HOLIDAY@UNIT/オーニソロジー/WONK/パッセンジャーやばし

書きかけの記事を放置して忘れていたので、今公開。

3/29。
TABOOレーベル主催のイベント、「HOLIDAY Vol.1」@代官山UNITに遊びに行ってきました。
凄くピースフルな雰囲気で良かったですね。
最大許容人数が600人と言われているUNITがパンパンになってた。しかもド平日に。
個々のアーティストの人気もあるだろうけど、改めて菊地さんの力にも驚かされます。

色気のある歌声が素晴らしかったオーニソロジー。楽曲も良いですね。早くTABOOからの音源を聴いてみたい。
エレガントさがときにスリリングな展開を見せる完璧なステージングだったWONK。Voも好き。実は、WONK最大の魅力はこのVoだと思ってます。
菊地さんのライヴは、リラックスムードで始まりつつも途中からは、特有の一筋縄ではいかないリズムのアンサンブルに圧倒されました。あと、初めて観たJUMAのラップが巧かった。初めて観た吉田サラちゃんは可愛かった。

3マンでも、これだけの充実度。
良いイベントでした。
帰りには出口で、4/15の「SKRIPT」のフライヤーを配る。
2017年のブライテストホープは、この日出たオーニソロジー、WONKだけじゃなくて、Synthezoeyも居ますよ~って事で。
でも、ラジオを聴いて知ってくれたと思わしき方達何人かから声をかけてもらいました。
「私もオタクなんですよ~」って言ってくれた女の人がいたようが気がするんだけど、夜電波でそんな話されてたっけ?
まあ、ウェヴ上で、俺の存在を知ったらこの趣味嗜好全開の書き込み見て瞬時にオタクだと知られますがねw



「ナイス・ガイズ」
「お嬢さん」
「パッセンジャー」
「キング・コング 髑髏島の巨神」

3月に観た映画はこの4本。
その中でも出色だったのは、「パッセンジャー」。
じつはこれほぼ期待せずに行きました。なにせ、日本でもプロモの仕方がよくない。「SF版タイタニック」って・・、全然違うしミスリードもいいとこ。
これは途中、主人公がおかしてしまう人道外れた行動という大きな要素がドス黒くあるから、ちょっと考えてしまう内容なんですよ。
それでいて、全体的にはウェルメイドに出来ているから相当出来は良いと思う。

あと、個人的に好きな監督パク・チャヌクの新作「お嬢さん」。これもヤバかった。
金持ち達の秘密の会は、財閥の娘にエロ小説を朗読させて、それを聴いて興奮するっていうね。フェチズム極まれり。

「キングコング」は、あらゆる巨大生物の登場シーンにひたすら燃える映画。

「ナイス・ガイズ」は、ビースティーボーイズの「SABOTAGE」のMVみたいな格好したライアン・ゴズリングが愛らしい。

今月は、FPS好き必見の「ハードコア」と「レゴ・バットマン」に期待。



本日のグッドミュージック

ブログの更新頻度低いわりに、紹介したい音楽だけはたくさんあるという。

Gavin Turekのアルバム「Good Look For You」。2017年作品。
Mayey Hawthorneのディスコプロジェクト、TUXEDOでフックアップされた女性シンガー。
まず、容貌のタイムスリップ感からしてやばい。
楽曲は、徹底した80'sディスコで、曲自体のクオリティはアルバムとおして良い。



以前の記事で気になっていると書いたTHE INTERNETのSYDのソロプロジェクト。アルバム「Fin」2017年作品より。
この間やっと買って聴いたらメチャクチャやばかったので改めて。」



The Weekndの 「beauty behind the madness」2015年作品。
実は最近一番聴いているのはこれ。メチャクチャ大物ですけど。
こういう、R&Bのポップス的アプローチを高レベルでやっているアーティストって大好きなんですよ。それこそマイケル・ジャクソンから続くような。
今年出た新譜はもっと大仰になってしまったので、こちらのアルバムの方が好みかな。



国内勢も。
この間観たばかりのWONKも上げておこうかな。1stアルバム「Sphere」2016年作品。



急にハードなやつも。
Crystal Failyの1stアルバム。2017年作品。
なんと、バックにTHE MELVINSのメンバーが居るプロジェクト的バンド。さすがのバキバキぶり。
しかし、最大の特徴はこの女性Vo。歌を乗せ方のセンスが侮れない。ウェンディ・オー・ウィリアムズを彷彿させる、ダーティーでありながらの色気あり。ここ最近では大穴的によかったCD。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Live Schedule
10/11(金)阿佐ヶ谷 Yellow Vision
11/11(土)鶯谷 What's Up
12/30(土)立川 A.A.Company
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム