えば、巷で言われているマンネリ化は別に感じてない。
でも、今回のHALOはシリーズをずっと追ってきた人でも、キャンペーン序盤で「お!」って思えるんじゃないかな。
元々は古き良きスタイルのFPSスタイルを前作までは突き通してきていて、「こんな事やっているの、今じゃHALOだけだもんな~、"逆にいいよね"」なんて言われていたのが前作まで。でもさすがにあれから3年経ってしまうと現在のFPSのスタイルに合わせなさ過ぎるのも不自然になってきている事もあってか、今回のHALOはLトリガーのズームで敵を狙えます!(他の作品だったら超あたりまえ)。
でも、構えたときの銃の変形具合とかかっこよくて、おそらく初めてやる人はみんなこれだけでテンション上がりますよ。

キャンペーンの流れは、まあ、マンネリと言われるのもしょうがないかもしれないが、それでも手堅くおもしろい。やっている最中は没頭出来る。
以前に別のゲームの記事で書いたけど、FPSのキャンペーン作るのって現在はよほどセンスとアイデアがないと凡庸な作品になりやすいのに、そんな事は微塵も感じさせないおもしろさはやはり、HALO。並のタイトルでは無いということか。
個人的には、敵の撃った弾道を確認した状態で避けられるところなんかは一作目を初めてやったときの感動を思い出した。見えないようなところでブラッシュアップを重ねているんだと思うよ。

続いてマルチ。
仕様が大きく変わり、ショートマッチの「アリーナ」。
大規模戦闘の「ウォーゾーン」と大きく2つにわかれた。
今までの対戦形式は「アリーナ」に引き継がれている。が、これもちょっとだけ変わり、メインモードでは4対4の少人数でのプレイで、いくつかのルールとマップがどんどん変わっていくものになった。
これ、最初メニュー画面から順当にいくとオススメモードっぽくなっているけど、最初はやらない方がいいです。
いや、腕に自信のある人はいきなりでもいいんですよ。でも、しばらくHALOやってなくて、独特の操作感に戸惑う人なんかは、いきなりやると全然勝てなくてキツいと思います。
最初にやるなら、もうひとつのモード「ウォーゾーン」がオススメ。
これは最大24人による大型マップで行われる。これが、端的に言うと「バトルフィールド」に近いです。しかも、最近のBFに馴染めない自分なんかはむしろこれや「キルゾーン・シャドーフォール」とかの方がかつての自分の好きだったBFを感じるんですよ。
BFよりもライトに思える点としては、ビークルや特殊銃火器がゲーム内でレベルアップしたときにもらえるカードパックを使ってのものなので、ビークルの取り合いにならずに自分のペースで発進出来る。そして、相手が大きなビークルで攻めてきたら、レールガンなどを持って迎え撃つという攻防が手軽に出来る。カードはバンバン使っても切れる事はあまりないので、これらを巧く使う事で難易度はかなり下げられます。
そして、本作のウォーゾーンでの特殊ルールが、フィールド内に敵チームとは別の第3勢力が介入してくる事。
プロメシアンや、コブナントのボスクラスの敵が時間制でマップ内に登場し、これを倒すとチームの得点に大きく加算される。
が、敵チームも一緒の環境なので、第3勢力と戦っているときも相手との殺し合いは続行したまま。必然的にカオティックな戦場になる。「敵の敵は味方なり」とはいかないところがこのゲームのおもしろいところかw
前作まであった、CO-OPミッションのスパルタンオプスやファイアファイトの要素を対戦の中にぶち込むという、なんとも新しい仕様によって、HALOはまた新たな地平を切り開いたと言ってもいいんじゃないでしょうか。
CO-OPはCO-OPとしてのモードもやってみたかったけどね。野良でキャンペーン協力プレイ出来ないんだったら。そこだけ残念。

「ウォーゾーン」で慣れたら、再び「アリーナ」へ戻ると最初の感じが嘘のように良い感じに立ち回れるようになります。
ますますハマってくるね~「HALO5」。「CODBO3」との贅沢な食べ比べも早くしたいけど、中々浮気させてくれない魅力的な一本ですよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Live Schedule
10/11(金)阿佐ヶ谷 Yellow Vision
11/11(土)鶯谷 What's Up
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム