【其の四】「モンスターハンター ワールド」/PLAYSTATION 4

91Bk7P0rI-LSX342_.jpg

「モンスターハンター ワールド」/PLAYSTATION 4

(プレイ時間:235時間 ハンターランク102)

ついにランク100超えましたよ。
100になったときに依頼される、古龍3体倒すクエストもクリア。
これで、最近のDLC含め全部のクエストをクリアした事になるかな。

武器は大剣と太刀を残して、他は全部使った。一応それぞれレア度最大武器を作成して、それに合わせたスキルの防具セットまで。

次は大剣やろうかと思って、いきなりナナ・テスカトリの宝玉が必要なやつめざしてたらこの宝玉がまあ出ない。
ナナ・テスカトリは最近慣れてきたので死ぬ率は低くなったが、同行者が死ぬ事も多いのでちょくちょくクエスト失敗もある。キリンほどじゃないながらもあまり戦いたくないモンスター。

ただ、さすがにちょっとこのゲーム飽きてきたかも。
そろそろ潮時なのかもなー。ここで宝玉とれちゃうとまたどうなるかわからないがw
これだけ長くやってるんだから、フレンド中でランク最高位を目指すのもまたありかも。たしかフレンド内で最高はランク135とかだったと思う。どーしよーかなーw

いや、でも本当に近年ではこれだけ長くハマったゲームもなかったように思う。
恋愛経験をこじらせると40代位で、恋愛に超ハマるなんて話も聞いた事あるけどあれに近いよなw
モンハン経験なしでいきなりこれやったおかげで、ハンティングアクションという自分の中の扉が大きく開いたのもよかった。
ゲーム繋がりの友人で、ゲームのブランクのあといきなり「GTA V」やって衝撃受けたっていうのにも近いんじゃないかな。「ゲーム、やべえぞ!」って今更ながら思った。
これを機に「ゴッドイーター3」も買うかどうかは別としてw

VARRISPEEDSライヴ動画 2018/6/11@新宿 MOTION

先日やった新宿MOTIONでのライヴ映像をほぼ全編アップ。
VARRISPEEDSのライヴ映像はなにげに2年ほどアップしていなかったので、長くライヴに来てない人には以前と違った印象を受けるかもしれない。
2年前とは方向性も変わっているので、ご無沙汰な人ほど必見ですよ~
前半がここ一年内に作った曲達。後半が古めな曲になってるかな。










6/11 MOTION  終了

イベント自体が凄く楽しかったですね~
友人のバンドが出ていた事もあるけど、初めて知り合った方々も含めて素晴らしいパフォーマンスに溢れた一夜でした。

そしてうちら。
ここ最近気づいたのは、持ち時間が30分だった場合、持ち曲は基本的に4曲しか選出出来ない事がわかった。
そこにインプロパートを2つほど挿入するともう時間いっぱいいっぱい。
今回は久しぶりに「Circle Is High」をやろうかという事になって、ここ2年ほどやっていた「SF Modern Snatchers」をセットからオミット。
現在の持ち曲はどれも気に入っているので、あまりオミットせずにやっていきたいのだが。
出来るだけ50分位の持ち時間のライヴを増やしていけるようにしていきたい。

個々の細かいミスはあれど、全体的に演奏は悪くない出来だったように思うが、自分のフリースタイルがいつもに輪をかけて酷い内容だったかなw 同年代の人達が多かったのでつい悪ノリしてしまったきらいがあるw
クイッククエンチネタどうでしたかね?

終わったあと、久ぶりに観てくれた小川直人さんや俺の友人から尾崎君のギターがコクトー・ツインズっぽいという感想をもらう。
予備知識なしで別々にその感想が出るのも凄いなとw たしかに彼がTropeNやっていたときから俺もコクトー・ツインズっぽいギターだと言った憶えがある。
まあ、「Circle Is High」はまだまだ反響を望める曲だったという事でw

今回、自分は新機材を導入。BOSSのVE-20というヴォーカルエフェクター。もはやこのてのものでは定番品。
この機材の細かい感想は別の機会にして、とりあえずライヴで使ってみた感じだと、以前のカオスパッドのように飛び道具的な効果というよりは曲のメリハリをつける役割としていい感じにしてくれるといったところかな。
ダブルのエフェクトがあるのはありがたい。今回は2曲フックに使ってみました。

2018/6/13 SET LIST
① Warming Up
② Watchers
③ They Want Glitch
④ Improvisation
⑤ Circle Is High
⑥ It's An Outsiderplay

ジャンプ的なパワーの揃え方

5月は中盤に扁桃腺の腫れから高熱が続いてしまい、俺史上最長の5日間も仕事を休むハメに。
薬を飲んでも熱が下がるのはその効果がある2~3時間で、再び39度くらいまであがる。マジでキツかった。夜中とか寝ているとき絶対に熱が上がるから、這いずるように起きたりして。全然身体が思い通りにならないとはいえ、ここにはとても書けないような情けない醜態を晒して、「ああ、介護されるってこんな感じなのか・・」とすら思った(苦笑)

おかげで、5月中に音楽学校のバンド用のリリックと、VARRISPEEDSとSynthezoeyの新曲を全部書き終えるつもりが、だいぶロスしてしまい、音楽学校のバンド用のリリックが終わって、VARRISPEEDSのがあと少しで終わるというところ。7月のSynthezoeyのイベントで出来たての新曲を披露できたらと思っていたが、ちょっと危ういか。リリック書きの調子自体は良い。




ドラマ、「ゲーム・オブ・スローンズ」を現在出ているシーズン7まで全部観終わる。
いや~、圧巻ですな。これ、周りで観ている人が一人も居ない状況は本当に寂しい。相当語れるよ、これ。語りたくなる内容なんですよ。
何人かに薦めると、みんな口を揃えて「だって、長いんでしょ」と言われてしまうけど、マジでこれ長さ感じないから!!
以前にもここに書いたように、長いドラマにありがちな露骨な延命措置を一切とっていない、全部に必然性がある物語が続くんだよ。しかもそれが右肩あがりにシーズン追うごとに盛り上がっていくんですよ。
全部観終わってまたシーズン1から見直すと、見え方が全然違くて最初観たときの何倍もおもしろくなってる。やばいな。この二周目観終わったら年末になってしまうんじゃないのかw



ゲームはまだモンハンを中心にやってます。
最低でもハンターランク100まではやろうと。現在94
今はハンマー使用中。楽しいけど、ハンマーは顔面を狙ってなんぼの武器なので、中々難しい。特に古龍系は。
先日配信された新モンスター、ナナ・テスカトリは、テオ・テスカトルのもっと強いヴァージョン。炎を撒き散らしすぎるのでかなり厄介だわ。
あとは、モンハンが終わったときに本格的に始める用として、PS4で「Dead By Dayllight」、XBOX ONEで「DARWIN PROJECT」を購入。「DARWIN~」の方はまだ手付かずだけど、「Dead~」は一応、毎日ちょっとずつやってます。そしてこれ、相当おもしろいです!
フレンドとVCしながらプレイしたら壮絶に盛り上がると思うんだけど、やっている人誰も居ないんだよね。みんな一緒にやろうよこれ。



アベンジャーズも先日ようやく鑑賞。
これ、ドクターストレンジとかヴィジョンとか、強すぎるキャラとブラックウィドウみたいな普通の姉ちゃんとの戦力差をどうするのかと思ったら、強いやつらの力を弱めて揃えるという少年ジャンプ方式できた。わかりやすく言うと、ウォーズマンやバッファローマンが味方になったときと一緒。でも、味方になったときの蝙翔鬼はかっこよかったよな。
ドクターストレンジって、あのミラー次元っていうが実は一番の映画の魅力だったと思ったのに切除されてしまったので、今作では単なるかめはめ波を撃つ人になってしまった。サノスよりもドクターストレンジの映画の最後の敵の方が強いんじゃない?という野暮な疑問はダメですかねw
ヴィジョンに関しては、「こんなに弱くしなくても」と思うほど、なにも出来ないキャラになってた。
でも、映画自体はすごくよかったですよー!さすがルッソ兄弟というか。アベンジャーズ名義の三作の中では一番だと思う。
ただ、これ前後編として元々考えて作られていた事を忘れていたのでエンディングは衝撃受けてしまいましたw
「ホビット」の中編以来の衝撃ですね。「来週続きやるんじゃないんだから!」とツッコミをいれたくなるような。

今まで若干怖くて避けていた、ウェス・アンダーソンの作品が実はわりと好みである事がわかった。
「犬ケ島」が思いの他よかったので、過去作の「ムーンライズ・キングダム」を観たらツボすぎた。ギリでしゃらくささの一歩手前あたりなんだけど、それ以上に監督の思い込みによる憧れの世界の構築という点に凄くロマンティシズムを感じる。
「犬ケ島」に関しては、バンドデシネのような感触もあってよかった。これからも色々観ていこう。



本日のグッドミュージック

PRONGの2018年ニューアルバム「Zero Days」より。
80年代からコンスタントに作品を出し続けている驚異的なバンド。自分はハードコア時代の1stミニアルバムから聴いてます。
ターニングポイントである、「Beg To Differ」以降のグルーヴィーなサウンドは曲によって個人的にハマらないものも当時はあったが、今、過去の作品を並列に並べて聴くとどれも挑戦的でおもしろいと思った。
今作も良いです。

Synthezoey presents "METABLAKK Vol.4"

003metablackkvol4-2.jpg


7/14(sat)「Synthezoey presents "METABLAKK Vol.4"」@鶯谷 What's Up

OPEN 18::30 / START 19:00

LIVE:
Synthezoey
CANDLE
ARI1010
Rubi Lopossa
DARTH REIDER

DJ:Masia


前回からちょっと間が空いてしまいましたがやります!
Synthezoeyが主催する最高にイルなヒップホップパーティー。
今回はこんな面子。
内容、保証付きなので是非遊びに来ていただきたいです!
Live Schedule
7/14(sat)鶯谷 What's Up
8/22(wed)秋葉原 Club GOODMAN
Profile

DTChainsawのプロフィール

Author:DTChainsaw
ヒップホップバンド、VARRISPEEDSのラップ、Voを担当。
ポリリズムヒップホップユニット、Synthezoeyのラップも担当。

2011年まではPsy-VOGUEというユニットに所属。

現在、某音大の理論中等科在学
同学校のビートメイキング課でラップ担当

SONY MUSIC ARTISTS内レーベルTABOO所属

秋葉原近辺で生まれ育つ。
ゲームと音楽をこよなく愛す。

※ライヴのブッキング、常にお待ちしております。
↓のメールフォームよりメッセージをください。

plugin by F.B

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
COUNTER
リンク(音楽関係)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
 
Video 006
「ダブルドラゴン・クルーのうた」
DTchainsaw feat. DARTHREIDER
Sound 002
「Malformed Funk」
Synthezoey
発売中
a0173182875_10006.jpg Masiaのアルバム「Old Paint Box」に1曲ラップで参加。 Bandcampにて発売中
Video 005
「タイタンとの戦い(For Titanfall)」
/DTchainsaw
Sound 001
ダースレイダーのミックステープに参加
キン肉マンについてラップしてます
13:25秒あたりから
Video 04
In York We Trust
/VARRISPEEDS
Video 03
Bye Records(DTchainsaw Remix)/VARRISPEEDS
Video 02
「ベトナムでもキルでいこう!!」
/Psy-VOGUE
Video 01
「キルでいこう!! For BFBC2」
/Psy-VOGUE
facebook
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム