「返校-Detention-」/PC

header.jpg


「返校-Detention-」/PC

(True End クリア)

少し前に、なんとなくSTEAMを復活させたら、まあおもしろくてね。
コンシューマーでも和訳されていないものが、こちらではされているのも良い。
隠れた傑作も無数にあるのでディグり甲斐もあって、そういう部分は自分が昔感じていた、かつてのコンシューマーのおもしろさをこちらに垣間見ている。今のコンシューマーは弾数が少ないのがなんとも。しょうがないんだけどね。

そんな中で今回買ってみたゲームが、台湾産のホラー。
「返校-Detention-」。
「返校」ってどういう意味?と思ったらラストにわかってハっとします。ついでにDetentionの意味もわかって、かなり粋なセンスのタイトルだと思いますね。

ゲームの基本システムは、90年代の傑作ホラーゲーム「トワイライト・シンドローム」のような横スクロール。これで学校の教室に入ったり、階段上がったり。トワ・シンもそうだったように、このシステムは湿気のあるアジアンテイストホラーと凄く相性が良い。オリジナルで確立させたからというのもあるが。
でも、シナリオ、音楽、ゲーム性、全てがトワ・シンを完全に超えている!恐るべし台湾ホラー。

一律にセンスの良さにひたすら感心する事が多い。
世界が一気に裏側に侵食する瞬間とか。
これやっていて思ったんだけど、ホラーゲームでアートっぽさを出すと必然的に「サイレント・ヒル」からの影響は逃れられないのね。改めて凄い作品だったんだなと思う。
サイヒルフォロワーでも巧くないやつも多い中、「返校」はかなりトップクラスのセンス。

さらに、舞台が戦時中の台湾という事もあり、やりきれない軋轢の中での悲劇、そして大きな過ちへの後悔といった事が綴られている。
トゥルーエンドまで行ったときに、途中でちょくちょく出てくる謎のキャラの正体がわかる。しかも、それはあまりにも悲しすぎる並行世界によって。決して交じわう事のない。
実はこれも劇場版「サイレントヒル」のラストに似てたりして。あれも名作。「2」は凡作。

トゥルーエンドというと、無条件に救いのある明るい終わり方だと思われるかもしれないけど、これがまた素晴らしく良いんですよ。
自分にしては珍しく、最高のトゥルーエンドだと思いました。綺麗事は決して言わないまま開放感だけがある感じ。

自分が今までプレイしてきたホラーゲームで、ついに一位が出てしまった。これ以上のシナリオは見た事がない。
日本のホラーゲームも「バイオハザード7」で復権したと思ったけど、次はこのレベルの物語を作ってくれ!
まだまだ世界にはセンスいいやついっぱいいるわ。

これ、コンシューマーでもDLタイトルとして出てほしいと凄く思う。
懸念としては、マウス操作メインで作られている事と、一箇所かなりエグめな表現がある事か(Z指定でも無理かも)。
あとは、台湾の悲しい史実を元にしているのもあるのか?でも、それは本人達が出したものだしなぁ。
PCのスペックは低めでも問題ないので、ひとりでも多くの人にやってほしいと思う。
ホラーゲーム苦手な人は最後感動して偏見とれるかもよ?


【其の二】「KNACK 二人の英雄と古代兵団」/PLAYSTATION 4

20170613-knack-01.jpg

「KNACK 二人の英雄と古代兵団」/PLAYSTATION 4

(クリア)

だいぶブランクを空けて、年明けからプレイ復活した本作。やっとクリアしました。

率直な感想としては、「うん!テレ東がゲーム作ったらこうなりそうだ!」というところ。
これ、悪口じゃありませんよ?
ホッコリする感じ、あるじゃないですか。簡単に言えばそういうところが良かった。

今って、海外のAAA級タイトルもとより、パッケージソフトで5000円超えるようなものは、安価なインディーズゲームやスマホゲームとの差別化を図るために大概序盤から「これ名作ですよ~」、「重厚でしょ~」、「豪華でしょ~」という雰囲気を出しまくる。
もうね、俺これ疲れたw
いいんだけど、当たり前になりすぎてしまって。だから、いつしか自分の年間のベストゲームには大概オンラインマルチ系のものばかりが上位に来て、シングルプレイタイプのものは入りにくくなった。(だから去年のゼルダはかなり異例。それでもスプラ2と同位だし)。
そういう事で言うと、力は入っていつつも気は張りすぎてないというPS1の時代の空気をパッケージソフトで現在唯一持つゲームがこの「KNACK」だと思ってます。

「言ってる意味が全然わからねぇよ!」という御人のために、これを映画に例えてみよう。
今でもシリーズが続く007。これ、一作一作はわりとユルいです。でも、これだけシリーズ続くとユルさも全部愛されるでしょ?
「スカイフォールが一番好き」とか言っちゃダメw
「探偵はBARにいる」も俺好きなんだけど、同じ感覚を持ってますね。

本作の完成度はもう、隙だらけですよ。
前作でも今後の課題と思われた冗長なところはやっぱりそのままなんだよね。前作よりはちょっと気にして作った形跡はあれど。
という事はもう、これは確信犯で作っているに違いない!いや、やっぱりわからない!w
本気のツッコミを入れるだけ野暮。だけれども、これにツッコミを入れないのは不可能でしょw
前作こそ、そこまでで終わっていたところ、今回はローカル協力プレイという大きな要素を引っさげて帰ってきた。
これで、プレイ中の「だりぃ~、またこの展開かよ」、「この主人公達の移動している謎ルートはなんなんだ?」、「時間の経過がおかしくない?」、という、おそらくプレイした人達全員が発している応援エール(?)がお部屋での盛り上がりに直結するわけですね。
ゲームにツッコミを入れたものって意外と忘れないと思うんですよ。特にこういう天然剥き出しのものは。

さて、抽象的な評価ばかりになってしまいましたが、ゲームプレイはちゃんと見どころあります。
特に前作にはなかった、2人乗りでコクピット視点になる巨大なタンクやロボットは爽快。2人で操作を分担しているので、いい感じにガチャガチャする。これは楽しかった。
あとは・・う~ん、前作と概ね変わらないですねw
体力が自動回復になったのは、やはり協力プレイを意識したものと思われる。それこそレゴシリーズのような敷居の低さを目指したかな。協力プレイだと敵から狙われるのが2つになるぶん体力回復はしやすい。


普段そんなにゲームをやらない人に「心に残る名作的一本を」と言われたら、これではないと思うけど、たくさんのタイトルをやっているゲーマーにこそこの味わいを感じてほしいな。
ネット上で多く発表されている年間ランキングで上位にくる事は難しいかもしれないが、下位になったものにもちゃんと価値はある。
このバランスだからこそ癒される。そういう気持ちにさせてくれるゲーム。
少なくとも自分はプレイして凄くよかったです。

「HALO REACH」 /XBOX360

719yMzesEdLSL1007_.jpg

「HALO REACH」 /XBOX360

(キャンペーンクリア:難易度ノーマル)

2017年は国産ゲームがおもしろすぎたとはいえ、やはり定期的にFPSをプレイしないと身体に悪い。

という事で今回数ある積みゲーの中から選んだのはこちら。
2010年末に買ったから約6年積んだよ!たしか、2010年のその頃はBFBC2に夢中だったから、せっかくHALO買っても手付かずだったんだよなー。
HALOはそのあとの「4」、「5」はちゃんとプレイしているから、このシリーズで唯一やっていなかったのはこの「HALO REACH」だけという事になる。

一作目から開発していたBUNGIEの最終作。その後の「DESTINY」シリーズは未プレイ。
新しい開発元から出た続編をやってもあまり違いを感じずにいたが、今やってみると、BUNGIEがいかに優秀な開発会社だったのかがわかる。
個人的には「1」のややシビアで、リトライの繰り返しで覚えて乗り越えていくゲームバランスが結構好きだった。
同じような感覚でも、BUNGIEの作るリトライ感は続編のものとは違うんですよ。
「初見殺し」ってネガティヴな意味で使われる事も多いけど、これは使い方のセンスだと思う。例えば「サイコブレイク」の一作目はヘタクソだと思った。やりゃあいいってもんじゃない。人によって受け取る度合いが違うからあれが楽しい人も居るかもですが。
BUNGIEの作るHALOは、根本にオールドゲームの存在を強く感じるところが自分が好きなのかな。これはCODシリーズのキャンペーンではあまり感じられない、なんとも説明の難しい感覚。まあ、CODだって楽しいですがね。

今作は、スパルタンの小隊プラス地球からの援軍舞台と共闘するシーンが大半なので、全体的に戦争感が強まってます。この臨場感、非常に良い!わりと味方も使えるし。
同じ小隊にはエミールというキャラが居て、ヘルメットの正面にドクロのプリントがしてあって凄いかっこいいんですよ。
俺にとってエミールは、ニーアシリーズの方じゃなくてHALO REACHの方ねw
気に入りすぎて、しばらく携帯の待ち受けにしてた。

ストーリーは「1」の前日譚という事もあり、のちのシリーズで語られる惑星リーチでの死闘を描いたもの。
でも、ここで悲劇が起こっていた事が容易に想像出来るものなので、このエンディングがハッピーエンドとは始める前から思えなかった。
で、予想どおり最後は壮絶に切ない終わり方なんだけど、これってのちの「ローグワン・スターウォーズストーリーズ」とまったく同じだよね?パクったのかな、スターウォーズ?w データの受け渡しとか、色々云々。
まあ、ローグワンも好きな自分としては、当然これの最後も良かったですよ。ホント、今までやったHALOのキャンペーンでダントツにおもしろかった。
俺のお気にい入りのキャラ、エミールも良かったよ。主人公はエンドロール後がメチャクチャやばかった。

ストーリー、ゲーム性、文句なしに良し。
なぜ今までこれをプレイしなかったのか?しかも6年前のソフトであるにも関わらず見た目はまったく古さを感じられない。
予想の何十倍も楽しめた。やはりHALOはいいよ。古いシリーズのリマスターコレクションも今からやろうかな。

ナルコス シーズン1~2 全20話

1176096_300.jpg

「ナルコス」 シーズン1~2 全20話 Netflixで鑑賞。

(いくつかのネタバレ含みます)

かつてのコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルの伝記的な物語。
舞台は70年代から始まる。
特にパブロ・エスコバルについて名前位しか知らなかったが、のちのメキシコの麻薬戦争は関連映画や本などで触れていたので、そのエグさ、残虐さはある程度理解していた。そして、それらは自分的には大好物の題材でもあった。
今回、ダースに「これ絶対観た方がいい!」と猛プッシュしてもらったので観てみたが、これは相当ヤバい内容ですよ!
今まで観た海外ドラマの中でも破格のヴァイオレンス性、そして全編に漂う濃厚なノワール感。これはあまりにも好きすぎる!

このドラマの成功している点はまず、パブロ・エスコバル役の俳優が堂に入りすぎていて、もはや本人も超えてしまっているところ。
無表情に見えて、ほんのちょっとした感情の機微を画として見せられるところに毎回ゾクゾクさせられます。
そんなパブロにも人間的な一面がある。自分の家族への愛は惜しみない。息子と遊んでいるテレビゲームがメガドラの「ベア・ナックル」だったのもよかったw まあ、自分の家族のために相当外道な虐殺もしてしまうわけだが。
特に良かったのは、シーズン2の最終話。死んだ従兄弟のグスタボが幻覚として現れ会話するシーン。これはパブロの人間性の最も弱い部分が出てきて泣けた。もうそのあとの展開が悲劇しかないのがわかるだけに。

主役のDEA捜査官のマーフィーと相方のペーニャもハードボイルドな感じで最高。
マーフィーの気だるい口調のナレーションも雰囲気がある。
毎回ドラマのイントロテーマが流れるところで実際の写真や映像が出るんだけど、それを観てもマーフィーとかは比較的イメージの近い人にしているんだよね。

さらに凄いのは、実在の事件と同じ服装でドラマが展開する事。
エスコバルを射殺するシーンも実在の写真が出てきて、まったく同じ服をみんな着ていた。この徹底したこだわり!

この麻薬戦争っていうのは、政府とパブロのカルテル、さらに途中でペペ・ロペスというもうひとつのカルテルの三つ巴による血みどろの戦いになっていくわけだけど、政府側もヤバい人材とか入れるんですわ。
アメリカから来たカリージョ大佐ってのが凄いマッドで、マフィアの下っ端を拉致したら、少年だろうと撃ち殺す。拷問するときは、上空に上がったヘリの中。口を割らないやつを次々落としていく。これを政府側がやってるんですよ?
狂気には狂気で対抗。やばいですね。

とにかく、全編に渡って不安を煽る演出を貫いている。ノワールものとしては、映画を含めても中々ここまでのものはないように思います。
大きく物語が変化するであろう、シーズン3をこれから観るのが楽しみだ。

DTchainsaw バイオグラフィー

DSC0181022222.jpg
(Photo by 烏賀陽 弘道)


DTchainsaw a.k.a.池田貴男 (過去の名義は、DT+Cuiなど)

1972年10月17日生

小学校5年生のとき、マイケル・ジャクソンの「Thriller」を聴き、音楽にハマり始める。
中学校~高校まではメタル、スラッシュメタル、ハードコア・パンクにハマり、コピーバンドでVoを始める。
同時に高校では合唱部でトップテナーを一人で担当。のちまで役立つ歌唱の呼吸法や発声を身につける。

18歳からメタル、パンク以外の様々な音楽を次々と吸収する。

19歳で初の本格的なバンドCui Bono?にVoで参加。初期はNUKEY PIKESのようなアメリカンハードコア、後期はSONIC YOUTHやVELVET CRUSHの要素もあるALTERNATIVE ROCKバンドとなる。
1992~1997年まで活動。自分の脱退を機に解散。
このバンドは2009年、自分以外の3人で再結成して、現在はDISASTERというスラッシュメタルバンドとして活動中。

20歳でPUBLIC ENEMYや、CYPRESS HILL、BEASTIE BOYSを入り口にヒップホップに傾倒する。
ブラック・ミュージックへの関心が年々強くなり、1994年に聴いたMICROPHONE PAGERで一気に日本語ラップへの関心が高まる。
クラブイベントにも行くようになり、自分でもやりたくなる。初めてラップを書いたのが1996年。

1997年。長年の親友でいて、周りで唯一のペイジャーの理解者だったRichを相方のMCとしてラップユニット結成。初めてのヒップホップのライヴもこの年。

1998年。ちゃんとヒップホップシーンに入って活動するべく、DJ、ビートメイカーを探す。
のちにエレクトロニカ・ユニット、Wild Jazzや、エンジニア業、Numbの助手的存在ともなる、Takuya Nakamuraと出会い、3人組のグループPsy-VOGUEを結成。

2003年。Takuya Nakamura脱退。
それとたまたまクロスフェイドするようにビート作りを始めていたDTがPsy-VOGUEの全プロデュースを手がけるようになる。
ヒップホップの可能性をイマジネーション続く限りに拡張した音楽性をひたすら追求。
現在も自分の音楽にある、ニュー/ノーウェイヴの要素をヒップホップに取り入れる事もこの頃からやっていた。

2011年末、相方Richとの音楽に対する情熱の差が出来てしまい、Psy-VOGUE解散。約13年の活動終了。

2012年3月。
自分の考えるヒップホップをバンドでやってみようと、周りの人間に声をかける。
TropeNの尾崎慶太(Gt)、緑のAの平沢勇次(Ds)、Cui Bono?時代からの縁でもある高橋直康(Ba)、クリッペンリポンの濁朗(Key)、若きビートメイカーのエウキット(のちのMasia)の6人でヒップホップバンド、VARRISPEEDSを結成。初ライヴは同年6月。
一年足らずでメンバーがVo、Gt、Ba、Dsの4人だけになり現在に至る。

2015年8月。
VARRISPEEDSとは別に、複雑なリズムに特化したヒップホップを実現させるため、ビートメイカーのMasiaに声をかけ、シーケンス&ラップのユニット、Synthezoeyを結成。

以降、現在までVARRISPEEDS、Synthezoeyの2つのリーダーバンド(ユニット)でラップを務めライヴ活動中。



Favorite Artists
Showbiz & AG、Del The Funkyhomosapien、Hierogryphics、Tame One、Clipse、Microphone Pager、RHYMESTER、Miles Davis、Eddie Palmieri、Fela Kuti、This Heat、Pigbag、Gavin Turek、Bob Marley & The Wailers、Led Zeppelin、10cc、EXODUS、Metal Church、THE COLLEOCTORS、中森明菜、etc.

Favorite Movies
「ポゼッション」、「ファントム・オブ・パラダイス」、「野獣死すべし」、「ヘザース」、「地獄の黙示録」、「鬼火」、「ミッドナイト・エクスプレス」、「人生は琴の弦のように」、「紅夢」、「ポリス・ストーリー」、「デッド・ゾーン」、「狂い咲きサンダーロード」、「ハードコア」、「の、ようなもの」、「シャイニング」、「悪の法則」、etc.

Favorite Games
R-TYPE、ザナック、ガーディック外伝、悪魔城ドラキュラ、沙羅曼蛇、グラディウスV、ダライアス外伝、グランディア、ゼロガンナー2、サンダーフォースV、ティンクルスター・スプライツ、ケツイ(DS版)、GTA V、ロリポップチェンソー、タイタンフォール2、Battlefield Bad Company2、バットマン・アーカムアサイラム、Pinball FX2、バイオショック、Beyond Two Souls、ペルソナ4、Portal2、シャドウ・オブ・モルドール、Halo Reach、Halo5、ホットライン・マイアミ、スプラトゥーン2、ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド、Owl Boy、etc.
Live Schedule
2/27(火)東高円寺 二万電圧
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

現在、某音大の理論中等科在学
同学校のビートメイキング課で講師補佐(ラップ担当)

SONY MUSIC ARTISTS内レーベルTABOO所属

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム