マジョ・マイ逆転の現実/ゲームは最高!

半年位前にNHKのニュースでやっていた統計調査。
20~35歳までの男女で恋人が居る人って、全体の3割り程度らしいですよ。
つまり、10人居たら7人はフリーなんですね。もはや、恋人居ない方がマジョリティになってしまっているという。
たしかに、自分の周りでも20代の友人とかはそんな感じの人多いし、それよりも上の年齢、自分位の人達でも、昔は恋人居ても今は居ないし、もう作ろうとしないって人は多い。
そのぶん、趣味に時間を使いたいっていう指向が大半らしく、今の時代、楽しい事が昔より増えているからなるほどとも思えるんだけど。
冷静に考えてみると、ネット上とかで「リア充爆発しろ!」的な(言葉自体はほぼ死語)言葉の共通意識で盛り上がっているのって、多数派の人間が少数派の人に大して言っている事になるわけでしょ。
今じゃ、ゲームだったりアニメだったりで、こういった言葉が使われている時代だけど、それは大多数の人達が認識しているからこそ商売になるわけで。
別に、恋人作る、作らないは、個人の判断だからそこはどちらでも良いと思うけど、居ない事からくるヒガミをエンタメ化しすぎているのって一番ダサい気がするのは俺だけですかね?
マイノリティぶって盛り上がっているマジョリティとそれを商売にしているサブカルチャーこそが嫌なのかな。
コアな場所で、一部の届くべき人達にだけ届くってくらいの感覚の方が自分的にしっくりくる。
これ、ちょっと歌詞にしてみようかな。

ちなみに、自分が思春期の頃って、バブルがはじける寸前位だった事もあって、今とまったく逆でした。
モテなかった学生時代は、周りで彼女出来たり、初体験したりする話が横行していて、早くそこから脱出しないと世間的にあまりにも惨めに感じたもの。自分はまだ男子校だったから、学校内では気の合う仲間(全員童貞)と楽しくやっていたから比較的平和だったものの。
童貞カルチャーみたいなのを自虐的にネタにするなんて自殺行為は誰も出来なかったな。あの同調圧力はなんだったのか?あれはあれで嫌だった。
が、今がそれに対して良い時代になったのかというと、そうも言えないのが難しいところ。
異性の事を理解するために玉砕したりするよりは、別の場所で平和を約束されすぎている。ヌルすぎても人間ってダメになると思うんですが。
「異性の事以外でも俺は趣味を常に全力でやってるんだよ!」って、言う人たくさん居ると思うけど、恋愛って人間が行う一番ハードコアなものだから。
俺も音楽やTVゲームが好きで情熱を持ってやっていると思うけど、恋愛の方がはるかにハードコアで奥が深いと思っているよ。
ハードコアであるがゆえに、一度本気になってみたらひどい目にあった!って脱落する人がいるのも昔からで。
人を選ぶって事で言えば、今少数派になってしまったのは必然と言えるのかな? 昔は逃げ道や他の選択肢がそんなになかったってだけで。



Synthezoeyの新曲もまた2つ書けて、アルバムに向けての曲は残すとこあと1曲。
VARRISPEEESも今後の新機軸となる新曲の雛形が2つ出来て、ひとつはバンドで合わせてみたところ、好感触。今年はさらにもうひとつ作って、3曲の新曲を作るのを目標にしている。年末にはデモ作りも予定。
そんな、個人的にかかげた制作ノルマラッシュだったものも、今年始まりからの頑張りがあってか、最近少し落ち着いた。
まあ、まだ来週末のSKRIPTがあるので、気は引き締めますが。
でも、追い込まれるほどの感覚からはちょっと脱したので、少し気を抜いているところ。
と、本業のリーダーユニット2つの事ばかりやっていたのですっかり忘れてしまっていた、ゲーム系のソロ曲「タイタンとの戦い2(仮)」の制作が完全に止まっていた事を思い出した。
元々片手間に作っていく予定の曲だったわけだけど、どこまで作っていたかな?と、久々に歌詞カードみたら曲の半分位は出来てたよ!本当に憶えてなかったな。でも、見たらだいぶ思い出してきた。
てなわけで、この隙にまた続きを作り始めた。
正式タイトルは、「BT & Me ~For TITANFALL2~」が良いかと思ってます。
最近は、少し余裕も出てきたのでちょくちょくゲームの方も再開中。積みゲーやっているだけですがね。
新作で一番やってみたいのは、「HORIZON ZERO DAWN」かな。スウィッチもほしいな。

心にゲームの潤いを!
と思って、去年から積んであった一本、「ウルフェンシュタイン・オールドブラッド」/XBOX ONEをやってます。
友人からのプッシュもあった本シリーズ、さすがおもしろいですね!「ニューオーダー」の方は、数年前PS4版やって、いまいちハマらなかったんだけど。改めて箱版買ったから「オールドブラッド」終わったらやってみるか。
正直、システム的な斬新は皆無ながら非常に良く出来たゲーム性と、鉄サビの匂いがするのにダークファンタジーチックという独特の世界観が気に入ってます。

今年、あと何本出来るかわからないけど、やはりゲームは最高!って事で。



本日のグッドミュージック

The Seshenの「Flames & Figures」2016年作品より。
アート化していくR&Bは大変おもしろい。特に女性もの。
こんなヴァリエーションもあります。このシーンおもしろくて目が離せない。



MVの感じだけだと、これと似ているね。これも潮流の一種なんだろうか。
Esparanza Spaldingの「Emily's D+Evolution」2016年作品より。
この曲はギターのかっこよさがハンパないな。ベースもだけど。歌だけとったらジョニ・ミッチェル風。



流れで思い出した。俺がDJやってたら次はこれに繋ぐかな。
PJ Harveyの「To Bring You My Love」1995年作品より。
このデヴィッド・リンチ感。ツイン・ピークス直後の影響力を感じるね。トリップホップも流行っていた時期でもある。
アルバムは、こういった曲以外は当時のUSジャンクがオルタナロック化していく時代性も反映したもので占められている。

「アロー/ARROW」シーズン3 全23話

arrow-program-top_0.jpg

「アロー/ARROW」シーズン3 全23話

おもしろい!おもしろすぎる!
相変わらずツッコミどころ満載ながらも、そこは生暖かく観るのが正しい。

シーズン1で普通の人だったようなキャラが、気がつけばほぼ全員アローチームとなっている。
少年ジャンプ・マナーをアメリカのエンターテインメントが豪華にやったと言っても良い本作。このシーズン3はその様相がかなり強い。最終的にみんな戦うっていうね。みんな戦闘能力を身につける。

スパイスとして一役買っているところがおもしろい、マルコム・マーリンとの不思議な関係性。
敵なのか?味方なのか?極悪人でありながらもときに協力しあう、しかし予断ならない緊張感のある間柄が続く。
最終話のマーリンの収まり方を見ると、やはり全てマーリンの手のひらにあったのかと思えるところもまた良し。

最近、アメコミ弱者に戻りつつある事を実感したのが、スーサイドスクワッドのカタナの設定。
名前がタツ・ヤナシロである事をチェックし忘れていて、最終話近くまで気が付かなかった。
シーズン2のときのデスストロークと同じ轍を踏んでしまった。
でも、カタナは今後も出てほしいな。息子を失った悲しい過去を持っているわりには見た目がふざけすぎているギャップとか凄くいい味だしていると思うんだよね。

シーズン2の時点で自分の中では特別な存在になった「アロー/ARROW」。
シーズン3はそれをさらに上回る最高の作品になっていた。
次はまたフラッシュに戻ってシーズン2いくかなー。スーパーガールも早く観たいんだが、う~ん。

最後に・・、
ナンダ・パルパットって名前いいよね。これずっと気になってた。
思わず言いたくなる名前、ナンダ・パルパット。

HOLIDAY@UNIT/オーニソロジー/WONK/パッセンジャーやばし

書きかけの記事を放置して忘れていたので、今公開。

3/29。
TABOOレーベル主催のイベント、「HOLIDAY Vol.1」@代官山UNITに遊びに行ってきました。
凄くピースフルな雰囲気で良かったですね。
最大許容人数が600人と言われているUNITがパンパンになってた。しかもド平日に。
個々のアーティストの人気もあるだろうけど、改めて菊地さんの力にも驚かされます。

色気のある歌声が素晴らしかったオーニソロジー。楽曲も良いですね。早くTABOOからの音源を聴いてみたい。
エレガントさがときにスリリングな展開を見せる完璧なステージングだったWONK。Voも好き。実は、WONK最大の魅力はこのVoだと思ってます。
菊地さんのライヴは、リラックスムードで始まりつつも途中からは、特有の一筋縄ではいかないリズムのアンサンブルに圧倒されました。あと、初めて観たJUMAのラップが巧かった。初めて観た吉田サラちゃんは可愛かった。

3マンでも、これだけの充実度。
良いイベントでした。
帰りには出口で、4/15の「SKRIPT」のフライヤーを配る。
2017年のブライテストホープは、この日出たオーニソロジー、WONKだけじゃなくて、Synthezoeyも居ますよ~って事で。
でも、ラジオを聴いて知ってくれたと思わしき方達何人かから声をかけてもらいました。
「私もオタクなんですよ~」って言ってくれた女の人がいたようが気がするんだけど、夜電波でそんな話されてたっけ?
まあ、ウェヴ上で、俺の存在を知ったらこの趣味嗜好全開の書き込み見て瞬時にオタクだと知られますがねw



「ナイス・ガイズ」
「お嬢さん」
「パッセンジャー」
「キング・コング 髑髏島の巨神」

3月に観た映画はこの4本。
その中でも出色だったのは、「パッセンジャー」。
じつはこれほぼ期待せずに行きました。なにせ、日本でもプロモの仕方がよくない。「SF版タイタニック」って・・、全然違うしミスリードもいいとこ。
これは途中、主人公がおかしてしまう人道外れた行動という大きな要素がドス黒くあるから、ちょっと考えてしまう内容なんですよ。
それでいて、全体的にはウェルメイドに出来ているから相当出来は良いと思う。

あと、個人的に好きな監督パク・チャヌクの新作「お嬢さん」。これもヤバかった。
金持ち達の秘密の会は、財閥の娘にエロ小説を朗読させて、それを聴いて興奮するっていうね。フェチズム極まれり。

「キングコング」は、あらゆる巨大生物の登場シーンにひたすら燃える映画。

「ナイス・ガイズ」は、ビースティーボーイズの「SABOTAGE」のMVみたいな格好したライアン・ゴズリングが愛らしい。

今月は、FPS好き必見の「ハードコア」と「レゴ・バットマン」に期待。



本日のグッドミュージック

ブログの更新頻度低いわりに、紹介したい音楽だけはたくさんあるという。

Gavin Turekのアルバム「Good Look For You」。2017年作品。
Mayey Hawthorneのディスコプロジェクト、TUXEDOでフックアップされた女性シンガー。
まず、容貌のタイムスリップ感からしてやばい。
楽曲は、徹底した80'sディスコで、曲自体のクオリティはアルバムとおして良い。



以前の記事で気になっていると書いたTHE INTERNETのSYDのソロプロジェクト。アルバム「Fin」2017年作品より。
この間やっと買って聴いたらメチャクチャやばかったので改めて。」



The Weekndの 「beauty behind the madness」2015年作品。
実は最近一番聴いているのはこれ。メチャクチャ大物ですけど。
こういう、R&Bのポップス的アプローチを高レベルでやっているアーティストって大好きなんですよ。それこそマイケル・ジャクソンから続くような。
今年出た新譜はもっと大仰になってしまったので、こちらのアルバムの方が好みかな。



国内勢も。
この間観たばかりのWONKも上げておこうかな。1stアルバム「Sphere」2016年作品。



急にハードなやつも。
Crystal Failyの1stアルバム。2017年作品。
なんと、バックにTHE MELVINSのメンバーが居るプロジェクト的バンド。さすがのバキバキぶり。
しかし、最大の特徴はこの女性Vo。歌を乗せ方のセンスが侮れない。ウェンディ・オー・ウィリアムズを彷彿させる、ダーティーでありながらの色気あり。ここ最近では大穴的によかったCD。

4月のライヴ予定

17176021_10208383237091361_1784055596_o.jpg

4月はこちらの2本です!

4/15(土)
VARRISPEEDS presents "SKRIPT Vol6"
@新宿 Merry-Go-Round
OPEN:18:00/START:18:30
CHARGE:\2000+1Drink
LIVE:
VARRISPEEDS/俺はこんなもんじゃない/GROUNDCOVER./Synthezoey
DJ:Masia


4/18(火)「Brains of the New Form」@秋葉原 Club GOODMAN
O/19:00 S/19:30
予\1,800 当\2,000
出演:ニュー グリフィンズ / Synthezoey / 底なしのバケツのようにざらざら / NA/DA


15日はSKRIPTです!!
是非遊びにきてください!本当に!絶対損させないヤバい空間を保証します!
自分はSynthezoeyとVARRISPEEDSの両方で出演。最初と最後に出ます。イベント最初から来てくださーい。

その三日後、18日はグッドマンでSynthezoeyライヴ。
シンセでグッドマン出るのは初めてな上にステージでやるのも実は初です。
自分はグッドマンはご存知のようにしょっちゅう出てますが。
こちらはSKRIPTの三日後という事もあって、ぶっちゃけ集客が不安ですw
でも、ライヴ後にゆったりお話出来るのはこちらなので、来てくれるお客さんと楽しいお話でもしたいですね。
よろしくです~

3/21 Club GOODMAN 終了

昨年の11月からこの3月までは、ギターの尾崎君がお休み期間。
その間に入ったVARRISPEEDSライヴは、即興中心のVo.Ba.Dsのトリオにゲストプレイヤーを入れてやっていく形で進行。
前回はSECRET COLORSなどで活躍中のイツロウ1×2_6君に鍵盤で参加してもらいました。
今回は、Rent:A*Car/ex.PANICSMILEの保田憲一さんをギターでフィーチャー。
実は、尾崎君以外のギタリストとやるのはかなり久しぶりだったので、同じギターでもバンド全体の音の印象はかなり違ってくるものなんだなと思いました。
保田さんのギターは、まず出音が凄く良いですね。そして、レンジの広い気の利いたプレイ。
演奏時間は予定よりちょっと短く切り上げて(即興の流れの都合上)、25分位。でも、保田さんのプレイがとても多彩で聴いていてもおもしろかったから、あと15~20分はやってみたかったなー。それはまたの機会にでも。

始まりは、ロウビートでアンビエントなGt、Baで厳かに。
ドラム主導でテンポを変えたら付随するフレーズを変えてグルーヴが変わっていく。
基本的にはオーソドックスなリズムでいきましたね。終盤はカオティックからの「Circle Is High」。

ラップの内容は、中々ひどかったかなw
思い出すだけでも、キン肉マンネタだったり、明日と明後日の自分の予定をしゃべったりと。
でも、フロウとライミングはキレが良かった自信があります!なので、音的には全然オッケー!(な、はず?)
個々半年位、わりとライヴにおけるフリースタイルが調子良いように思います。バリスピでもシンセでも。

このトリオ+ゲストプレイヤーは今後も続けていこう。
純編成で、持ち曲をやっているライヴでないとタカをくくって来ない人結構居ると思うんだけど、とんでもないですよ!
VARRISPEEDSのパラレルなアザーサイドって感じで、こちらも同等かつ別質の刺激があるので絶対チェックした方が良いと自信を持って言えます。
次はいつかわかりませんが^^;


次回のライブはVARRISPEEDSとSynthezoey同日で、4/15(土)「VARRPSEEDS presents "SKRIPT Vol.6"」です!
会場はいつもの新宿Merry-Go-Round。
今はとにかくこの日のプロモに全力を注いでいるところ。
マジで!マジで!!本当に来てください!!
絶対ヤバい日ですから。損させませんから。
よろしくお願いしますm(__)m

2017/3/21 SET LIST
① Improvisation
ライヴ・スケジュール

6/1(木) 新宿 MOTION
6/10(土)鶯谷 What's Up
プロフィール

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

ゲーム情報サイト、iNSIDEにて「ビデオゲーム・ライマーズ」を連載中

現在、某音大の理論中等科

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
ビデオゲーム・ライマーズ
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
再生履歴
週間ベストアーティスト
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム